映画:ファントム開戦前夜

「ファントム開戦前夜」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– ファントム開戦前夜のあらすじ4

上が恐れている先制攻撃とは、「ダーク・スター」と呼ばれるアメリカの弾道弾迎撃システムです。アメリカに先制されれば、地上のミサイルは全滅します。電磁パルス兵器であり、電離層で迎撃するシステムです。

アメリカは平和を守る国であり、共感や人間性が豊かなことから、先制攻撃はしないはずです。

k-129に魚雷が飛んできますが、回避することに成功します。デミトリーは、魚雷を手動爆破に切り替えて、潜航不能にさえすれば良いと考えます。

その頃、副長たちは狭い道を通りながら、技術者たちの真下に到達します。武器を奪い、技術者たちとの銃撃戦が展開されます。勝利し、ブルニーたちのいる場所へ近づいていきます。

牽制逆転となり、デミトリーたちは艦を取り戻せると思います。しかし、バベノットがまさかのスパイで失敗に終わります。

デミトリーや副長たちの核弾頭発射キーが奪われ、ブルニーは発射準備に取り掛かります。発射コード、477536を入力しますが、変えられていて不発に終わります。

パブロフ、軍医、デミトリー、副長を一室に連れていきます。パブロフと軍医が射殺され、もう一つの発射コードを教えろとブルニーは脅してきます。

デミトリーたちは反撃に出て、激しい銃撃戦になります。ブルニーは気絶して、艦を取り戻します。

そして全開で渡航し、発射口も封鎖、デコイを発射します。急速に潜りますが、魚雷が来て当たってしまいます。

捕まったブルニーは、実は事故の時、デミトリーの部下だったことを明かします。皆を閉じ込める指示をされた人物だったのです。

デミトリーが復讐かと問いかけると、ブルニーは偶然だと言います。副長から、浮上装置の圧力が足らないと絶望的な知らせが届きます。

艦の中ではガスが蔓延し、乗組員たちが死んでいきます。電池室には海水が入り、デミトリーは副長に脱出服を着るように指示します。

一緒に残り、皆と死を選ぶと副長は言います。救助隊を呼べるのは君だけだと、デミトリーの最後の願いが届けられます。また、娘に渡す手紙も彼に託します。

潜水艦内部、誰かが外から叩いてくる音が聞こえます。誰かが見つけてくれて、引き揚げてくれてるのだと乗組員は安心します。

外では副長や、デミトリーの家族が来ていました。艦内に残ったデミトリーたちは、引き揚げられた潜水艦の上に立っています。

彼らは死んでしまったのです。デミトリーは愛する家族が、泣いている様子を見ます。

冷戦時に、ソ連の各搭載潜水艦が南太平洋で行方不明になりました。後に引き上げられた時、艦の行動目的は米ロシアの政府間で極秘にされました。ミサイルは不発のまま、海底でアメリカが回収したとの話しです。

「ファントム開戦前夜」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

ファントム開戦前夜はVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

ファントム開戦前夜のネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ファントム開戦前夜」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×