映画:ホワイトアウト(2000年)

「ホワイトアウト(2000年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– ホワイトアウト(2000年)のあらすじ3

実は2か月前に吉岡が命を賭して救った遭難者たちは、赤い月のグループの一員でした。

それを知った富樫は怒りに燃え、ひそかに脱出を図ります。

そしてダムの関係者と千晶、付近の住民を救うことを決意し、動き始めました ダムの内部をよく知る富樫は、赤い月の1人を倒して自動小銃を手に入れると、赤い月のメンバーを1人ずつ倒していきます。

ダム運転員の富樫は発電設備を止め、ダムの外に抜ける水道から脱出しました。

8km先の大白ダムへ向かった富樫は外部・警察と連絡を取り、赤い月の情報を流します 赤い月のリーダーが宇津木だと判明しましたが、警察はまだダムに乗り込めません。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホワイトアウト(2000年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×