映画:ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルの紹介:名匠アラン・パーカー監督が、死刑反対という意見をあくまでエンターテイメントとして発表した作品。とある大学の哲学科の人気教授デビッド・ゲイルがとある事件で死刑囚となっている。死刑執行までの三日間、女性ジャーナリストに全てを語る。至極のサスペンスドラマ。

あらすじ動画

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルの主な出演者

デビッド・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)、ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)、コンスタンス(ローラ・リニー)、ザック(ガブリエル・マン)

ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのネタバレあらすじ

【起】– ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのあらすじ1

デビッドは優秀な成績で大学を卒業し、哲学科の大学教授として勤めていた。

人気講師であった彼はとある事件の犯人として、今は死刑囚として刑務所で過ごしている。

死刑執行までの三日間、一日二時間彼の話を聞き、手記を書いて欲しいと女性記者ビッツィーを指名してくるビッツィーは助手と共に刑務所に向かう。

その道中、ビッツィーたちの車を尾行する一大のトラックがあった。

一日目、デビッドは教授時代の話しを話し始めた

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×