映画:ファントム開戦前夜

「ファントム開戦前夜」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファントム/開戦前夜の紹介:2013年公開のアメリカ映画。冷戦時、消息を絶った核弾頭搭載潜水艦をめぐり、アメリカとソ連が諜報戦を繰り広げた史実を題材に描いている。世界を破滅に導く最終兵器ファントムが登場し、エド・ハリス、ウィリアム・フィクナー、デイヴィッド・ドゥカヴニーら豪華キャストで贈る作品。

あらすじ動画

ファントム開戦前夜の主な出演者

デミトリー・ズボフ(エド・ハリス)、ブルニー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)、アレックス・コズロフ(ウィリアム・フィクナー)、マルコフ(ランス・ヘンリクセン)、パヴロフ(ジョナサン・シェック)、セマク軍医(ジェイソン・ベギー)、ソフィ(ダグマーラ・ドミンスク)、ティルトフ(ショーン・パトリック・フラナリー)、サーシャ(ジェイソン・グレイ=スタンフォード)

ファントム開戦前夜のネタバレあらすじ

【起】– ファントム開戦前夜のあらすじ1

キューバ危機では米ソの核戦争は回避されましたが、68年5月にソ連の各搭載潜水艦が消えた時、世界は核戦争突入の危機に陥ります。K・シーウェル戦史家。

ルイバチー原潜基地、ソビエト連邦。熟練の艦長、デミトリー・ズボフが航海から帰ってきます。退役扱いとなる彼でしたが、最後の航海を頼まれます。

指揮するのは、潜水艦K-129です。艦はこの航海が終われば、中国海軍で第二の人生を予定しています。冷酷な海軍は、金にすることを考えたのです。

3ヶ月の休暇を言い渡され、デミトリーの部下たちは酒で乾杯しています。しかし、今回の航海で3週間の休暇となってしまいます。結婚式を挙げる者、家族に別れを告げる者がいます。

K-129の航海では、考古学者が必要です。旧型・ノベンバー型は貴重な経験となることから、バベノットは今回の航海を志願しました。

KGB急進派のブルニーは、特殊開発部の技術者と乗船することになります。彼は再会できたと述べてきて、何のことかとデミトリーは不思議に思います。

全員持ち場につき、武器は定位置、ミサイルの安全確認を行って、最後の航海に向かいます。深度50メートルで渡航します。

デミトリーが一室を調べに行くと、犬が飛び出てくる幻覚に襲われて驚きます。ブルニーから、この場所は許可なく入れないと注意されます。この場所から発せられる装置の音で、ソナーに探知される恐れがあり、デミトリーは困ると伝えます。

副長のアレックスは、艦長に書類について話し合います。バベノット以外、補充兵の個人情報がまったくないのです。書類の辻褄合わせに殺されることもあると、乗組員には伏せておきます。

副長は、技術者は「オズナ」の者かもしれないと考えます。KGB急進派で忠誠心が強く、暗殺のプロと言われている連中です。

デミトリーは、部下を関わらせたくないことから、万が一の備えて訓練をすることを提案します。するとソナーに反応があり、このままではアメリカ軍に知られてしまうかもしれません。

音響弾を発射し、ソナーで探知不能にします。これで大丈夫かと思いますが、変温層での乱反射音で、まぐれで探知可能になるかもしれません。ここからは騙し合いの勝負です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

この映画の見所は潜水艦内部、密室での緊迫した戦いです。核戦争を起こそうとするKGB急進派、阻止するために立ち上がるデミトリーたち乗組員との激闘に心拍数が上がることは間違いありません。
また、激闘に拍車をかけている要因として、外部からの攻撃があります。魚雷が当たるかどうかの戦闘プラス、内部での戦いと面白く仕上がっています。
内部は銃撃戦、心理戦がメインです。外部での戦闘は、魚雷や音響弾など、騙し合いがあったりとシミュレーションゲームが好きな人にはたまらないです。
この作品は豪華俳優陣で構成されているため、彼らの演技は真骨頂となっています。男たちの生き様を演じる彼らの姿に文句なしの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ファントム開戦前夜」の商品はこちら

IMAGE

ファントム -開戦前夜ーBlu-ray

Blu-ray > 外国のアクション映画
KADOKAWA / 角川書店
エド・ハリス(出演),デイビッド・ドゥカブニー(出演),ウィリアム・フィクトナー(出演),ランス・ヘンリク…

¥2,549
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20