映画:ユージュアル・サスペクツ

「ユージュアル・サスペクツ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

サスペンス映画

ブライアン・シンガー監督が放つ、珠玉のサスペンス。密輸船爆破襲撃により消えた大量のコカインと現金。事件の生存者キントが語った、大物ギャング ソゼとは誰か?秀逸なストーリー構成そしてケヴィン・スペンシーの怪演でアカデミー助演男優賞、オリジナル脚本賞ほか、数々の映画賞を受賞しました。

あらすじ動画

ユージュアル・サスペクツの主な出演者

ディーン・キートン(ガブリエル・バーン)、ヴァーバル・キント(ケヴィン・スペイシー)、マイケル・マクマナス(スティーヴン・ボールドウィン)、トッド・ホックニー(ケヴィン・ポラック)、フレッド・フェンスター(ベニチオ・デル・トロ)、デヴィット・クイヤン捜査官(チャズ・パルミンテリ)、コバヤシ(ピート・ポスルスウェイト)、イーディ・フィネラン(スージー・エイミス)、ジャック・ベアFBI捜査官(ジャンカルロ・エスポジート)、ジェフ・ラビン巡査部長(ダン・ヘダヤ)、レッドフット(ピーター・グリーン)、ハンガリー語の通訳(ケン・ダリー)、カイザー・ソゼ(スコット・B・モーガン)

ユージュアル・サスペクツのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①6週間前に銃を積んだ車を襲った容疑者が5人揃えられた。「常連の容疑者たち(ユージュアル・サスペクツ)」はそこで宝石強奪の話をし実行に移す。計画は成功。しかし次の作戦で失敗する。 ②5人の男は裏世界の超大物カイザー・ソゼに脅されて、サンペドロ港の船内で行なわれるコカイン取引を邪魔するよう指示された。結果、大惨事となりキントともう1人以外死ぬ。 ③関税局のクイヤン捜査官はキートン生存を信じていた。しかしキートンは一介の犯罪者に過ぎず、無傷で生き残ったキントこそがカイザー・ソゼであった。

【起】– ユージュアル・サスペクツのあらすじ1

ユージュアル・サスペクツのシーン1

画像引用元:YouTube / ユージュアル・サスペクツトレーラー映像

(この映画は「現在」と、「キントが証言した、6週間前から現在に至るまでの、過去に起きた出来事」を交互に見せるスタイルを取っています)

アメリカ、カリフォルニア州・サンペドロ。昨夜。

湊に停泊中の船が、爆発炎上する事件が起きました。

焦げた死体は15体見つかり、まだ海中にも残っています。27人が桟橋で死に、9100万ドルが消えました。

当初、これはコカインの取引の最中に、別の組織が奪おうと現れて戦いになったものと思われます。

しかし関税局の特別捜査官デヴィット・クイヤンは不審に思い、FBI(アメリカ連邦捜査局)のジャック・ベア捜査官に連絡を取りました。

サンペドロ警察のレイビン刑事は、生存者は2名で1人は重傷を負うハンガリー人アーコッシュ・コバッシュで、もう1人は無傷の障害者だと言います。

クイヤン捜査官は無傷の障害者を尋問します。彼はヴァーバル・キントと言い、足をひきずっていました。

キントは「発端は6週間前のニューヨークで、銃を積んだトラックのハイジャックだ」と言います…。

…ニューヨーク、6週間前。

銃を積んだトラックがハイジャックされました。そのトラックの運転手は、犯人たちの顔は見ないで声を聞いただけです。

容疑者として挙げられたのは、5人の男たちでした。5人は面通しで並べられ、写真を撮られました。

・マイケル・マクマナス…盗みのプロ、腕前はよい

・フレッド・フェンスター…マクマナスと組んで仕事をする

・トッド・ホックニー…爆薬のプロ

・ディーン・キートン…元刑事、汚職で退職した

・ヴァーバル・キント…詐欺罪で逮捕歴あり、郡刑務所服役でキートンと一緒だった

ニューヨーク市警とアメリカ関税局が組んで捜査を行ないますが、5人の「常連の容疑者たち(ユージュアル・サスペクツ)」の目玉はキートンでした。

拘置所に移された5人は一堂に会しますが、「面通しはやばい」とキートンは警戒します。

どうせ出会った悪人同士だから一緒に仕事をしないかと、マクマナスとフェンスターのコンビは、ある犯罪にホックニーを誘いました。ホックニーは乗り、キントとキートンにも打診が来ます。

その犯罪とは南米の運び屋が密輸するエメラルドの宝石を横取りするもので、最低5人の頭数が必要でした。

キートンは既に引退し、現在はイーディという女性弁護士と一緒に「真面目な暮らし」をしようとしているところです。しかし他の4人におされる形で宝石強盗の仲間に入りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ユージュアル・サスペクツ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×