「ビトレイヤー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

大物犯罪者スターンウッドを取り逃がして3年が経つマックス刑事は、空港で倒れた男がパスポートを偽造していたことからスターンウッドの息子(ルアン)だと知る。 ルアンを公立病院に移し、スターンウッドがやってくるのを待つマックスだったが・・・。

あらすじ動画

ビトレイヤーの主な出演者

・マックス・ルインスキー:ジェームズ・マカヴォイ ・ジェイコブ・スターンウッド:マーク・ストロング ・サラ・ホークス:アンドレア・ライズブロー ・ロイ・エドワーズ:ピーター・ミュラン ・ディーン・ウォーンズ:ジョニー・ハリス ・トム(トーマス)・ガイガー:デヴィッド・モリッシー ・ネイサン・バートニック:ダニエル・メイズ ・ジェーン・バダム:ナターシャ・リトル ・ルアン・スターンウッド:エリス・ガベル ・アイリス・ウォーンズ:ルース・シーン ・ジュカ・オガドワ:ダニエル・カルーヤ ・ジョセフ・オジョゴ:セウン・ショート ・ハーベイ・クラウン:ジェイソン・フレミング ・カレン・エドワーズ:ダニエル・ブレント ・ヘンリー・キャラハン:デヴィッド・マイケルズ ・ルーク:ジェイソン・メイザ

ビトレイヤーのネタバレあらすじ

【起】– ビトレイヤーのあらすじ1

ビトレイヤーのシーン1

画像引用元:YouTube / ビトレイヤートレーラー映像

マックス・ルインスキー刑事はバイクで逃走する犯罪者スターンウッドたちを車で追っていた。

指令本部からはスターンウッドは危険だから応援が来るのを待てと指示されるが、彼はそれを無視し追い詰めた。

しかしマックスは銃を所持しておらす、揉み合いの末スターンウッドから銃で右足を撃たれてしまう。

マックスから素顔を見られたスターンウッドだったが、なぜかとどめを刺すことなくその場から逃走した。

それから3年が過ぎた。

ロンドン発、レイキャビク行の飛行機が離陸のため滑走路に入ろうとする直前、客席に座っていたスターンウッドの息子・ルアンが搭乗員たちを押しのけてドアを開き離れていくタラップに飛び移った。

ルアンは父親に「ヘマをした。やっぱり自分にはムリだ」と電話を入れるがスターンウッドは意味がわからない。

腹を撃たれていたルアンはその場に崩れ落ちてしまう。

マックスは3年前に撃たれた右足の傷が完治しないまま現場に復帰していた。

ロンドンでは銃犯罪が多発しており、その日マックスはサラ・ホークス刑事と一緒に護送車で被害者ブレイクの殺人容疑者ディーン・ウォーンズを護送した。

目撃者もいて車のナンバーも一致していたことから、二人はウォーンズを犯人に間違いないと確信していたが、マックスの上司であり警視長のトム・ガイガーとマックスと気の合わないネイサン・バーとニック刑事は目撃者が証言を撤回したとしてウォーンズを釈放した。

サラはその決定に憤慨したがマックスがなだめた。

警察内で異様な雰囲気を感じ取り、マックスは内線電話で後輩のジュカ・オガドワに何があったか尋ねた。

ジュカが言うには、モーガンと言う男が空港の滑走路で倒れたのだが、パスポートは偽造で指紋を調べるとスターンウッドの息子・ルアンだということが判明したのだという。

それを聞いたマックスは受話器を置いたが、眼光が鋭くなり息遣いも荒くなった。

ルアンはブレイクと同じ銃で撃たれる前に、アイスランドに電話をいれていることが分かっていた。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ビトレイヤー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×