「ランスルーザナイト」のネタバレあらすじと結末の感想

ラン・スルー・ザ・ナイトの紹介:2016年制作のロシア映画。画家の恋人を殺され、殺人犯として指名手配された美女の逃亡劇を描いている。美術界の偽りと陰謀が渦巻くサスペンスアクション。

予告動画

ランスルーザナイトの主な出演者

アレクサンドラ「サーシャ」(アンナ・チポフスカヤ)、アンドレイ(ピョートル・フョードロフ)、ヴォルコフ中佐(コンスタンティン・ユシュケヴィッチ)、ミーシャ(イリヤ・ルビモフ)、コワリョフ(アレクセイ・バラバシュ)、スレドヴァテル(アナトリー・ビェリー)、ナタリヤ(ルドミーラ・チュルシナ)、タマラ(イフゲニア・マラフーヴァ)、ズーエフ(アレクサンドル・ヤツェンコ)

ランスルーザナイトのネタバレあらすじ

【起】- ランスルーザナイトのあらすじ1

美術商のコワリョフは、オークションに参加して、無名の画家の作品を安い金額で購入します。主催者側は、なぜ購入するのか疑問に思いますが、金を持っていることから、深くは考えないことにします。
フリーの写真家のサーシャには、もうじき同棲をしようと約束した恋人・アンドレイがいました。アンドレイは大学院に通う有名な画家で、彼が描く絵には特殊なものがありました。
サーシャは以前、記者として働いていましたが、ある事件によって、上司ともめて辞めました。サーシャが書いた記事で、市長に立候補した人物が死んでしまったのです。
この記事は、ライバル側のねつ造と分かり、訂正文を書こうとしたサーシャでしたが、上司に止められてしまいました。
ある夜、サーシャはアンドレイに電話をしますが、一向に出てくれず、家までタクシーで行くことにします。タクシーのラジオでは、100万ドルもする19世紀の絵が、ロシアからアメリカに贈られたと報じられていました。
対向車が来たので、細い道であることから、サーシャは降りて歩くことにします。すれ違った男の顔を見たサーシャでした。
アンドレイの家には、頭を撃ち抜かれ、殺されているアンドレイの姿がありました。
警察に事情を説明するサーシャは、すれ違った犯人の顔を見ていると話しますが、後から現場を訪ねてきた男がすれ違った男であることから、気づかれないように窓から出て逃げます。
電話がかかってきて、サーシャが出ると、助けたいのだと男が言ってきます。サーシャは信用できず、携帯を投げ捨てます。

【承】- ランスルーザナイトのあらすじ2

サーシャは、パソコンを使って、アンドレイが最後に送ってきたメールを開きます。そこには、アンドレイが描いていた絵の写真があり、プリントアウトしておきます。
友人のミーシャを頼ることにしますが、彼は仕事で離れるため、サーシャは隠れておくようにと指示されます。サーシャは指名手配されていました。
もう一度、サーシャはアンドレイの自宅に行きます。そこで彼が描いていた、プリントアウトした絵と似た模様の絵を撮影します。
この3枚の絵をプリントアウトして組み合わせると、QRコードに似ていることに気づきます。読み取ると、サイトにアクセスができます。このサイトには、いくつもの絵が載せられていました。
サーシャは、先生に会いに行って、絵について聞きます。ある絵は、作風がデンマーク人の画家、ペーターセンに似ていると分かります。
ペーターセンは良い画家でしたが、偉大な作家ではないことから、高額な値はつきませんでした。
サーシャは、2年前に絶縁したタマラの家に行って、かくまってもらいます。悪ぶってるタマラでしたが、実は良い人なのです。
サーシャは、アンドレイの友人で画家のズーエフに会いに行きます。ズーエフは、アンドレイの死が信じられませんでした。実は彼はアンドレイと共に、フィリポヴィッチの下で仕事をしていました。
サーシャは、すれ違った男がやってくるのを見て、急いで隠れます。ズーエフは彼に射殺されてしまいます。
サーシャはフィリポヴィッチ教授と会ったことを思い出し、大学に会いに行きますが、別荘に行っていると言われます。レポートで用だと言うと、別荘の住所を教えてもらえます。

【転】- ランスルーザナイトのあらすじ3

別荘に向かったサーシャでしたが、フィリポヴィッチ教授は首吊り自殺に見せかけられ、殺されていました。サーシャは警察に通報だけして、その場から離れることにします。
コワリョフが横転した車で死んだことことから、ヴォルコフ中佐はなぜ情報が漏れたのかと、部下に聞きます。長官が現れ、上から圧力がかかっていることから、寝る間も惜しんで真相を解明するように指示してきます。
サーシャは、アンドレイが絵を修復していることを思い出します。もう一度サイトにアクセスして、絵を見てみます。
ペーターセンの絵に、多少人物を付け加えた絵がありました。ペーターセンの絵は5000ユーロほどでしたが、付け加えた絵は100万近くで売られています。他にも背景がそっくりな絵がありました。
つまりアンドレイが少しの修正をしたことで、価値が何十倍もの絵に変わっていたのです。
コワリョフは、絵の品質を保証するために、有名なクリストフォロフ博士に鑑定を依頼していました。サーシャは彼のオフィスに向かいます。
クリストフォロフ博士は、フィリポヴィッチ教授と仲が良く、鑑定を依頼されていました。高い専門性をもつクリストフォロフ博士でも、絵の違いが見抜けませんでした。
実際に、フィリポヴィッチ教授に頼まれた作品を調べてみると、偽物だと判明します。クリストフォロフ博士は落胆します。
サーシャは、タマラの家の駐車場に帰ってきます。すると彼女から電話がかかってきます。タマラは逃げてと最後に言い残し、撃ち殺されます。
待ち伏せていたヴォルコフ中佐らは、サーシャを車で追いかけますが、トラックにぶつかってしまいます。
サーシャはミーシャと頻繁に連絡をとっており、駅で落ち合う約束でした。駅のホームで、サーシャはミーシャに向かって歩いていきます。その後ろをすれ違った男・マシュコフがついていき、銃を取り出します。
しかしマシュコフは、ヴォルコフ中佐らを見かけて、銃をしまって離れます。

【結】- ランスルーザナイトのあらすじ4

サーシャはミーシャと再会できますが、ヴォルコフ中佐らに捕まり、FSB(ロシア連邦保安庁)まで連行されます。ここの地下にはヒトラーの歯がありました。
最初に助けたいと電話してきたのはヴォルコフ中佐でした。サーシャは知っている情報を全て話します。
コワリョフがオークションで安く買い取った無名の絵を、アンドレイとズーエフが修正しサインを偽造します。
コワリョフは、クリストフォロフ博士から、高値で売るために、鑑定書を金で買っていました。
なぜこのビジネスを手放したのかと言うと、政府が買ってしまったからです。ラジオで流れていたアメリカに贈られた絵は偽物だったのです。これが判明すれば、国際的なスキャンダルとなるため、何者かが隠蔽しようとしたのです。
聞いた長官はアメリカに連絡を入れるように指示します。
ヴォルコフ中佐は、部下を護衛につけて、サーシャとミーシャを家に帰します。
その後、ヴォルコフ中佐は、部下のマシュコフ少佐を呼び、予定どおりかと聞きます。
自宅に帰ったサーシャは、お湯を沸かします。
マシュコフ少佐は、ヴォルコフ中佐から連絡を受けて、自分が知らないはずの絵も一緒に持ち帰ると言ってしまいます。
ヴォルコフ中佐は、なぜ知っているのか疑問に思い、出動します。
マシュコフは護衛を殺し、サーシャに襲い掛かります。サーシャは殺されかけますが、沸かしていたお湯をポットごとぶつけて応戦します。
熱くて叫ぶマシュコフは銃を落とし、拾ったサーシャは彼を撃ちます。
そして次に現れたのはミーシャで、サーシャは安心しますが、実は彼もグルでした。マシュコフやアンドレイらと手を組んでおり、瀕死のマシュコフを始末します。
そしてサーシャも殺されそうになった瞬間、ミーシャは頭を撃たれて倒れます。気づいたヴォルコフ中佐が駆けつけてくれました。
サーシャは、パトカーのラジオで、アメリカに贈られた絵が盗まれたと聞きます。
この盗難事件を受けて、ホワイトハウスは、対露関係への影響について、懸念を表明しました。一方、ロシア大統領は絵の損失に遺憾の意を表明します。
犯罪は世界共通の問題であり、政府は理解を示します。次回のアメリカ大統領のモスクワ訪問の時に、何が贈られるのか注目です。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、黒幕が誰なのか謎が続いていき、最後に切り返しが数度起こるのが見所です。
実はマシュコフがヴォルコフ中佐の指示ではなく、別の指示で動いており、ミーシャとグルであると最後に分かります。
マシュコフが少佐であると分からせておいて、ヴォルコフ中佐が黒幕と見せかける演出など、よく練られたストーリーとなっており、サスペンス好きな方は楽しめます。
主演のアンナ・チポフスカヤが美人なこともあり、タイプな男性はさらに楽しめるかと思います。
また、絵がテーマの映画なことから、様々な絵が登場します。芸術的な絵の数々に、つい犯人が誰なのか忘れてしまい、さらに謎が深まって、もう一度巻き戻して見てしまいます。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ランスルーザナイト」の商品はこちら