映画:フラットライナーズ

「フラットライナーズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

フラットライナーズの紹介:1990年制作のアメリカ映画。「フラットライン」とは脳波や心電図が平らになること、「死ぬこと」の意。熱意に満ちた医学生たちが、死後の世界について調査する危険な実験を重ねるうちに、恐ろしい事態に陥るサスペンスである。

あらすじ動画

フラットライナーズの主な出演者

ネルソン・ライト(キーファー・サザーランド)、レイチェル・マナス(ジュリア・ロバーツ)、デヴィッド・ラブレシオ(ケヴィン・ベーコン)、ジョー・ハーレー(ウィリアム・ボールドウィン)、ランディ・ステックル(オリヴァー・プラット)

フラットライナーズのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①死後の世界に興味を持つネルソンは、ジョー、ステックル、デイブ、レイチェルを誘い、心停止&蘇生で臨死体験をすることに。ステックル以外が体験するが、以後彼らは幻影や幻聴に悩まされるように。 ②過去に犯した罪悪感が見せる幻影だとデイブが気付き、それぞれ解消。ネルソンは死んだビリーにもう1度会いにいき、許しをもらった。

【起】– フラットライナーズのあらすじ1

アメリカ・イリノイ州シカゴ。

医大生のネルソンは「死ぬにはいい日和だ」と呟きます…。

ネルソン・ライトはもともと、死後の世界に興味を持っていました。

医大生になった今も、その気持ちに変わりはありません。

ネルソンは仲間を集め、臨死体験をしようと考えていました。

すでにジョセフ・ハーレイ、通称:ジョーと、ランディ・ステックルは説得し、了解を得ています。

ネルソンはそれに加えて、優秀な女子医大生レイチェル・マナスと、同じく優秀な医大生デヴィッド・ラブレシオ、通称:デイブを仲間に引き入れようと考えていました。

レイチェルもデイブも反対していますが、ネルソンは決行する気です。

・ネルソン…臨死体験の実験の発案者。人工的に心臓を停止させ、その後に蘇生措置を行なう実験を唱えた人物で、最初に被験者になる。

幼少期にビリー・マホニーという少年をいじめていた…。

・デイブ…メンバーの中では、最も優秀な医大生。その分、現実的で、ネルソンの実験に対して最後まで異議を唱えていた。

幼少期にウィニー・ヒックスという黒人の少女をいじめていた…。

・レイチェル…紅一点。ネルソン同様に、死後の世界に興味を持っている。患者の老女のよき相談相手になっており、よけいに死後について知りたい思いが増した。

幼少期に父親を拳銃自殺で亡くした…。

・ジョー…医大生。アンという女性と婚約中だが、結婚前に遊びで女性と関係を持ちたがる。

隠しカメラで撮影するのが好きで、女性にはカメラの存在を隠している…。

・ステックル…黒髪の医大生。アシスタント的な役目。彼だけは、実験の被験者になりたいという願望がなく、一度も実験をしなかった。

レイチェルは、臨死体験をしたという女性の話を聞きます。

女性は「昏睡状態で宙に浮かび、自分や家族の姿を見た」と言いました。

やがて美しい声が聞こえ、「赤ん坊は天に召すが、お前は戻す」という言葉と共に、この世に戻ってきたということです。

ほかにも4分半死んでいたという老人は、トンネルのようなものを見たと言いました。

臨死体験の話には「トンネル」や「光」を見たという者が多く、レイチェルは興味を抱きます。

デイブは担ぎ込まれた妊婦の女性が重態なのを見て、まだ研修医の身分にもかかわらず、「なにかしたい」という気持ちを抑えることができませんでした。

手出ししかけて、駆け付けた医師に制止されます。

医療をしてはならないインターンの身分でありながら、治療を施しかけたということで、デイブは4か月の停学処分になり、くさっています。

そんなデイブに、ネルソンはかねてからの臨死体験の実験を持ちかけますが、デイブは拒否しました。

ネルソンは「戻るには君の力がいる」と熱心にくどきますが、それでもデイブは断ります。

断りながらも、実験を強行するというネルソンのことが、デイブは気にかかりました。

ネルソン、ジョー、ステックルの3人は、補修中のため立ち入り禁止になっている、大学内部にある美術館に集まります。

そこへ設備を持ちこみ、実験をおこなうつもりでした。

ネルソンは、実験に失敗して死んでしまっても、他者に迷惑がかからぬよう、一筆記しています。

心停止の被験者になるのはネルソンで、ジョーはカメラで一部始終を撮影する係、ステックルは蘇生措置を行なう係です。

そこへ実験を止めに、レイチェルとデイブが現れました。

しかしすでに実験は始まっていました。レイチェルとデイブは、蘇生措置を手伝います。

心停止に陥ったネルソンは、不思議な光景を見ていました。

超高速で菜の花畑の上を飛び、向こうからやってくる少年時代の自分を見ます。

飼い犬のチャンプも、そこにはいました。

蘇生する直前、フードをかぶった少年を、ネルソンは見ます。

無事に蘇生できたということで、みんな喜びました。

感想を聞かれたネルソンは「トンネルも光も見なかったが、何かやさしい気持ちになった」と答えます。

それを聞いた途端、ジョーもレイチェルも一転して、実験を体験したがりました。

ネルソンが1分間の心臓停止になっていたため、ジョーとレイチェルはどれだけその記録を破れるかで口論になり、ジョーの方が勝ちます。次はジョーの番に決まりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フラットライナーズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×