映画:ブルーダイヤモンド

「ブルーダイヤモンド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

【承】– ブルーダイヤモンドのあらすじ2

ブルーダイヤモンドのシーン2

画像引用元:YouTube / ブルーダイヤモンドトレーラー映像

店じまいをして帰宅するカティアが、倒れているルーカスを見つけて家へ連れ帰りました。

翌日、ルーカスはカティアの家のソファで目覚めます。

前の夜、ルーカスを店でからかっていたのは、カティアの兄・マックスでした。

マックスはカティアをよい男と結婚させたくて、カントンという男を勧めています。

カントンも乗り気で、店に顔を出します。

しかしカティアにその気はありませんでした。

カティアの隣に住むマックスは、妹がルーカスを部屋に泊めたと知り、誤解します。

カティアは、兄に誤解されたことを話し、誤解のままではなく既成事実を作りたいと言いました。

店が開いていない昼間のあいだ、ルーカスの行動に付き合うと、カティアは言います。

(カティアのバーは夜に開店、昼間は時間がある)

ルーカスは、カティアの車に乗せてもらい、ピョートルの兄弟・アンドレイに会いに行きます。

アンドレイは、ピョートルはもう帰ったと答えました。

さらに、ピョートルがロシアン・マフィアのサムソノフににせもののダイヤを売りつけたので、ピョートルもアンドレイも追われているのだと言います。

話をまた聞きしたカティアは、ルーカスにスパイなのかと聞きました。

ルーカスは否定します。

サンクトペテルブルクに戻りたくとも、飛行場は悪天候で閉鎖されており、飛行機の便がないと、カティアに連れて行ってもらった空港でルーカスは知ります。

滞在を余儀なくされたルーカスは、カティアの店へ行きました。

しかし兄のイヴァンがルーカスに嫌味を言い、ルーカスはホテルに戻ります。

(カティアには2人兄がいる、イヴァンとマックス)

宿泊先のホテルで妻のギャビーとネット通話したルーカスですが、どうにも淋しい気持ちを抑えきれません。

通話のあと、再びカティアの店へ戻ったルーカスは、カティアにろうそくをプレゼントします。

(注:このろうそくは後に大事)

ルーカスは、閉店後の店でカティアと身体を重ねました。

前の日にイヴァンに誘われたので、ルーカスはクマ狩りに行きます。

狩りにはイヴァンだけでなく、ルーカスを殴った連中も参加していました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ブルーダイヤモンド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×