映画:マスカレードホテル

「マスカレードホテル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

マスカレード・ホテルの紹介:2019年1月18日公開の日本映画。東野圭吾の人気シリーズを木村拓哉&長澤まさみ主演で映画化したミステリー。連続殺人事件を解決するため、ホテルに潜入したエリート刑事・新田と優秀なホテルマン、山岸がタッグを組み、事件の真相に迫っていく…。

あらすじ動画

マスカレードホテルの主な出演者

新田浩介(木村拓哉)、山岸尚美(長澤まさみ)、能勢(小日向文世)、本宮(梶原善)、関根(泉澤祐希)、久我(東根作寿英)、川本(石川恋)、綾部貴彦(濱田岳)、高山佳子(前田敦子)、大野浩一(笹野高史)、古橋(髙嶋政宏)、安野絵里子(菜々緒)、栗原健治(生瀬勝久)、館林(宇梶剛士)、森川寛子(橋本マナミ)、片桐瑶子 / 長倉麻貴(松たか子)、大竹(明石家さんま)、田倉(鶴見辰吾)、尾崎(篠井英介)、藤木(石橋凌)、稲垣(渡部篤郎)、政治評論家(田口浩正)、女装した男(勝地涼)

マスカレードホテルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①都内で3件の連続殺人事件が発生。現場に次の事件の座標が残されており、ホテル・コルテシア東京で第4の事件が起きるとし大量の警察官が潜入捜査に投入される。新田はフロントの尚美と組んで行動。 ②犯人は片桐瑤子こと長倉麻貴、狙われたのは尚美。1年前にホテルを追い返され流産した逆恨みで、麻貴は応対した尚美を殺害するつもりだった。新田は殺害を阻止し麻貴を逮捕。

【起】– マスカレードホテルのあらすじ1

マスカレードホテルのシーン1

画像引用元:YouTube / マスカレードホテルトレーラー映像

35.682073/139.786247(緯度と経度)

ホテル・コルテシア東京。

綾部という男がホテルにチェックインしますが、禁煙ルームなのにタバコのにおいがすると、クレームをつけました。

対応したフロントクラークの女性・山岸尚美は、別の部屋を用意します。

クレームをつけて部屋のグレードアップを狙う人物が、たまに存在します。

今回の綾部も恐らくそうで、チェックインしてから部屋のなかでタバコをつけたのだろうということは、明らかでした。

しかし尚美は無駄な駆け引きをせず、素直に部屋を用意します。

東京都内で、3件の連続殺人事件が起きました。

3つの殺人事件はいずれも、犯行の手口はバラバラで、被害者にも共通点がありません。

それが連続していると言えるのは、「現場に共通の暗号」が残されていたからです。

・10月4日 品川

・10月10日 千住新橋

・10月18日 葛西

いずれも犯行現場には、謎の数字が残されていました(冒頭の数字)。

それが「次の犯行現場」の位置を示していると判明し、警視庁に緊張が走ります。

3件目の葛西の現場に残されたのは、『ホテル・コルテシア東京』の座標でした。

警視庁は、近々ホテルで殺人事件が起こるとして、大量の警察官をホテルに投入します。

いわば「潜入捜査」です。

警察サイドから大量の人員が導入され、各部署に配属になりました。

フロントには「帰国子女で、英語が話せる」という理由で、新田浩介警部補が配属されます。

尚美が新田の担当となりました。

尚美は「髪の伸びたホテルマンはいません」と言い、新田の髪の毛をホテル内の床屋で切らせます。

新田はヒゲもそられ、なでつけられた髪にされてふてくされますが、同僚の刑事たちは「似合っている」と口々に冷やかしました。

最前線でお客様に対応するフロント係に誇りを持つ尚美は、刑事の新田をフロントに配置することに反対でした。

しかし上司の藤木に諭され、「クレーマーに比べたら」ということで、尚美もしぶしぶ新田の世話を焼くことにします。

尚美とコンビを組んだ新田は、宿泊客の理不尽さに向き合いながら、尚美の忍耐強さも見ていきます。

宿泊客の古橋がチェックアウトの時、尚美は声をかけようとします。

古橋が以前宿泊した際に、バスローブがなくなったことがありました。

ホテルのバスローブは、1着2万円もする高級備品です。

古橋が盗んでいる可能性もあり、尚美は荷物の中身をあらためようかと考えました。

しかし刑事の新田が尚美を制止し、古橋を去らせます。

あとで部屋を見に行った新田は、ベッドのスプリングの下にバスローブを見つけました。

古橋はわざとバスローブがなくなったように見せかけて、荷物チェックを受けて、金銭を要求する手口を考えていたのです。

新田が見抜いたので、事なきを得ました。

尚美は感心しますが、ともすれば乱暴な物言いをしがちな新田と、たびたび衝突します。

視覚障碍者と思しき老女・片桐瑤子がチェックインします。

瑤子はサングラスをかけ、杖をついていました。

尚美はじめホテルの者たちは、全力で瑤子を気遣います。

しかし新田は「視覚障害者が頼みの綱であるはずの触角を、手袋が妨害している」として、瑤子が視覚障碍者ではない可能性を指摘しました。

それを聞いてもなお、尚美は瑤子をサポートします。

部屋に通された瑤子は、尚美を指名して呼びつけると、部屋に霊のようなものがいるとして代わりの部屋を用意させました。

さらに新田がいないときにも尚美を呼び、瑤子はボタンを探させます。

チェックアウト時、瑤子は尚美に「自分は視覚障碍者ではない」と明かしました。

夫が霊感を持つ視覚障碍者で、この週末に上京してくるため、気になって先に瑤子が試したのだと言います。

それを明かしたうえで、瑤子は「すべてを任せられる」と尚美を絶賛しました。

尚美が瑤子の応対をするのと同じ頃、ホテルに新田の元相棒・能勢がホテルに泊まりにきました。

新田は嫌な顔をしますが、能勢はチェックインをし、用事ができたと言ってそのまま部屋を去ります。

ルームキーを部屋で渡された新田は、「呼び出されたホテルマンは、無条件で部屋に行く」つまり「ホテルの宿泊客だけでなく、従業員も狙われる可能性が高い」と気づきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マスカレードホテル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×