映画:ミスティックリバー

「ミスティックリバー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(8件)

ミスティック・リバーの紹介:2003年制作のアメリカ映画。デニス・ルヘインの同名ミステリー小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化。再会した幼なじみ3人の心の闇を、濃密な映像と緊張感あふれる演技で描く。

あらすじ動画

ミスティックリバーの主な出演者

ジミー・マーカム(ショーン・ペン)、デイヴ・ボイル(ティム・ロビンス)、ショーン・ディバイン(ケヴィン・ベーコン)、ホワイティ・パワーズ(ローレンス・フィッシュバーン)、セレステ・ボイル(マーシャ・ゲイ・ハーデン)、アナベス・マーカム(ローラ・リニー)

ミスティックリバーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ある事件を境に疎遠になった男3人が、25年後に再び関わりを持つように。娘を殺されたジミー、その捜査担当になったショーン、事件の夜血まみれで帰宅したデイヴ。ジミーはデイヴを疑い、殺害して川に沈める。 ②デイヴは25年前に性被害に遭遇しており、事件当夜少年にいたずらする男を殺害。真犯人は娘の駆け落ち相手の弟と友人。ショーンは全て見抜きジミーに判断を任せた。

【起】– ミスティックリバーのあらすじ1

ミスティックリバーのシーン1

画像引用元:YouTube / ミスティックリバートレーラー映像

(ミスティック・リバーとはマサチューセッツ州に流れる川の名前)

1977年。アメリカ・マサチューセッツ州ボストン。

ボストンの小さな町イースト・バッキンガム地区に、3人の少年がいました。

3人の少年、ジミーとデイヴとショーンは仲良しの11歳で、いつも一緒に遊んでいます。

野球などもしましたが、その日はホッケーで遊んでいました。ボールが排水溝に入ってしまい、することがなくなった3人は車道わきの道路に座ります。

すぐ近くに、セメント塗りたての場所がありました。それを見つけると、ジミーとショーンがまだ固まってないセメントに、棒きれで自分の名前の文字を刻みます。

続けてデイヴが書きかけた時、背広を着た中年男性が声をかけてきました。男性は3人のいたずらを注意します。

男性が警察バッジを持っていたので、3人は警官だと信じ込みました。問われるまま、ジミーは家がこのお向かいだと言い、ショーンはあそこ(すぐ近く)だと言い、デイヴはレスター通り(少し離れた場所)だと答えます。

すると男性は母親に注意をすると言って、デイヴを車に乗せました。車の助手席には老人の男性が乗っています。

連れ去られるデイヴを、ジミーとショーンは見送ることしかできませんでした。

セメントには書きかけの「DA」だけが残されています。本当ならば「DAVE」となったはずでした。

直後、ジミーとショーンが近所にいた大人の住民に報告すると、おかしいと大人たちは言い出します。

警察バッジはにせもので、男も偽警官でした。しかしジミーとショーンは11歳なので、区別がつかなくても責められません。

デイヴはそのまま誘拐され、4日間森の中の小屋の地下に監禁されました。中年男性と老人男性から、繰り返し性的暴行を受けます。

監視の目を盗んで逃げ出したデイヴは保護され、聴取を受けました。

デイヴは自宅で大人たちに囲まれ、ジミーとショーンは会うことができません。2階の窓から見えるデイヴに手で合図をするくらいです。

その後、犯人・ヘンリーとジョージは逮捕されました。1人は逮捕時に死に、1人は獄中で首を吊って自殺します。

この事件がきっかけで、3人の少年はなんとなく疎遠になってしまいました。

同じ町に住みながら、もう3人で遊ぶことはなくなります…。

25年後。2002年、現在。

11歳だった3人の少年は、36歳の中年男性になっています。

25年の間にデイヴはセレステという女性と結婚し、マイケルという幼い息子の父となっています。

ジミーはいろいろありました。18歳の時に妻・マリータとの間にケイティという娘を設けましたが、マリータはその後、ガンで亡くなります。

現在は後妻のアナベスと結婚し、アナベスとの間に2人の娘・ナディーンとサラができました。ジミーは3人の娘の父親となっています。

ジミーの後妻・アナベスは、デイヴの妻・セレステと従姉妹です。

ジミーは現在『コテージ・マーケット』という雑貨店の店主をしていますが、過去には悪い仲間とつるんで強盗をし、服役したこともありました。

悪事から足を洗い、今は地道に働いています。

ショーンは地元の警官となり、殺人課に所属していました。ローレンという身重の妻がいましたが、ローレンはショーンと喧嘩して家を出ています。

携帯電話に時折かかる公衆電話からの無言電話を、ショーンは妻のローレンからだと思っていました。

ある日、ジミーの長女・ケイティが女友達のイブやダイアンと、遊びに出かけます。

しかしそのままケイティは戻ってきませんでした。父のジミーは次女・ナディーンの初聖体(キリスト教の儀式)で忙しく、気付きませんでした。

その日の夜、デイヴは酒場で友人と呑み、その店でケイティが女友達とカウンターで踊っているのを目撃します。

デイヴは午前1時前にその店を出ました。帰宅したのは午前3時で、デイヴが血まみれなのを迎えた妻・セレステが目撃します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミスティックリバー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ