映画:マスカレードホテル

「マスカレードホテル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

映画「マスカレードホテル」の感想

ライターの感想

単にひとつの事件…というだけでなく、複数のエピソードが入っている作品。 それを面白いと思うか「遠回りだ」と思うかで、評価が別れそう。 いくつものエピソードはいずれも、結末にたどり着くまでの小ネタ的要素が散りばめられている。 だから決して、無駄なわけではない。 ホテルのバックヤードも見られて、非常に興味深い作品。 少々ややこしく遠回りなのだが、実はそう難しいわけではない。 シリーズ化も可能。新田&尚美コンビは面白かったので、ぜひ映画化してほしい。
  • yukaさんの感想

    東野圭吾原作。ホスピタリティという優しさと真実を追う為にすべてを疑わなければいけない。その間にゆれる事件を追う。サスペンス要素もあるがヒューマンドラマも含まれた映画だった。ホテルって色んな人が訪れるのだなあと。それぞれ様々な事情を抱えながらも仮面をかぶっている。最後のシーンは怖くてハラハラした。誰かへのやさしさがある人にとってはそうでない場合もあるのだ。

  • 匿名希望さんの感想

    タイトルの『マスカレード』(確かイタリア語で仮面舞踏会という意味)が示す通り、主役以外の登場する人物達は『仮面』で素顔や目的を隠している。その分細やかな描写でその隠されたフラグやヒントを表現しているのはさすがだと思います。

    また、随所に使われているヴェネチアン美術や要素も、ホテルという『非日常』かつ『クローズド・サークル』をエレガントかつ妖しく彩っています。

1 2 3 4 5

「マスカレードホテル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×