映画:ファントム開戦前夜

「ファントム開戦前夜」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– ファントム開戦前夜のあらすじ3

デミトリーたちは一室に閉じ込められます。敵を倒すためには、予期せぬ戦法を用いて、戦わなければなりません。デミトリーは過去の事故について話し始めます。

ニコライや党は、デミトリーに大いに期待をしました。期待に応えなければと必死な状態で、マルコフと攻撃の準備をしていました。

マルコフの後ろに、デミトリーの艦がついていました。突然後退してきて、デミトリーは衝突で脳を損傷します。

気づけば艦は火事となっていて、乗員が消火活動を行っていました。脱出を拒否した乗組員を仕方なく発射室に閉じ込めます。

結局彼らは開いて海水を入れ、焼死より溺死を選びます。指揮官はニコライが恥をかくのを恐れます。マルコフとデミトリーは、家族に会うことなく、遠い極東の基地に異動することになります。

マルコフが極秘の装置を委ねはしないと、デミトリーは考えます。監禁した理由は、国外へ逃亡か核戦争を起こすかのどちらかです。

逃亡を考えるとは到底思えません。中国に艦を売ると言っていたことから、中国の仕業だとアメリカに思わせるつもりなのです。アメリカと中国が核戦争を起こす結果を目論んでいるのです。

副長に電話をして、核弾頭を無力化するように指示します。そうしておけば発射しても、おそらく爆発は起きません。

武器を手に入れ、艦を取り戻すことを優先事項とします。副長たちはバベノットと共に武器を手に入れに行きます。

デミトリーたちは、発信器を準備して海底に投げ入れます。見つかればアメリカに撃沈されるかもしれません。艦に何回かぶつかって、ブルニーたちが感づきます。

何の音だと追求されますが、デミトリーは知らぬふりを決め込みます。逆に不法に占拠したことを追求します。すると発信器により、艦艇が近づいてきます。

近づいてきたのは、K-123潜水艦の英雄こと艦長グービンです。ブルニーは、上がアメリカの先制攻撃を恐れていると話します。

このままでは撃沈されるかもしれないため、仕方なくデミトリーに艦を任せます。デミトリーはデコイを装填して発射します。

その頃、核弾頭を無効化するために、ティルトフともう一人の乗組員が潜入していました。ティルトフは閉所恐怖症のため、もう一人の乗組員が狭い通路を通って向かうことにします。

核弾頭のロックの解除を説明し、レンチの重みで海に落下する仕組みです。しかし、ブルニーたちが気づいて、ティルトフは首を裂かれて殺されます。乗組員は隠れて助かります。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ファントム開戦前夜」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×