「ビューティフルカップル復讐の心理」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ビューティフル・カップル 復讐の心理の紹介:2018年製作のドイツ映画。目の前で愛する人が穢され、犯人がその後も平穏な暮らしを送っているところを目撃した男の運命を映し出すサスペンス。マルテとリヴはバカンスに訪れた海辺のコテージで、無軌道な若者たちに襲われる。2年後、2人は強い絆で事件を乗り越えようとしていたが……。出演は「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」のマクシミリアン・ブルックナー、「ぼくらの家路」のルイーゼ・ハイヤー。監督・脚本は『熟れた快楽』のスヴェン・タディッケン。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。

あらすじ動画

ビューティフルカップル復讐の心理の主な出演者

マルテ(マクシミリアン・ブルックナー)、リヴ(ルイーゼ・ハイヤー)、サシャ(レオナルド・クンツ)、ジェニー(ヤスナ・フリッツィー・バウアー)、ヘニング(フロリアン・バルトロマイ)

ビューティフルカップル復讐の心理のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①マルテとリヴは仲良しの夫婦だが、旅先でリヴが少年・サシャにレイプされた。2人の心の傷は深く、セラピーを2年受けてようやく立ち直りかけた。その矢先、マルテはサシャを街で偶然見かける。サシャは恋人・ジェニーと幸福そうにしていた。 ②サシャの居場所を突き止めたマルテは復讐したいが、リヴは忘れたい。恋人に罪を明かされたサシャはリヴに会って文句をつける。リヴはサシャを刺したが病院へ連れて行った。

【起】– ビューティフルカップル復讐の心理のあらすじ1

ビューティフルカップル復讐の心理のシーン1

画像引用元:YouTube / ビューティフルカップル復讐の心理トレーラー映像

スペイン・マジョルカ島(マヨルカ島)。

夫・マルテと妻・リヴは、とても仲の良い夫婦です。

マルテとリヴはスペインのマジョルカ島へ、バカンスにやってきました。

見知らぬ土地で羽目を外した2人は、誰もいない夕方の入り江で、裸で身体を重ねます。

誰かに見られるかもしれないと言い合っていると、ひとの気配がしました。

入り江にせり出した崖のところで、少年3人がいました。

マルテとリヴは急いで服を着ると、街へ戻ります。

レストランで夕食をとったあと、2人は宿泊先のコテージへ戻りました。

すると少年3人が、コテージへ押し入ってきました。この3人は先ほどの入り江にいた少年たちです。

危険を感じたマルテは、金目の物を渡すと、出ていけとスペイン語で言います。

すると少年たちは、「ドイツ語で話せ」と言いました。

マルテとリヴはドイツから旅行へ来ていたのですが、少年たちも観光客のようです。

カメラや現金を受け取った少年たちのひとり、サシャは「先ほどの続きをしろ」と夫婦に言います。

少年たちが浜辺で見ていたのだと、マルテたちは気づきました。

サシャがナイフでマルテの腕を切りつけ、けしかけます。

マルテとリヴは裸になって抱き合いますが、そんな気にはなれません。

マルテを他の少年2人のほうへ押しやると、サシャはリヴをレイプしました。

少年2人はマルテを、電気コードで後ろ手にしばります。

少年たちはすぐに立ち去り、夫婦が取り残されました…。

ドイツ。

…2年の月日が経過しました。

マルテとリヴは、高校の先生をしています。

レイプの後、リヴは2年間セラピーに通いました。ようやく心の傷が癒えたとセラピストに太鼓判を押されたリヴは、喜びます。

マルテとリヴは同じ学校で勤務しており、仲良しのままです。

しかしマルテもリヴも、レイプ事件を忘れることがなかなかできませんでした。

夜、布団で愛し合おうにも、どうしてもぎこちないものになってしまいます。

それでもセラピストに保証してもらい、リヴもマルテも気持ちに折り合いをつけて、前に進んでいました。

ある日、マルテが仲間と行なったミニライブを、リヴが見に行きます。

ライブのあと、マルテはケバブの店に肉を買いに行きました。

その店でマルテは、リヴをレイプした少年・サシャを見かけます。

サシャは何食わぬ顔で、恋人・ジェニーと一緒にケバブ店に来ていました。

マルテは衝動的にサシャを追いかけ、尾行します。

サシャとジェニーは電車に乗り込みました。マルテは乗り遅れてしまったので、駅までしか補足できませんでした。

あとでマルテはバンドの仲間に、妻をレイプした男を見たと告げます。

仲間たちは「やっつけるか」と言ってくれました。

その夜、マルテはリヴと愛し合います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ビューティフルカップル復讐の心理」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×