映画:ホワイトアウト(2000年)

「ホワイトアウト(2000年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【承】– ホワイトアウト(2000年)のあらすじ2

テロリスト集団『赤い月』は、周辺ダムの制御システムをも手中におさめました。そしてダムの関係者と千晶を人質にして、50億円の身代金を政府に要求します。

赤い月は、要求を拒否した場合には人質を殺し、ダムを爆破すると宣言しました。

もしダムが爆破され膨大に貯水された水6億立方メートルが決壊により放流すると、下流域に住む20万以上の世帯が洪水に呑まれ、大惨事となることは火を見るより明らかです。

タイムリミットは24時間ですが、ダムに通じる唯一のルートは赤い月がすでに爆破しており、悪天候も手伝って警察は手出しすることができませんでした。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホワイトアウト(2000年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×