「ベルベット・レイン」のネタバレあらすじと結末の感想

ベルベット・レインの紹介:香港マフィアの大ボス・ホンと彼の右腕レフティ、黒社会で生きることを夢見る若者イックとターボ。2組のエピソードが交錯し、悲しき宿命が収束していく。
2004年製作の香港映画で、香港を代表する豪華4大スターが顔を揃えたノワール・サスペンス。監督は今作が初の商業映画となったウォン・ジンポーで、香港電影金像奨の最優秀新人監督賞を獲得した。

ベルベット・レインの主な出演者

ホン(アンディ・ラウ)、レフティ(ジャッキー・チュン)、イック(ショーン・ユー)、ターボ(エディソン・チャン)、ヨーヨー(リン・ユアン)、エミリー(ウー・チェンリン)

ベルベット・レインのネタバレあらすじ

【起】- ベルベット・レインのあらすじ1

レストランの厨房で働く青年イックは、香港の黒社会で成功することを夢に見ています。彼の相棒・ターボからマフィアのボスの暗殺人をくじ引きで決めると聞いたイックは、その場で仕事を辞めてターボと共に、取引場のクラブに向かいました。
秘所にリンゴの刺青がある女の子がクジの当たりと聞き、チンピラから本格的なマフィアにのし上がりたいターボは、イックのためにクラブで踊る女の子の中から“リンゴ娘”を探そうと躍起となります。一方のイックはある1人の女の子に無性に魅かれていました。見事ターボはリンゴ娘を見つけイックに彼女を渡すと、イックに暗殺の権利が渡されます。そのリンゴ娘こそイックが魅かれた女の子でした。

暗殺の武器を渡されたイックは、銃ではなくたった1本のナイフだという事実に驚きます。命と引き換えの仕事に、金と娼婦のリンゴ娘が与えられました。イックが名前を尋ねてもリンゴ娘は名を明かさず、聞けば多額の借金を抱える彼女はイックが初めての客だと言うのです。イックは彼女に手も出さず、俺が借金を返してやると切りだしますが、「どうせ死ぬくせに」とリンゴ娘はとりあえずことを済ませようと急かしました。堰を切ったようにイックは彼女を乱暴に押し倒してキスしますが、それ以上は何もせずただ強く彼女を抱きしめて再び名前を尋ねます。イックの想いに触れた彼女は“ヨーヨー”と静かに名乗りました。その後ヨーヨーは次の客をとるために、ホテルの部屋を出て行きます。

イックは手にした金を母に渡しますが、彼の父も兄も金を渡した後に戻って来なかった経験から、母は金を受け取ることが出来ませんでした。母はその金で自分の知人から銃を買うよう助言し、イックを案じて兄に線香をあげるように促します。兄が罠にはめられ死んだとき、無謀にも助けようとしたのを必死で止めたのがターボでした。お前は生きてろよと…。

【承】- ベルベット・レインのあらすじ2

香港裏社会の大ボス・ホン。自身の暗殺計画が浮上していると彼の支配下のボス3人がざわついていました。もしホンが消えれば彼の右腕的存在であるレフティが台頭することになり、残虐な彼がボスとなれば混乱は避けられないのです。当のホンはボスらしく、黒幕が知りたいと落ち着いていました。

派手なパーディーの最中、ホンの妻・エミリーが男の子を出産したとの知らせを受けたホンは病院へ駆けつけます。一緒に子供の誕生を祝ったレフティは、自分が後を継ぐので家族を連れてニュージーランドへ行き二度と戻るなとホンに勧めます。息子に銃を持たせる訳にはいかないと言うのです。レフティの突然の発言にホンは驚きますが、レフティの心は固まっていました。黒幕の正体が3人のボスだと睨んでいるレフティは、俺が彼らを“やる”と。革の手袋に覆われた右手はホンとレフティの固い絆の証でした。
病室の外には3人のボスの姿が見え、エミリーも不穏な空気に気付きます。ホンに移住を勧められても肝の据わったエミリーは香港に残ると断言しました。一方、子供だろうが皆殺しにしてしまう残虐なレフティのやり方に疑問を抱くエミリーは、彼が敵になる可能性があると示唆しますが、その時は死を持って彼に学ばせるとホンは冷静でした。

レフティは若い頃に買い取った思い出のレストランを改装し、ホンを招きました。今夜中にあのボスたちを片付けると宣言したレフティは、すでに3人のもとへ自分の子分を手配していて、まず1人目のボスを家族ごと殺害します。子供まで容赦なく始末するレフティに、根こそぎはまずいとホンが嗜めます。先を読んでいたホンはレフティの家族に危害が及ばぬよう、レフティの母をエミリーのもとに保護していました。レストランのコックを全てクビにし、総取替えしたと声高に話すレフティに、不満ならばその1人だけをクビにしなければ、誰もお前についてこないとホンは静かに言い聞かせます。

【転】- ベルベット・レインのあらすじ3

暗く入り組んだ裏道を抜けた先でイックとターボは密売者に銃を求めますが、母の名前を出すと「お前の家は誰も生き残れない」と門前払いされます。その帰り、古いビルのトイレで警官に出くわした2人は、銃を奪うことに成功します。その銃を使って密売者を撃った2人は、もう一丁の銃を手にしました。

イックは接客しようとしていたヨーヨーの娼館に乗込み、客を追い出します。金を返して俺を待ってろとイックはヨーヨーに金を渡しますが、彼女の借金の利子分にも足らないうえに、どうせ刑務所行きだときつい言葉を投げかけられます。それを聞いたイックは強盗を繰り返し、集めた金をヨーヨーに投げつけました。仕事を辞めたいと女主人に話していたヨーヨーは、逃げるようにイックを外に連れ出します。イックに心奪われたヨーヨーは「戻って来て」と涙ながらに訴え、彼の背中に自分の連作先をペンで記しました。2人は強く抱きしめ合います。しかしイックはすでに追われる身となっていました。

イックとレストランにいたターボは追手が近づいて来たのに気付き、タバコを買いに行くフリをして自ら囮になりました。チンピラに囲まれても口を割らなかったターボは、右手を潰されてしまいます。ターボを追いかけてきたイックは、弾が無くなるまで銃を撃ちました。ターボは弾が当たらず生延びたチンピラから住所を聞き出し、一家皆殺しにすると言って銃で何発も殴りました。
やがて2人は別れ、イックは1人でボスを仕留めに向かいます。大雨が降っていました。

【結】- ベルベット・レインのあらすじ4

ホンが手配した子分が、残りのボス2人を救い出します。1人は見せしめのために犠牲になってもらっても、2人を許して守るというのがホンの考えで、レフティのやり方は間違えていると指摘します。血は要らないと訴えるホンにレフティは「誰かがお前の妻子を狙っていてもか?それが俺だったら?」と興奮状態で反論し、自分の母に手が及ぶと誤解します。ホンは厳しい口調でレフティの母を救ったことを告げ「お前の暴走は俺が止める。自分の妻子を守ってこそ真のボス。もし俺を殺せるものがいるとしたらお前だけだ」と言い、命を救った2人のボスに会うために店を出て行きました。
ホンの言葉で考え直したレフティは、子分にガキ(暗殺者)を連れ戻すよう連絡します。外は雨が降りしきり、レフティはホンにそっと傘を差しだすと、友情を分かち合った2人は歩き出しました。ところがナイフを持った若者の集団が2人に襲い掛かります。2人は抵抗しますが、勝ち目はありませんでした。刺されて瀕死の2人が寄り添います。初めて人を殺した日も大雨だったとホンが呟き、2人は命尽きました。

(回想シーンが流れます)
ターボは収監されたイックの面会に訪れます。右手が不自由になり革の手袋をはめたターボは「もうターボじゃない。みんな俺をレフティと呼ぶ」と自慢げに語ると、「俺もイックでなくなった。今はホンだよ」とイックは返し、2人は不敵に笑い合いました。

みんなの感想

ライターの感想

この手の作品をあまり干渉しないので知識に乏しいのですが、ヴィジュアル面に特化した演出により、グロテスクさが緩和されたアクションシーンは斬新だったように思います。
ホンの首を狙っているのがイックと見せかけておいて、彼らはホンとレフティの若い頃だったという設定は終盤まで予測できず、スリルがありました。
個人的にはイックとヨーヨーのやりとりがとてもロマンチックだったので、2人のシーンをもっと見ていたかったです。

映画の感想を投稿する

映画「ベルベット・レイン」の商品はこちら