映画:ビースト(2021年・韓国)

「ビースト(2021年・韓国)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ビーストの紹介:2021年10月15日公開の韓国映画。『ベストセラー』『さまよう刃』のイ・ジョンホが監督を務め、傑作フレンチ・ノワールの『あるいは裏切りという名の犬』をリメイクしたクライム・サスペンス。主演は『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』で数々の賞を受賞したイ・ソンミン。また、「梨泰院クラス」のユ・ジェミョン、『名もなき野良犬の輪舞』のチョン・ヘジン、「明日に向かってハイキック」のチェ・ダニエルらが脇を固める。

ビースト(2021年・韓国)の主な出演者

チョン・ハンス(イ・ソンミン)、ハン・ミンテ(ユ・ジェミョン)、イム・チュンベ(チョン・ヘジン)、ジョンチャン(チェ・ダニエル)

ビースト(2021年・韓国)のネタバレあらすじ

【起】– ビースト(2021年・韓国)のあらすじ1

ビースト(2021年・韓国)のシーン1

画像引用元:YouTube / ビースト(2021年・韓国)トレーラー映像

〝登場する人物・地名・団体等は

実際のものと関係ありません〟

大韓民国。2018年11月。

チョン・ハンスは中年男性の刑事です。殺人課の捜査1班の班長です。ハンスは拘束したナムチョルというチンピラの男を車の後ろに乗せて、森の奥に連れて行こうとしていました。途中で車は何かと接触しました。降りて確認すると、それは野生のシカでした。ハンスはシカの死骸を森の茂みに放ります。

ナムチョルはハンスの情報屋の女性・マダムに暴力を振るい、脅していました。マダムから訴えられたハンスは、ナムチョルを半殺しの目に遭わせて森の奥に放置します。そしてマダムのところへ戻ると、「奴は二度と現れない」と言うとナムチョルから巻き上げた金を慰謝料だと渡しました。

韓国の仁川(インチョン)では、17歳の女子高校生ユ・ミジンが失踪して2週間近くが経過していました。警察は全くの手がかりが得られず、市民は厳しい目を向けています。

そんなとき人間の左手が入ったビニール袋を釣り人が見つけ、通報しました。見つかった付近を警察は捜査しており、ハンスと相棒の若い刑事・ジョンチャンは現場へ行きます。ほかに手がかりがないからか、現場には大勢の警察官が集まっていました。

現場にはハンスたち捜査1班と張り合う捜査2班も来ています。捜査2班の班長はハン・ミンテで、ミンテはハンスとかつて相棒を組んだ間柄でしたが、今は反発し合っていました。麻薬課から異動になった若い女性ヨ・ミヨンは2班の刑事です。

「ありました」という声が響くと、そこにいた多くの警察官がいっせいに声の方へ移動しました。ミジンの遺体が発見されます。遺体はバラバラにされ、捨てられていました。

ミジンの失踪事件は、殺人事件に切り替わります。

女性検死医のユンはハンスの妻ですが、別居状態が続いていました。ユンは、遺体の女子高校生は性的暴行の跡がないと報告します。遺体は拉致・殺害された後に薬物を注射され、メスを使って手際よく解体されていました。ミジンが行方不明になった場所は郊外なので監視カメラに映っておらず、情報がありません。検死からも犯人に繋がる証拠がなく、ハンスは「これが初犯とは思えない」と、連続殺人鬼である可能性を発言します。

ハンスと2班のミンテの殺人課の上司・ソン課長は、近々決まる出世のことで頭がいっぱいでした。課長が出世すると空く殺人課の課長の席は、ハンスとミンテが争います。

ハンスはジョンチャンと一緒に、女子高生・ミジンが最後に目撃された町はずれの教会へ行きます。するとチェ・ピルギョという助祭がハンスの顔を見て、逃げ出しました。怪しいと思ったハンスが取り押さえて調べると、ピルギョには前科はないものの医大生時代に女性に暴行した過去がありました。さらに部屋からミジンの下着が見つかって、ピルギョは怯えて殺人を自白しました。

しかし納得いかないミンテは「ミジンを殺したとは言っていない」とし、冤罪だと判断してハンスに断りなく容疑者のピルギョを釈放しました。ピルギョは、警察の外で待っていた被害者・ミジンの父親に刺されます。ピルギョは命に別状はないものの、刺されてケガを負いました。

その後の詳細な捜査により、ピルギョは冤罪だと判明します。ミジンは聖歌隊の一員で、助祭のピルギョを誘惑するために自分から下着を送りつけていたと、ミジン宅に宅配便の控えがあったことで証明されます。前の暴行事件のときの被害者女性が精神科の治療中に投身自殺をし、被害者の母親も首を吊ったと聞いたピルギョは、それに対して「私が殺しました(私が殺したようなものです)」と発言していたのです。ピルギョは事件とは無関係で、捜査は振り出しに戻ります。

ミンテはハンスの行動を拙速だと言い、ハンスもミンテが独断で釈放したことを責めます。この件でますますハンスとミンテの溝が深まります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ビースト(2021年・韓国)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×