映画:ペーパーボーイ真夏の引力

「ペーパーボーイ真夏の引力」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ペーパーボーイ 真夏の引力の紹介:2012年公開。殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく姿を描いている。ピート・デクスターの小説「ベーパーボーイ」が原作。リー・ダニエルズが監督を務め、ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックらが出演。

あらすじ動画

ペーパーボーイ真夏の引力の主な出演者

ジャック・ジェンセン(ザック・エフロン)、ウォード・ジェンセン(マシュー・マコノヒー)、シャーロット・ブレス(ニコール・キッドマン)、ヒラリー・ヴァン・ウェッター(ジョン・キューザック)、ヤードリー・ エイクマン(デヴィッド・オイェロウォ)、W・W・ジェンセン(スコット・グレン)、タイリー・ヴァン・ウェッター(ネッド・ベラミー)、エレン・ガスリー(ニーラ・ゴードン)、アニタ・チェスター(メイシー・グレイ)

ペーパーボーイ真夏の引力のネタバレあらすじ

【起】– ペーパーボーイ真夏の引力のあらすじ1

1969年の夏、フロリダ州モート群に最低最悪の評判のコール保安官がいました。彼は黒人を大勢殺して憎まれていました。

白人も怖がるほどで、ついに誰かが我慢できなくて刺します。内蔵を出して1マイルも這った彼には銅像が立ちました。

ジェンセン家のウォードは、マイアミ・タイムズ紙の記者です。父も記者で、弟のジャックは水泳選手でした。大学から追い出されて、ジャックは新聞配達をしていました。

母は昔に家を出ていき、WWが父の傍にいました。WWは家政婦で黒人のアニタをこき使います。アニタと兄弟は仲が良いです。

ウォードはヒラリーの事件について取材をしていました。ヒラリーはコール保安官の殺人容疑者として逮捕された人物です。

そんなヒラリーに手紙を書くのは、シャーロットという40代の女性です。彼女は危険な男が好きで、手紙でやり取りしたヒラリーに恋をします。ヒラリーの無実を証明して、刑務所から出すためにも、シャーロットはウォードに情報提供の手紙を送ります。

ウォードが町にやってくると、ジャックが運転手として迎えにやってきます。ウォードと同じ会社で、ロンドン出身の黒人のヤードリーが助手として一緒にいました。

ガレージのオフィスに到着すると、シャーロットが情報の書類を持ってやってきます。ジャックが荷物を持ってあげて案内します。ジャックは彼女に一目惚れをしてしまいます。

ウォードはヒラリーの死刑判決に反対の意見でした。書類を調べていると、血まみれの証拠品は裁判前に当局が紛失していたという文面を見つけます。

ジャックはというと、シャーロットを刑務所の近くまで連れてきていました。1人の男性が刑務所から出てきて、ジャックは記憶に残ります。看守がここは駐車できないと注意してきて、二人は帰ることにします。

裁判では、ヒラリーの証言はまったくさせてもらえませんでした。弁護士のパインでさえも、ヒラリーを救おうとする意思がない様子です。

ウォードたちはパインに交渉に行き、ヒラリーと面会することができます。ウォードやヤードリーが話しかけても、ヒラリーはシャーロットと出会えて夢中です。

手紙で書いた通り、シャーロットに足を開かせ、ストッキングを破くように指示していきます。また、口を開かせて、シャーロットは喘ぎ声を言い始めます。ヒラリーとシャーロットは絶頂を迎えます。

何してるんだと、ヒラリーは看守によって牢屋に戻されます。ヤードリーはこの様子に爆笑します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ペーパーボーイ真夏の引力」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×