映画:マニアック・ドライバー

「マニアック・ドライバー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– マニアック・ドライバーのあらすじ3

マニアック・ドライバーのシーン3

画像引用元:YouTube / マニアック・ドライバートレーラー映像

フジナガは想像してみました。和服の女性と自分が、刀で対決するのです。女性に勝ったフジナガは、和服の女性を吊って自由を拘束するのです。着物を脱がせて好きなようにすることを想像したフジナガは、女性と身体を重ねているところを想像してみました。

刀を交えて戦っているところもイメージしたフジナガは、女性を斬ったところを想像します。

現実世界では和服の女性は何も起こることなく、タクシーから降りて去っていきました。

自室で薬をかみ砕いて服用したフジナガは、鏡の前に立ってナイフをかざします。妻の写真を見ながら、かつて妻と幸せだったころのことを思い返しました。妻と幾度も身体を重ね、幸福を確認していたあの時代にはもう戻れないのだと気づくと、フジナガはたまらなくなります。一刻も早く生贄を手に入れて現状から抜け出したいと思ったフジナガは、タクシーに乗り込みます。

そんなフジナガに奇跡が起こります。

国会議事堂前でタクシーに手を挙げた女性は、赤いワンピースを着て杖をつき、大きなキャリーケースを持っていました。フジナガは停車して女を車に乗せると、キャリーケースをトランクへ詰めました。

瓜二つ、他人の空に、生き写し、ドッペルゲンガー…女性は、フジナガの妻にそっくりでした。この偶然にフジナガは狂喜します。キャリーケースには女性の名前と住所が書かれた札がついていました。降車時にフジナガは自分のスマホで撮影し、女がマユミという名であることと住所を知ります。女は右ひざをケガして杖をついていました。

フジナガは帰宅してからも興奮していました。バニーガールの格好をしたマユミを思い浮かべ、背後からマユミの首を締めたり、マユミにナイフで刺されたりするところを想像しました。フジナガは嬉しそうな顔で薬を服用します。

フジナガは、マユミこそが最高の生贄だと考えました。

マユミの住むマンションを見張ると、マユミに恋人の男がいることが判りました。マユミは恋人に肩を抱かれてマンションを出てくると、しばし恋人と会話して別れました。恋人は去っていき、マユミもタクシーを拾おうと手を挙げます。フジナガはそれを見て、反対車線から急いでマユミのところへ車を止めました。

マユミは、前日にもフジナガの車に乗ったと触れますが、フジナガはそ知らぬふりを装いました。マユミを車からおろしたあと、生贄にすると決意します。

家に帰ったフジナガは、鏡の前でイメージトレーニングを行ないます。鏡に口紅で米の字を描くと、ナイフの素振りをします。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マニアック・ドライバー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×