映画:マイノリティリポート

「マイノリティリポート」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

マイノリティ・リポートの紹介:2002年公開のアメリカ映画。起こる殺人を能力者によって予知できるようになった近未来を舞台に、殺人犯のぬれぎぬを着せられた刑事の決死の逃亡劇を描くSFサスペンス。SF作家フィリップ・K・ディックの短編を、監督スティーブン・スピルバーグ、主演トム・クルーズで完全映画化。

あらすじ動画

マイノリティリポートの主な出演者

ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)、ダニー・ウィットワー(コリン・ファレル)、アガサ(サマンサ・モートン)、ラマー・バージェス局長(マックス・フォン・シドー)、アイリス・ハイネマン博士(ロイス・スミス)、エディ・ソロモン医師(ピーター・ストーメア)、ギデオン(ティム・ブレイク・ネルソン)、ジャッド(スティーヴ・ハリス)、ララ・クラーク(キャスリン・モリス)、ウォリー(ダニエル・ロンドン)、フレッチャー(ニール・マクドノー)、ノット(パトリック・キルパトリック)

マイノリティリポートのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①犯罪率が高まった近未来のアメリカでは、3人の予知能力者・プリコグを使った犯罪予知で罪を防止していた。これにより首都・ワシントンD.C.での殺人件数は0になり、全米に適用する声も高まる。 ②システム導入の半年前に息子を殺されたジョンは、犯罪予防局の仕事に励んでいたが、ある日罠にはめられて殺害の加害者と予告されてしまう。ジョンは逃げながら謎を解明する。 ③黒幕はバージェス局長で、過去に行なった自分の殺害を隠匿するため、ジョンをはめた。ジョンは容疑を晴らし、バージェス局長は自殺する。犯罪予知システムは廃止され、プリコグと囚人たちは解放された。

【起】– マイノリティリポートのあらすじ1

マイノリティリポートのシーン1

画像引用元:YouTube / マイノリティリポートトレーラー映像

近未来。

西暦2048年のアメリカの殺人件数は、天文学的な数字になっていました。犯罪件数の多さに悩んだ政府は、ある試みを首都ワシントンD.C.で開始させます。

それはプリコグと呼ばれる3人の予知能力保持者(超能力者)を配置して、「犯罪を予知させる」というものでした。

犯罪予防局が作られ、3人のプリコグ…双子の男性・アーサーとダシール、女性のアガサ…を透明で大きなプールのような浴槽に浸けておきます。彼らは普段は眠っており、食事などの一切の世話を他人頼みにしています。

彼らの脳内映像は繋がれており、予告がなされると脳波を伝って映像と共に球が出てきます。「赤球(レッド・ボール)」だと衝動殺人で、「茶球」は計画殺人です。

球体は複数個、出てきます。被害者のボールと加害者のボールです。

アメリカでは網膜走査(スキャン)で個人の情報や行動が全て把握されていました。

プリコグによって殺人事件が予知できるようになってからは、事件を未然に防ぐことができるようになりました。

その結果、首都ワシントンD.C.の犯罪はシステムの導入後わずか6年で90%減少し、開始1年で殺人はアメリカの首都から消滅しました。

ところがこのシステムには矛盾があります。「予知をして殺人を防いだものの、実際には殺人をしていない人を裁くということ」…未来殺人罪という罪が適用され、罪人はスリープモードにされるのですが、実際に犯罪をおこなっていないものを裁いてよいのかなど、問題は少し残っています。

ともあれ、殺人も犯罪も激減して一般のアメリカ国民の安全な暮らしが保証されること自体は、喜ばしいことでした。今度の選挙では『犯罪予防法案』の成否が論点となります。もし可決されれば、アメリカ全体でこのシステムが導入されます。

…西暦2054年のアメリカ・ワシントンD.C.。

前述のように犯罪予知システムが導入されたことで、犯罪は完璧に防がれていました。

犯罪予防局に勤務するチーフの刑事ジョン・アンダートンは、6年半前に息子のショーンを誘拐殺害されました。以来、妻・ララともうまくいかず、現在は離れて暮らしています。

システム導入があと半年早ければ、息子・ショーンを救えたかもしれないのに…そう思いながら、ジョンは日々犯罪防止に努めていました。その打ち込みぶりは傍目にも病的で、帰宅すると新型の違法薬物を吸引しながら、息子の映像を見て過ごす日々を送っています。

ジョンはラマー・バージェス局長に、「司法省のウィットワーから目を離すな」と言われました。

ダニー・ウィットワーは司法省から派遣された調査官で、犯罪予防局のシステムに懐疑的でした。視察に来ても、プリコグの欠陥を露骨に探しています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マイノリティリポート」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×