映画:ミュージアム

「ミュージアム」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ミュージアムの紹介:巴亮介による人気コミック「ミュージアム」の映画化作品で、雨合羽にカエルマスクの”カエル男”による連続猟奇殺人事件を追う敏腕刑事沢村が、妻子をさらわれ彼自身を”殺人ミュージアム”の”作品”にしようと企てる犯人と死闘を繰り広げる、2016年公開のサスペンス映画。監督/脚本は「ハゲタカ」「るろうに剣心」シリーズで知られる大友啓史。共同脚本は「ソラニン」の高橋泉、「るろうに剣心」の藤井清美。特殊メイク/造形デザインは「不安の種」「貞子vs伽椰子」の百武朋。主演は「岳-ガク-」の小栗旬。

あらすじ動画

ミュージアムの主な出演者

沢村刑事(小栗旬)、その妻遥(尾野真千子)、その息子将太(五十嵐陽向)、カエル男(霧島早苗/妻夫木聡)、西野刑事(野村周平)、関端刑事(松重豊)、菅原刑事(丸山智己)、秋山佳代(田畑智子)、橘幹絵(市川実日子)、岡部課長(伊武雅刀)など。

ミュージアムのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

雨の日に発生するカエルマスクに雨合羽の容疑者”カエル男”による連続猟奇事件を追う敏腕刑事沢村。しかしその犠牲者が、3年前の”幼女樹脂詰め殺人事件”の裁判員だった事から、その裁判で死刑判決を受け自殺した犯人大橋の復讐と睨んだ捜査陣は、その裁判員の1人が沢村の妻遥だった事から彼を捜査から外す。やがて”カエル男”が沢村の前に現れ、自らを”表現者”と呼び自作である”~樹脂詰め殺人”を誤審した裁判員を”作品”にした事を告白し、その目前で沢村の相棒西野刑事を殺害、家出していた妻子を誘拐して彼を煽り、沢村一家を”作品”にしようと企てる。が、犯人は数十年前の未解決事件”資産家夫婦バラバラ殺人事件”の遺児、光線過敏症の霧島早苗と判明、その姉で医師の幹絵が庇おうとするも、沢村は妻子が監禁された霧島のアジト霧島邸に潜入、激しいバトルの末妻子を救出、警官隊に追いつめられた霧島は太陽光の下に逃げ発作で自滅する。

【起】– ミュージアムのあらすじ1

リビングのソファで寝ていた刑事の沢村久志は署からの携帯の着信音で目覚めます。部屋にはゴミや子供の玩具が散らかっていますが妻子はいません。

彼は、どしゃ降りの雨の中、工事中で立ち入り禁止のトンネルの入口で嘔吐する部下で相棒の西野純一に声を掛け奥へと入って行きますが、檻では凶器だという大型犬が吠え続け、両手を広げて跪く形に縛られ体中を無惨に喰いちぎられた被害者を見て納得します。

ベテラン刑事関端浩三は、死後1日、犯人は被害者を生きたまま鎖に繋ぎ大型犬3匹をけしかけ立ち去り遺留品も無いと言い、聞き込みでは、雨合羽の人物の目撃証言が浮かびます。帰りの車で西野は沢村の不眠を案じ、いい加減現場に慣れろと言われます。

また、犬の吐瀉物から”ドッグフードの刑”と書かれたメモが発見され、沢村は捜査本部の岡部課長に強い恨みによる私的制裁だと言いますが、勝手な事件像をつくるなと往なされます。

被害者は、3日前捜索願が出ていた26歳アパレル勤務の上原あけ美と判明、沢村は1週間前に同棲し始めたばかりだと泣き崩れる交際相手に、犬に思い当る事は無いかと聞きます。

また、とあるマンションの一室では、ニートでオタクの息子が夜勤に出る母親に毒づき、用意されたおでんを食べようとしたところ、玄関のチャイムがしつこく鳴りドアの鍵が開けられ、自室に潜んでいたカエルマスクの男に拉致られます。

どしゃ降りの雨の中、荒れ地の廃倉庫では、ラップで椅子に縛りつけられた息子が呻き、その後ろには計量器に載ったおでん鍋があります。カエル男は、君の生活をずっと覗いていたよと言い「堤優一28歳、幼い頃父親を亡くし母親と2人暮らしだが、働きもせず親の脛を齧り食う寝る遊ぶを繰り返し…」と罪状を述べ、メモに書いた”母の痛みを知りましょうの刑”を求刑し執行すると言います。優一は必死で暴れますが、カエル男は「生まれた瞬間を思い出せ!」と言い糸鋸を挽き始めます。

遺体は翌日発見され、母親から特異家出人として捜索願が出ていたためすぐ身元が判明、物証も多く、関端は明確な殺意があると分析します。沢村はメモとおでん鍋に切り取られた肉片の重さから本人の出生体重だと気づきます。

沢村は西野と大テーブルの食堂で食事中、事件はパズルと同じで、積み上げて行けば自ずと浮かび上がる、食って体力をつけるのも仕事のうちだと話し、客に水差しを取ってと頼みます。すると向かいの席の男が「お注ぎしましょうか?」と言い注いでくれますが、沢村は男の汚れた左手親指の絆創膏を見て、西野の頬をつねって殺害状況を再現し、頬肉を切られる時被害者が噛みつき、犯人は左手親指に傷を負ったはずと言うや、水を注いだ男が消えている事に気づき飛び出します。けれど男は消え、確証もありませんでした。

沢村は喫煙室の物置でうたた寝するうち、妻の遥に息子の将太の誕生日を忘れた事をなじられる悪夢で目覚めますが、そこには関端がいて、あけ美の殺害理由が犬アレルギーの恋人と同棲するため、飼い犬を保健所にやった事だとは考えにくいと言い、沢村も2人には他に接点があったはず、犯人は死体を見せたがってると話し、快楽犯や殺人マニアなら連続性が高いと話します。

捜査本部では、犯人が雨天に犯行を繰り返すのは注意力が散漫になるためで、雨合羽を着ている共通点が取り沙汰されますが、そこに西野が被害者は共に3年前に発生した”幼女樹脂詰め殺人事件”の裁判員だった!と飛び込んできます。

それを聞いた沢村は動揺し、遥の携帯を呼びますが繋がりません。遥はその裁判員の1人で、2週間前将太と家を出たため居場所がわからないと言うのです。関端は捜査員たちに至急2人を探し出し保護するよう命じます。

”幼女樹脂詰め殺人事件”とは、ウレタン工場勤務の被告人大橋茂が幼女を殺害、遺体をクリスタルレジンで固め自宅前に置き去りにした猟奇殺人事件で、大橋の自供により逮捕、マスコミはその猟奇性を書き立て、弁護人は無罪を主張したが裁判員裁判の判決は死刑、措置入院となるものの持病の精神疾患が悪化、警察病院内で自殺を遂げた事件でした。

その時すでに、事件を担当した裁判官小泉勤が行方不明になっており、豪邸の自宅には宅配便を名乗る怪しい男が現れ大きな段ボール箱を置いて行きます。品名欄には”均等の愛の刑”と書かれていました。また、同時にホステス今森由希の高級クラブにも同じ品名のダンボールが届きます。それはどちらも小泉勤の縦半分にされた遺体で、今森由希は彼の愛人でした。

警視庁には捜査本部が置かれ、岡野課長の指揮下で大規模捜査が始まります。犯人の目的は大橋茂の死刑を主張した裁判員と裁判官への報復とされ、保護対象となるのは裁判長石野吉松、裁判官瀬戸内綾子、生花店経営佐藤義彦、アルバイト中田長治、占いの館経営真矢恒彦、そして沢村の妻で専業主婦の遥で、捜査陣へもその件は知らされ、沢村は捜査から外されます。

早速裁判官瀬戸内綾子のマンションに向かった山形らは、遺体発見の知らせを受け冷凍倉庫へと向かいます。美容整形の噂があった彼女は全裸で微笑んだまま凍らされ、整形部分のカルテが晒され”ずっと美しくの刑”、また真矢恒彦は経営する占いの館内で口に無数の針を刺されて死亡、”針千本飲ますの刑”のメモが貼られていました。

荒れていた沢村は先輩刑事菅原たちに往なされ、2週間前の事を思い出します。遥が家を出ると言い出したその日、たいして動揺もせず引き留める彼に、彼女は「あなたは刑事としては優秀かもしれないけど、父親としては最低よ」と言い去ったのです。彼は独断で妻の友人秋山佳代の勤務先の介護施設に向かいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ミュージアム」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×