「レジェンド 狂気の美学」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

2015年公開のイギリス映画。実在した1960年代のギャングのリーダークレイ兄弟を主人公としている。監督は「LAコンフィデンシャル」などの脚本を手掛けたブライアン・ヘルゲランド。今作の脚本も手掛けている。主演のクレイ兄弟をトム・ハーディが一人で二役を努めた。共演にエミリー・ブラウニング、タロン・エガートン他。   ロンドンの裏社会。双子のギャングのクレイ兄弟。兄は怜悧でスマートな切れ者なのに対して、弟は体が大きく精神安定剤が手放せない変わり者。ある日兄のレジーは手下のフランキーの妹フランシスと出会い、恋に落ちる。フランシスの為にも堅気を目指そうとするレジーだが、ことごとく弟のロナルドに邪魔をされる。どうしても切れない双子の繋がりに苛立つレジーだが、二人の策略はうまく運び、ついに裏社会の頂点へと君臨する。

あらすじ動画

レジェンド 狂気の美学の主な出演者

レジナルド・”レジー”・クレイ(トム・ハーディ)、ロナルド・”ロン”・クレイ(トム・ハーディ)、フランシス・シェイ(エミリー・ブラウニング)、レオナルド・”ニッパー”・リード( クリストファー・エクルストン)、レズリー・ペイン(デヴィッド・シューリス)、エドワード・”マッド・テディ”・スミス(タロン・エガートン)、チャーリー・リチャードソン(ポール・ベタニー)、フランキー・シェイ(コリン・モーガン)、シェイ夫人(タラ・フィッツジェラルド)他。

レジェンド 狂気の美学のネタバレあらすじ

【起】– レジェンド 狂気の美学のあらすじ1

レジェンド 狂気の美学のシーン1

画像引用元:YouTube / レジェンド 狂気の美学トレーラー映像

1900年代ロンドン。人々はクレイ兄弟を、恐れて酒場では彼らの話題で持ちきりだった。でも私は彼らの真実を知っている。車に乗っているクレイ兄弟。双子で街を支配するギャングの帝王。メガネを掛けたロナルド・クレイは凶暴で、残忍非道な変わり者。レジーは勇敢で戦いを恐れない男だ。

レジーは自分たちを常に見張っている警官にミルクティーを持ってきてからかっている。レジーは寝坊したフランクを起こしにいくと車を断り歩き始める。街を歩き、人々に声をかけ忘れ物を渡したりと人気がある様子。後ろから車でついて来ている警察官も、イーストエンドの連中は、警官には口をつぐむがギャングには口を開く、全く信じられんと苦々しい。

レジーがフランクの家の扉を叩くと妹のフランシスが出てくる。お互いに気に入った様子で見つめ合っている。土曜日の誘いを取り付けていると、フランシスの母親が現れて家の中の片付けをする様に言い中に追いやる。

フランクに次寝坊したら首だと言いながら、フランシスについて尋ねるレジー。

車を止めて後ろの警官に向かって5分だと言って路地裏に姿を消すレジー達。車を降りて来たニッパー・リードは、クレイを追う警官だが追跡が下手ですぐに逃げられてしまう。ロナルドは傷害罪で3年の懲役を求刑されたが、刑期の終了前に精神病院へ送還されている。レジー達への話も支離滅裂。精神科医を丸め込んでロナルドを退院させるが、精神科医は必ず安定剤を毎日飲むようにとレジーにきつくいい聞かす。

フランシスを連れて自分がオーナーのクラブにやってくるレジー。知り合いだらけで、かつ、いい客層のお店でフランシスも楽しそうにしている。すると急ぎの用事だとレジーは呼び出される。呼ばれた席に行くと覚醒剤の販売を任せている男が売上をはねていたと言う報告。フランシスを待たせていることで落ち着かないレジーは明日全額戻せ、それで解決だと終わらせるが、去り際に顔面に一発入れていく。

フランシスには自分はギャングではなく成功しているクラブオーナーだと話すレジー。フランシスは積極的にレジーにキスをする。

林に住んでいるロナルドへフランシスを紹介するために連れて行くレジー。ロナルドと会い話しているフランシス。家からは男が一人出て来て、ロナルドは自分が同性愛者だとフランシスに言う。

クレイと敵対するのが南ロンドンのリチャードソン。

レモンソルベ味の飴を買って歩いているとリチャードソン達の車に轢かれるレジー。すると今度はリチャードソン達がご飯を食べている店に車が突っ込む。

報復のために、クレイ兄弟を自分たちのナワバリに誘い込むリチャードソンの手下達だが、二人に散々にやられてしまい、クレイに軍配があがる。更に警察官達もリチャードソン達に向けてゴールをする(逮捕)敵のいないロンドンはクレイのものになった。

レズリー・ペインは外部との交渉役でレジーは能力を勝っていたが、ロナルドは違った。ペインのやり方がギャングらしくないから気に入らないらしく、ペインの言った『私たち』という一言にもつっかかり、お前の苗字はクレイか?と問いかける。ロナルドのせいで不穏な空気になってしまう。

ラスベガスでカジノを展開しているランスキーの欧州進出の話を受けているクレイ兄弟。下働きは、ごめんだと五分五分の分け前を要求し、円満に交渉は終わる。ここでもロナルドはゲイだということを公表している。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「レジェンド 狂気の美学」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×