映画:ホーンテッドハウス不貞の館

「ホーンテッドハウス不貞の館」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホーンテッド・ハウス 不貞の館の紹介:夫が司祭を務める夫婦の屋敷に、「便利屋」として雇われた男。自分を相手にしてくれない夫に不満を抱いていた妻は、魅力的な便利屋の男に惹かれていくが、同時に屋敷の中に怪しい人影を見るようになる・・・という物語で、不倫もののストーリーに幽霊話を加えたような、ちょっと変わったテイストの作品です。

あらすじ動画

ホーンテッドハウス不貞の館の主な出演者

フランク(リー・ベイン)、マリアンヌ(スージー・フランシズ・ガートン)、ライオネル(トム・ボニントン)、墓地の女(サラ・ルイーズ・タイラー)

ホーンテッドハウス不貞の館のネタバレあらすじ

【起】– ホーンテッドハウス不貞の館のあらすじ1

ホーンテッドハウス不貞の館のシーン1

画像引用元:YouTube / ホーンテッドハウス不貞の館トレーラー映像

牧師を務めるライオネルと妻のマリアンヌの家に、家の中の雑務を何でもこなす「便利屋」として雇われるため、フランクという男がやってきます。

ヨーロッパの各地で仕事をしていたというフランクを信用し、ライオネルは雇い入れることを決めます。

早速フランクは庭の手入れなどの仕事から始めるのですが、仕事を開始したその夜、ライオネルは庭の納屋にフランクが寝ているのを発見して驚きます実はフランクは手持ちの金がなく、ホテルなどに宿泊も出来ない「宿無し」の状態だったのです。

ライオネルは怒ることもなく、フランクに家の中のゲストルームを使ってくれと申し出ます。

翌朝、何も知らないマリアンヌが、フランクが風呂に入っているところを見てしまいます マリアンヌは「こういうことは私にも話して」とライオネルに怒ります。

ライオネルが教会へ出かけたあと、フランクは休憩中にマリアンヌに話しかけます。

フランスで生活したこともあるというフランクの話しに、マリアンヌは憧れのようなものを抱き始めます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ホーンテッドハウス不貞の館」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×