「マザーレスブルックリン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

マザーレス・ブルックリンの紹介:2020年1月10日公開のアメリカ映画。演技派俳優エドワード・ノートンが、『僕たちのアナ・バナナ』以来およそ19年ぶりに監督業に挑んだアメリカン・ノワール。私立探偵のライオネル・エスログは、恩人であり唯一の友人でもあるボスのフランク・ミナが殺害された事件の真相を追う。メガホンをとるノートンが自ら主演を務め、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス、『美女と野獣』のググ・バサ=ローらが出演する。

あらすじ動画

マザーレスブルックリンの主な出演者

ライオネル・エスログ(エドワード・ノートン)、フランク・ミナ(ブルース・ウィリス)、ローラ・ローズ(ググ・バサ=ロー)、モーゼズ・ランドルフ(アレック・ボールドウィン)、ポール・ランドルフ(ウィレム・デフォー)、トニー・ベルモンテ(ボビー・カナベイル)、ガビー・ホロウィッツ(チェリー・ジョーンズ)、トランペットを吹く男(マイケル・ケネス・ウィリアムズ)、ジュリア・ミナ(レスリー・マン)、ダニー・ファントル(ダラス・ロバーツ)、ウィリアム・リーバーマン(ジョシュ・パイス)、ビリー・ローズ(ロバート・ウィズダム)

マザーレスブルックリンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①探偵・フランクが射殺された。フランクを恩人と慕う部下ライオネルは、なぜ殺されたのか調べ始める。ローラという女性にたどり着いたライオネルは、ニューヨークの都市計画が関係すると知る。 ②監督局のモーゼス・ランドルフが権力をほしいままにし、悪事を働いていた。ローラの父がモーゼスと知ったフランクは殺されていた。ライオネルはモーゼスの悪事を暴き、ローラを助けた。

【起】– マザーレスブルックリンのあらすじ1

マザーレスブルックリンのシーン1

画像引用元:YouTube / マザーレスブルックリントレーラー映像

〝巨人の力を持つのは

すばらしいが…

その力を巨人のように

使うのは暴虐だ〟

1950年代。

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。

ライオネル・エスログはトゥレット症候群の男性です。

汚い単語を突発的に発したり、顔をしかめたり、軽く相手の腕を触ったりする癖があります。

母を早くに亡くしたライオネルは孤児院で暮らしていましたが、この障害のせいで生きづらく感じていました。

ライオネルの転機は、フランク・ミナとの出会いです。

フランクはライオネルの病状を理解し、ライオネルに「こうすればよい」と知恵を授けます。

フランクはライオネルを、自分の探偵事務所に雇い入れました。

ライオネルの記憶力のよさを生かし、自信を与えます。

ライオネルはフランクを恩人だと思い、フランクのために尽くします。

フランクの探偵事務所『L&Lエージェンシー』には、ライオネル以外に3人の男が雇われていました。

トニー・ヴェルモンテが事務所の副所長みたいな存在で、ギルバート・コニーとダニー・ファントルも働いています。

ある日。

ライオネルとコニーは車のなかで、じっと張り込みをしています。

そこへフランクがやってくると、ライオネルに指示をします。

フランクがこれからある場所に交渉へ出かけるので、男が3~4人やってくると電話をしろ、盗聴をして、もし移動するときには尾行しろと命ぜられました。

フランクは「秘密は帽子に隠す」と言い、ライオネルに意味深な目配せをします。

ライオネルたちが車で待っていると、それらしき男たちがやってきました。

ライオネルは公衆電話に入ると、フランクのいる部屋に電話をかけて、男たちの到着を告げます。

フランクは受話器を机の引き出しに隠し、ライオネルに盗み聞きをさせます。

しばらくすると尾行の合図が出ました。ライオネルは車に戻り、出てきたフランクを追います。

しかし途中で後れを取ってしまいました。

フランクが乗せられた車を見つけた時には、フランクは自分の銃で撃たれていました。

ライオネルたちはフランクを病院へ連れていきますが、フランクは出血多量で亡くなります。

運ばれる途中に、フランクはライオネルに、「フォルモサ」ということばを言いました。

探偵事務所に戻ったライオネルは、フランクの妻・ジュリアに遺品を届けに行くことになります。

腕時計や銃、帽子などを持っていきますが、ジュリアは腕時計だけ受け取ると、あとはいらないと答えました。

ライオネルはそれを持って帰り、帽子を自分のものにします。

帰宅したライオネルは、部屋でハッパを吸いました。

トゥレット症候群を抱えるライオネルにとって、ハッパを吸ってこわばった気持ちをやわらげることは、大事なことでした。

ニューヨークでは、就任した市長が市民に演説をしています。

ニューヨークでは都市開発を推進するらしく、モーゼス・ランドルフを市の監督局の監督官に任命しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マザーレスブルックリン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×