映画:ボディガード

「ボディガード」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

サスペンス映画

ボディガードの紹介:1992年制作のアメリカ映画。歌手兼女優のトップスターとボディガードの恋を描いたサスペンス映画。劇中でヒューストンが歌う主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー(I Will Always Love You)」は大ヒットした。

あらすじ動画

ボディガードの主な出演者

フランク・ファーマー(ケビン・コスナー)、レイチェル・マロン(ホイットニー・ヒューストン)、サイ・スペクター(ゲイリー・ケンプ)、ビル・デヴァニー(ビル・コッブス)、グレッグ・ポートマン(トーマス・アラナ)、ニッキー・マロン(ミシェル・ラマー・リチャーズ)

ボディガードのネタバレあらすじ

【起】– ボディガードのあらすじ1

フランクはかつて元大統領・ロナルド・レーガンの警護を担当していた、元シークレット・サービスのボディガードです。

ある日フランクに、歌手兼女優のスーパースターであるレイチェル・マロンの身辺警護の依頼が来ました。レイチェルの周辺で最近不穏な事件が発生し、さらに殺害を予告する脅迫状まで送られてきたためです。

レイチェルの屋敷を訪問したフランクは、あまりにもずさんな警備態勢に驚いて、ボディガードの仕事を受けました。

しかしレイチェルにあれこれ指示するフランクに、レイチェルは不快の念をあらわにします。

フランクに隠れてライヴハウスに行ったレイチェルは、舞台に上がった客に突き落とされ怖い思いをしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ボディガード」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×