映画:ブラックスワン

「ブラックスワン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

サスペンス映画

ブラック・スワンの紹介:2010年製作のアメリカ映画。ダーレン・アロノフスキー監督によるサイコスリラー映画。バレエ『白鳥の湖』の主演に抜擢され、潔白な白鳥と官能的な黒鳥の二つを演じることになったバレリーナが、プレッシャーにより徐々に精神が崩壊していく様を描く。主演のバレリーナ役を『レオン』のナタリー・ポートマンが演じる。第83回アカデミー賞にて5部門で候補に挙がり、アカデミー主演女優賞ほか多数の賞を受賞。

あらすじ動画

ブラックスワンの主な出演者

ニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)、トマ・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)、リリー (ミラ・キュニス)、エリカ・セイヤーズ(バーバラ・ハーシー)、ベス・マッキンタイア(ウィノナ・ライダー)、デヴィッド(バンジャマン・ミルピエ)、ベロニカ(クセニア・ソロ)、ガリナ(クリスティーナ・アナパウ)、アンドリュー(セバスチャン・スタン)、トム(トビー・ヘミングウェイ)

ブラックスワンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①母・エリカの熱心な庇護の下、バレエに励むニナ。プリマ交代の時期に『白鳥の湖』の上演が決まり、ニナは演出家のトマに主役として抜擢された。喜びもつかの間、ニナは主役のプレッシャーにおされる。 ②完璧主義で生真面目すぎるニナは黒鳥の演技に手こずり、いつしか現実と幻影の境目があやふやに。才能を開花させたニナは本当の敵である自分の幻影に負け、命を落とした。

【起】– ブラックスワンのあらすじ1

ブラックスワンのシーン1

画像引用元:YouTube / ブラックスワントレーラー映像

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。

ニナ・セイヤーズは幼少期からバレエの練習にひたすら励み、現在はニューヨークのバレエカンパニーに所属しています。

その裏には、母親・エリカの過度な期待がありました。エリカは28歳の時にニナを妊娠し、出産しましたが、自分が果たせなかった一流プリマへの道をニナに寄せていました。

エリカはニナを異様なまでに束縛しています。携帯を持たせてすぐに電話をかけてくるところや、友人との外出を許さないほどです。

ニナは才能があるバレリーナに育ちましたが、いっぽうでエリカに過度な期待を寄せられて、臆病にもなっていました。

ある日。

バレエカンパニーが次の公演で『白鳥の湖』を上演することが決まります。『白鳥の湖』といえば三大バレエのひとつ、いわばバレエの最高峰というべき演目で、そこで主役の「白鳥の女王」を演じることは、非常に名誉あることでした。

ここで先に『白鳥の湖』のあらすじを書いておきます。

オデット姫(白鳥の女王)はある日悪魔に呪いをかけられ、白鳥の姿に変えられます。夜の間だけ人間の姿に戻れます。呪いを解くには、まだ誰も愛したことのない男性に、愛を誓ってもらうことです。

王子がある夜、人間の姿で踊っているオデットと出会い、恋をしました。オデットも王子に恋をします。

ところが悪魔の娘・オディール(黒鳥)が王子を誘惑し、王子はだまされてオディールに愛を誓ってしまいました。悲しんだオデット姫は崖から身を投げて死ぬ…という話です。

(注:版によって悲恋とハッピーエンドと両方ある)

オデット(白鳥の女王)とオディール(黒鳥)は通常、同じ演者が演じます。清純な白鳥と、情熱的な黒鳥は演じ分けが難しく、大変なことでした。

さてその『白鳥の湖』を今回、フランス人の男性演出家・トマが大胆に振付を変え、官能的により強く斬新な演出をしようと考えます。

それまでバレエカンパニーでのプリマはベスでしたが、年齢を重ねてしまっているので、新たなプリマを用いる可能性が出てきました。

若いバレリーナたちは、自分が選ばれないかとみんな期待を寄せます。ニナも例外ではありませんでした。

ニナはプリマのベスに憧れていました。ベスはプリマなので個室の控室を与えられているのですが、ニナは時々忍びこんでは、ベスの私物を盗みます。決して嫌がらせではなく、むしろ正反対のベスへの憧れがなせる業でした。

その日もニナはベスのルージュを盗み、ひとり悦に入ります。

トマがプリマを物色しに、バレエのレッスン稽古の様子を見に来ました。ニナも候補に残ります。

ニナが踊っている時、遅刻してきた新人のリリーが入室したせいでニナの集中力が途切れ、ニナはコーダの踊りを失敗してしまいました。

続きを踊らなくてもいいと言われ、「白鳥の役だけなら君を選ぶ」と言われたニナは、失敗が自分で許せず家でも足の親指が割れるまで練習します。

このようなニナの生真面目さは、ニナ自身にとって「枷(かせ)」になっていました。情熱的で官能的な黒鳥を踊るには、向いていないのです。

白鳥の女王に未練の残るニナは、盗んだベスのルージュを引いて、場合によってはトマに色仕掛けしてでも役に推してもらいたいと考えました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ブラックスワン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×