映画:ペット檻の中の乙女

「ペット檻の中の乙女」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

ペット 檻の中の乙女の紹介:2016年製作のアメリカ&スペイン合作映画。第49回シッチェス・カタロニア映画祭脚本賞に輝いたサイコスリラー。動物保護センターで働くセスは、同級生のホリーと偶然再会。ホリーのある秘密を知ったセスは彼女を執拗に追いまわした挙句に、動物用の檻に監禁。飼い主気分に浸ろうとするが…。

あらすじ動画

ペット檻の中の乙女の主な出演者

セス(ドミニク・モナハン)、ホリー(クセニア・ソロ)、クレア(ジェネット・マッカーディ)、ネイト(デヴォン・マクドナルド)、エリック(ネイサン・パーソンズ)、ガンディ(ジャネット・ソング)、ホームレスの男(ゲイリー・J・トゥニクルフ)、メーラ刑事(ショーン・ブレイクモア)

ペット檻の中の乙女のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①動物保護センターで働く青年・セスは、同じ高校の1歳年下の女性・ホリーと再会する。セスはホリーの好みを調べて誘うが恋人がいると断られた。ホリーの手帳を手に入れたセスはホリーを拉致し、職場の地下室に監禁する。 ②ホリーは殺人鬼で、セスは真人間にしたくて監禁した。監禁がばれそうになって警備員・ネイトを殺害したセスはホリーの指示どおり遺体を処理するが、殺人が露呈しそうに。ホリーに逆襲されてセスはホリーに飼育されることに。

【起】– ペット檻の中の乙女のあらすじ1

ペット檻の中の乙女のシーン1

画像引用元:YouTube / ペット檻の中の乙女トレーラー映像

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス。

セスは動物保護センターで時給9ドル(約1000円)で働く、孤独な青年です。

動物保護センターにはたくさんの迷子の犬がいますが、セスはそれらの犬を大切に世話していました。

しかしそれにも期限があり、一定期間経過しても飼い主が見つからない場合、犬は殺処分されます。

その遺骸を焼却炉で焼くのも、セスの役目でした。

ある日セスはバスの中で、同じ高校出身の1学年下の女性ホリー・ガーリングを見かけます。

ホリーはウエイトレスの制服を着ており、手元の手帳に何やら書きつけていました。セスはホリーに話しかけます。

好感触を掴めたと思ったセスは、その日の夜、フェイスブックでホリーを調べました。あっという間に見つかります。

ホリーが白い犬を飼っているのを見たセスは「動物好きに悪い人はいない」と、また悦に入りました。デートする方法はないかと考えます。

セスは警備員の年長の黒人男性・ネイトに女性の口説き方を聞きました。しかしネイトからすると、今まで親しくしていなかったセスに、いきなりそんなことを聞かれて戸惑うばかりです。自分に聞くなと答えました。

セスはフェイスブックの写真を見てホリーの好みを分析し、鏡の前で「さりげなくデートに誘う練習」をします。

そして制服を手掛かりにしてホリーの勤務先のレストランへ行き、話しかけました。ところがホリーはセスに会ったことなど、覚えておりません。

セスはホリーに「恋人がいるから」と食事の誘いも断られました。

あきらめきれないセスはホリーを尾行し、家を突き止めます。

ホリーには現在彼氏はいません。エリックという男性と付き合っていましたが、浮気をしたので別れました。女友達のクレアに「よりを戻せば」と言われているのですが、ホリーはその気がありません(注:クレアには重大な秘密がある。後述)。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ペット檻の中の乙女」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×