映画:フレンチコネクション2

「フレンチコネクション2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

フレンチ・コネクション2の紹介:「フレンチ・コネクション」の続編で、ニューヨーク市警の刑事ポパイと麻薬組織の戦いを描いていく。監督はジョン・フランケンハイマー、主演は前作に引き続きジーン・ハックマンが務めた。1975年アメリカ製作。

フレンチコネクション2の主な出演者

ポパイ(ジーン・ハックマン)、アラン・シャルニエ(フェルナンド・レイ)、アンリ(ベルナール・フレッソン)

フレンチコネクション2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

フランスとアメリカを結ぶ麻薬ルート、フレンチ・コネクションを絶つため、ニューヨーク市警の刑事ポパイは執念の捜査を続けていた。しかし、ニューヨーク入りしていた麻薬組織のボス、シャルニエをポパイはあと一歩のところで逃してしまう。シャルニエを捕まえるため、ポパイはフランスのマルセイユへ。ポパイは地元警察と衝突しながらもシャルニエを追うが、逆にシャルニエに捕らえられ、麻薬漬けにされてしまう。その後、ポパイは解放され、麻薬中毒の症状に苦しみながらも捜査を再開、ついに麻薬組織のアジトをつかみ、シャルニエ自身を追い詰めることに成功する。

【起】– フレンチコネクション2のあらすじ1

物語の舞台はフランス、マルセイユ

ニューヨークでの大規模なヘロイン押収から時が経ち、捜査を主導したポパイ刑事はマルセイユ警察と合流していました

マルセイユとアメリカを繋ぐ麻薬密輸ルート、通称フレンチ・コネクションの元締めのシャルニエをポパイは捕まえようとしていたのです ところが、地元警察の刑事アンリとの連携はうまくいかず、ポパイは潜入捜査官を誤って殺してしまうミスを犯してしまいます

アンリとの関係が険悪になる中、ポパイは独自に捜査を開始しますが、その矢先にシャルニエの手下に捕まり、ポパイはシャルニエの前に連れて行かれました

ポパイは組織の秘密についてどこまで知っているか吐くよう迫られますが、頑なにその要求を拒否しました シャルニエは手下たちにポパイをヘロイン漬けにするよう指示、すぐにポパイの腕にヘロインが注射されました

その後、ポパイには定期的にヘロイン注射が打たれ、ポパイはヘロイン中毒になってしまいました

監禁から三週間経った頃、シャルニエはポパイを解放し、マルセイユの警察署の前に放り出しました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フレンチコネクション2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ