映画:フレンチコネクション

「フレンチコネクション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

フレンチ・コネクションの紹介:ウィリアム・フリードキン監督、ジーン・ハックマン主演のアクションスリラー。ロビン・ムーアのノンフィクション小説を映画化した作品で、ニューヨークを舞台に国際麻薬組織と闘う刑事たちの姿を描いていく。第44回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞、監督賞、脚色賞、編集賞を制した。1971年アメリカ製作。

フレンチコネクションの主な出演者

ポパイ(ジーン・ハックマン)、ルッソ(ロイ・シャイダー)、アラン・シャルニエ(フェルナンド・レイ)、サル・ボカ(トニー・ロ・ビアンコ)、ピエール・ニコリ(マルセル・ボズフィ)

フレンチコネクションのネタバレあらすじ

【起】– フレンチコネクションのあらすじ1

物語の舞台はアメリカ、ニューヨーク

この街には麻薬がはびこり、その出所となっていたのは遠く離れたフランス、マルセイユでした

ニューヨークとマルセイユを結ぶ麻薬ルートはフレンチ・コネクションと呼ばれ、ニューヨーク市警は麻薬組織を率いる黒幕を追っていましたその中でも特に捜査に熱心だったのは、ポパイの愛称で知られる刑事のドイルでした

ポパイは相棒のルッソとともに日々捜査にあたっていましたが、二人の操作手法は手荒で、署内の評判は決して良いものではありませんでした

そんなある日、ポパイとルッソはあるレストランに疑惑の目を向けました そのレストランはサルという男とアンジーという若妻が経営しており、それほど売り上げがある店でもないにもかかわらず、二人は豪勢な生活を送っていたのです

調べを進めると、サルたちがジョエルという大物の麻薬ギャングと接点を持っていることをポパイたちは掴みました

その一方で、ポパイは情報屋から大量のヘロインが港に届くという情報を得ますそこで、ポパイはサルの電話に盗聴器を設置、すると、サルがフランス人と連絡を取っていることが判明しました



次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フレンチコネクション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ