映画:フライトプラン

「フライトプラン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

サスペンス映画

フライトプランの紹介:2005年制作のアメリカ映画。高度1万フィートを飛行中の旅客機から消えた少女をめぐり、その真相を探る母親の奮闘を描いたサスペンス映画で、ジョディ・フォスターが3年ぶりに主演を務めた。

あらすじ動画

フライトプランの主な出演者

カイル・プラット(ジョディ・フォスター)、ジーン・カーソン(ピーター・サースガード)、マーカス・リッチ機長(ショーン・ビーン)、フィオナ(エリカ・クリステンセン)、ステファニー(ケイト・ビーハン)、オバイド(マイケル・アービー)、ジュリア・プラット(マーリーン・ローストン)

フライトプランのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①夫・デヴィッドを亡くした女性航空機設計士・カイルは、父の元へ身を寄せるためベルリンからニューヨーク行きの飛行機に、娘・ジュリアと共に乗り込む。機内で忽然とジュリアの姿が消えた。夫と娘を亡くした乱心だと思われながらも、カイルは自分が設計した飛行機を捜索する。 ②真犯人は航空保安官・カーソンとCA・ステファニーの共犯で金の脅迫が目的。夫・デヴィッドも爆薬を持ち込むために殺されていた。真相を突き止めたカイルは娘を奪還し、カーソンを爆死させる。

【起】– フライトプランのあらすじ1

ドイツ・ベルリン。

カイル・プラットは女性の航空機設計士です。最先端の旅客ジャンボジェット機E-474を作るため、夫・デヴィッドと6歳の娘・ジュリアを連れて、アメリカからベルリンへ出向していました。

ジェット機は完成しフライトにもこぎつけましたが、デヴィッドは住んでいたアパートの屋上から転落し、数日前に頭蓋骨骨折で死亡します。自殺か事故か分かりません。

自殺である可能性もあり、カイルは傷心に暮れていました。自分が夫・デヴィッドを死に追いやったのではないかと思い詰め、精神科から精神安定剤を処方されます。

カイルは仕事を辞め、夫・デヴィッドの遺体を同行して、父のいるアメリカ・ニューヨークへ行こうと思いました。

棺は暗証番号で開くものです。施錠しないと国際法で持ち込み禁止扱いになります。

カイルは遺体安置所で、棺に暗証番号を入力しました。棺は航空機の貨物室に運び込まれます。

娘のジュリアはもともと内向的でしたが、父・デヴィッドの死後、特に敏感になっていました。

空港へ向かうタクシーとアパートの間の、わずかの距離ですら、怖いと言います。

カイルはコートにジュリアを隠すと言って、寄り添って車内へ入りました。手荷物は運転手が運び込んでくれます。

アルト航空9583便の出発を知らせるアナウンスが、空港に響きました。機体はカイルが設計した航空機E-474です。

子連れの家族がまず先に搭乗手続きを済ませます。カイルとジュリアもその中に含まれています。

カイルたちの座席の近くに、騒がしいファミリーがおり、注目はどうしてもそちらの家族に向いてしまいました。

カイルはジュリアを窓際の席に座らせると、「眠るのよ。起きたら別の街、ニューヨークよ」と言います。

滑走路に作業車が近づくと、飛行機に水をかけ始めました。何をしているのかと乗客たちは声にしますが、カイルは娘のジュリアにこっそりと「氷を落としてるの。うまく飛べるように」と教えます。

ジュリアは窓ガラスに息を吐きかけると、ハートマークを描きました。

離陸が無事に終わり、シートベルトを外してもよいという許可が出ます。

カイルとジュリアは横になれるよう、CA(キャビン・アテンダント)にお願いし、空いている席に移動させてもらいました。横になって眠ります。

うたたねから目覚めたカイルは、娘のジュリアがいないことに気付きました。

元の座席に戻っているのかもしれないと考えたカイルは、席を見てみますがいません。

離陸してから3時間が経過していました。

映画を見ていた近くの席の中年男性ジーン・カーソンに尋ねますが、少女は見かけなかったと言います。

カイルは寝ていた場所に戻り、クマのぬいぐるみが置かれたままであることに気付きました。そのぬいぐるみは、ジュリアが片時も離さずに持ち歩く大事な品です。

ジュリアが自分の意思でいなくなったのではなく、誰かに拉致された、誘拐されたのかもしれないと思い、カイルはCAにジュリアを探すよう頼みました。

CAは「上空1万1000mの密室だから、いなくなるわけがない」と言います。

しかしカイルが血相を変えているので、CAも了解しました。夜中で眠っている乗客が多いなか、照明をつけて機内アナウンスで迷子案内を流します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フライトプラン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×