映画:ホワイトアウト(2000年)

「ホワイトアウト(2000年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「ホワイトアウト(2000年)」の感想

ライターの感想

これぞ織田裕二!と言えるほど織田裕二さんらしい作品でした。ホワイトアウト現象のシーンやスノーモービルのシーンなどアクションも迫力ありましたが、織田さんはこれらのアクションシーンをスタントなしで熱演したようです。印象深かったのは、テロリスト『赤い月』のリーダー・宇津木弘貴役の佐藤浩市さんです。初めて登場した時は、あまりのビジュアルに驚かされました。佐藤さんだとわかりませんでした。 織田さんは吹雪の中のシーンが多くジャケット姿が印象的ですが、映画の冒頭ではカーキ色のジャケットが途中から赤色に変更されております。これは織田さんが『踊る大捜査線』の青島のイメージと被ってしまうと考え、変更を要望して変えられました。この作品を見る際は、注目してみてください。
    1 2 3 4 5

    「ホワイトアウト(2000年)」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×