映画:レッドスパロー

「レッドスパロー」のネタバレあらすじと結末

レッド・スパローの紹介:2018年にアメリカで製作されたスパイ・スリラー。「ハンガー・ゲーム」シリーズでもコンビを組んだフランシス・ローレンスとジェニファー・ローレンスが監督と主演をそれぞれ務めた。元CIA諜報員のジェイソン・マシューズによる同名小説を映画化した作品で、元バレリーナがロシア諜報員として生き抜いていく様を描いていく。

あらすじ動画

レッドスパローの主な出演者

ドミニカ・エゴロワ(ジェニファー・ローレンス)、ネイト・ナッシュ(ジョエル・エドガートン)、ワーニャ・エゴロフ(マティアス・スーナールツ)、監督官(シャーロット・ランプリング)、コルチノイ(ジェレミー・アイアンズ)

レッドスパローのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- レッドスパローのあらすじ1

レッドスパローのシーン1 舞台はロシアの首都モスクワ。物語の主人公ドミニカは名門ボリショイ劇場のプリマで、その美しさは政府の高官をも魅了していました。しかし、そんなある日、彼女のキャリアは突然終わりを迎えました。本番の舞台中に相手役のコンスタンティンが着地をミスしたことが原因で、ドミニカは左足に重傷を負ってしまったのです。復帰は絶望的となり、ドミニカはこれまで享受してきた豊かな生活を諦めなくてはならない状況に追い詰められてしまいます。ドミニカが最も気がかりだったのは、病を抱える母のことでした。

ボリショイ劇場所有のマンションからの立ち退きが近づく中、ドミニカは叔父のワーニャの訪問を受けました。ロシア情報庁高官のワーニャは困窮するドミニカの力になると語り、一台のレコーダーを手渡してきました。ドミニカは一人でレコーダーの内容を確認すると、そこには恐ろしい会話が録音されていました。それはコンスタンティンと、現在ドミニカに代わりプリマに抜擢されたソーニャの会話でした。ドミニカを襲った不幸な事故は二人が仕組んだものだった…レコーダーの二人の会話から、ドミニカは真実に気づいてしまいます。

その後、ドミニカはボリショイ劇場へ行き、女子更衣室で行為に及ぶコンスタンティンとソーニャの姿を目撃しました。怒りに駆られたドミニカは自らの松葉杖で二人を襲い、二人が気絶するまで殴り続けました。

その後、ボリショイは正式にドミニカとの契約を切り、ドミニカは苦渋の決断の末に母のためにワーニャの話に乗ることを決めます。早速ワーニャはドミニカにある仕事を依頼しました。それは、ロシア政府高官のウスチノフを誘惑し、その間にウスチノフのスマホをすり替えるというものでした。

ワーニャに指定されたホテルに行くと、ウスチノフはすぐにドミニカに接近してきました。ドミニカは緊張しながらもウスチノフを部屋に誘い、スマホすり替えの機会を伺いますが、ウスチノフは欲望に耐えきれずドミニカをレイプし始めてしまいます。ドミニカが力で押さえつけられて恐怖に怯える中、突然黒ずくめの男が部屋に侵入し、ウスチノフを絞め殺しました。男の名前はマトーリン、ロシア情報庁の凄腕の殺し屋でした。

ドミニカは訳もわからずマトーリンとともにホテルから脱出し、とある政府所有の施設にたどり着きました。ドミニカは恐怖で震える中、そこにワーニャが現れました。ドミニカは危険な計画に巻き込んだことを批判しますが、ワーニャはこのまま協力し続けることを求めてきました。さもなれば、ウスチノフ暗殺を知るドミニカも消さなければならないというのです。選択肢を奪われたドミニカは、ワーニャが望むままにスパイ養成所へと向かうのでした。

養成所では、監察官と呼ばれる初老の女性がドミニカらスパイ志望の若者に教育を行っていまし。監察官はスパイをスパローと呼び、相手の心を操り、体を満足させる術をドミニカたちに叩き込みました。ドミニカはこの養成所を娼婦養成所としか思えず、拒否感を示していました。しかし、皮肉なことにドミニカは優秀な成績を修め、誰よりも人の心を読むのに長けていました。

そんなある日、ドミニカはシャワーを浴びている最中にヴィクトルという名の同期生に突然襲われてしまいました。しかし、ドミニカは反撃し、逆にヴィクトルにひどい怪我を負わせました。この件は大事になり、ワーニャの上司であるコルチノイがドミニカに注目するきっかけとなりました。このとき、ロシア情報庁は庁内に潜むアメリカの内通者の存在を知り、内通者の正体をつかむために優秀なスパローを求めていました。コルチノイはその重要な役にドミニカを検討し、本人と面談の場を持ちました。

その後、さらに技量を見極めるため、監察官はドミニカにある課題を出しました。同期生が見守る中、ヴィクトルを満たせと指示したのです。ドミニカは迷うことなく全裸になり、ヴィクトルを挑発しました。しかし、ヴィクトルはそんなドミニカの迫力に負け、うまく勃たせることができません。結局、ヴィクトルは悔しげにその場を去り、ドミニカは「力よ、彼の望みは」とヴィクトルの心を鋭く分析してみせるのでした。この様子を別室で見ていたコルチノイはドミニカの起用を決定し、ただちにドミニカはブタペストに送られることが決まりました。

【承】- レッドスパローのあらすじ2

レッドスパローのシーン2 出発の直前、ワーニャはドミニカを呼び出し、偽造パスポートやIDを引き渡しました。ドミニカはワーニャの仕打ちに今も怒っていましたが、ワーニャはドミニカがスパローとしての才能を開花させたことを喜んでいました。「君は私と同じく人の本質を見抜く才能がある。そして一歩先を行く」…そう得意げに語るワーニャをドミニカは空虚な表情で見つめるのでした。

ドミニカのブタペストでの任務は、内通者と取引をしているCIA捜査官ネイトを誘惑し、内通者の名前を聞き出すことでした。ブタペスト入りしたドミニカは早速ネイトが通うスポーツジムに登録しますが、このとき、ドミニカは偽名ではなくあえて本名で会員証を発行しました。ネイトはすぐに美しいドミニカに目を奪われますが、彼女の素性調査も怠りませんでした。ネイトはスポーツジムの会員証を盗み、すぐにドミニカがロシア情報庁高官であるワーニャの姪であることをつかみました。CIAの上司がドミニカのハニートラップを警戒する中、ネイトはドミニカの出現をロシアの機密情報を得る好機ととらえていました。

その後、ネイトはドミニカに接近し、素直に自らの素性を告白し、ドミニカについても調べ上げていることを明かしました。ドミニカもまた母のために働いていると明かし、二人はお互いが諜報員と知りながら交流する奇妙な関係を築いていきました。

そんなある日、ドミニカはネイトにある質問を尋ねました。それは、数ヶ月前のネイトのロシアでのある行為でした。当時、ネイトはロシアで活動していましたが、内通者と接触した際、警察に見つかってしまうミスを犯してしまいました。そのとき、ネイトは突然拳銃を発砲、一騒ぎを起こして内通者を逃していたのです。この騒動のため、ネイトはロシアを離れざるをえなくなり、ブタペストで内通者と接触する機会をうかがっていました。ドミニカはネイトに発砲した理由を尋ねると、ネイトは「友人を守るため」と迷いなく答えました。ドミニカはそんなネイトにキスをするのでした。

ドミニカは時間をかけてネイトから情報を聞き出したいと考えていましたが、情報庁は密に報告するようドミニカに求めてきていました。ワーニャもウィーン出張のついでにブタペストに寄り、直にドミニカに報告を求めてくるほどでした。結果を急ぐ上層部をなんとか抑えるために、ドミニカはある情報をワーニャに伝えました。それは、ルームメイトで同じスパローとして活動するマルタがつかんだ貴重な情報でした。マルタはアメリカの女性補佐官のブーシェを誘惑し、25万ドルと引き換えにブーシェからアメリカの機密を引き出そうとしていました。ワーニャはこの情報に興味を持ち、満足げな表情でその場から去って行きましたが、この話を盗み聞きしていたマルタは激怒しました。ドミニカは時間を稼ぎたいだけで横取りする気はないと語り、その証として自らの弱みをマルタに打ち明けました。ウスチノフ暗殺の場を目撃し、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされている…マルタはドミニカの置かれた立場に理解を示す様子を見せました。

情報庁のためにスパローとして活動する傍ら、ドミニカはある目的を達成するためにひそかな活動を始めていました。あるときはネイトの部屋に侵入して私物を盗み、あるときはウィーンに赴き銀行口座を作り、ドミニカは着々と準備を進めていきました。

その後、家に戻ると、ドミニカは風呂場で血まみれのマルタの死体を発見しました。その光景に驚く暇もなく、マルタを殺した暗殺者はドミニカに襲いかかり、ウスチノフ暗殺の口外は許さないと脅してきた。その暗殺者は、ウスチノフを殺したあの黒ずくめの男マトーリンでした。マルタが殺されたのは、ドミニカの弱みを上司に密告しようとしたためでした。男はすぐに去って行きましたが、ドミニカはしばらくの間恐怖に震えていました。

【転】- レッドスパローのあらすじ3

レッドスパローのシーン3 その後、ドミニカはネイトの家に行き、スパローになるに至った経緯を語りました。ネイトはワーニャの仕打ちにひどく驚き、国家の所有物として扱われてきたドミニカを哀れみました。ネイトはドミニカを信頼し、CIAと組むよう持ちかけました。ドミニカはこの話に不信感を抱きますが、ネイトの誠実な言葉を信じ、二重スパイになることを決意しました。ドミニカは信頼を寄せてくれたネイトにキスをし、そのまま二人は一夜を共にしました。朝目覚めると、部屋にはグリーグのピアノ協奏曲の穏やかなメロディが流れていました。それは、ドミニカが始めてソロを踊った曲で、ドミニカはネイトに思い出を語り、笑みをこぼしました。

その後、ドミニカはCIAの指揮下に入り、ブーシェによる機密情報流出を阻止すべく動き出しました。ドミニカはブーシェから機密情報データを受け取り次第すぐに偽データとすり替える…それがCIAの考えた計画でした。ドミニカはロンドンのホテルでブーシェを待ちますが、そこに突然ブタペスト局の上司ヴォロントフが現れ、取引に同行すると言い出しました。ドミニカは渋々ヴォロントフの同席に応じ、ブーシェとの取引に臨みました。

ブーシェはロシアのスパイであるマルタとの情事の写真流出を恐れ、アメリカの軍事機密を売ることに応じ、ホテルの一室でフロッピー数枚をドミニカに渡してきました。ドミニカはなんとかヴォロントフにバレることなくフロッピーすり替えに成功しますが、その後思わぬ展開がドミニカを待っていました。ホテルを出たブーシェがCIAの監視に気づいてパニックに陥り、車に轢かれ死んでしまったのです。

この事実はすぐにロシア情報庁に伝わり、ドミニカ、ヴォロントフに緊急帰国が指示されました。ネイトは急いで空港に向かい、ドミニカ帰国を阻止しようとしますが、ネイトが着いたときにはすでにドミニカの姿は搭乗口にありました。ネイトの気配に気づいたドミニカは黙ってネイトを見つめ、そのまま搭乗口を通過していきました。ドミニカを助けることができず、ネイトは深い失望感に襲われました。

帰国したドミニカを待っていたのは、恐ろしい拷問でした。「ブーシェをアメリカに売った?」…繰り返される質問に、ドミニカは否定を続け、血まみれになりながら耐え続けました。同様の拷問はヴォロントフにも行われ、最終的に彼の死によってドミニカは拷問から解放されることとなりました。

その後、ドミニカはワーニャにもう一度チャンスが欲しいと懇願しました。祖国に拷問された今こそ、アメリカは自分を信用する…ワーニャはドミニカのこの言葉を信じ、再びワーニャをブタペスト入りさせることを決めました。出発の日、ドミニカはワーニャにキスをしました。そして、「確かに私は叔父さん似よ」と言って去って行きました。

ブタペストに戻ったドミニカはすぐにネイトと再会を果たしました。ドミニカはネイトに亡命したいと言い、指定口座に25万ドル払うよう依頼しました。ネイトがその依頼を承諾すると、ドミニカは見返りがないにもかかわらず助けてくれることに深い感謝を示し、ネイトにキスをするのでした。

【結】- レッドスパローのあらすじ4

レッドスパローのシーン2 その夜のことでした。ドミニカが目覚めると、居間でネイトがマトーリンから拷問を受けていました。ドミニカの裏切りを疑ったコルチノイが尾行役としてマトーリンを派遣していたのです。ドミニカはその状況を理解すると、マトーリンの拷問を手伝い、内通者の名前を吐くようネイトに迫りました。マトーリンとドミニカから皮膚を剥ぐ器具で痛めつけられるネイト。しかし、マトーリンが一瞬油断したとき、ドミニカはマトーリンを殴りつけました。ドミニカとネイトは協力し合い、激しい戦いの末にマトーリンを倒しますが、二人とも深傷を負ってしまうのでした。

その後、ドミニカとネイトは病院に搬送され、治療を受けました。すると、ドミニカの前に突然コルチノイが現れました。ドミニカは意外な人物の登場にひどく驚きますが、一方のコルチノイは祖国への恨みを口にし始め、ドミニカを困惑させました。病の妻がアメリカで手術を受けることを祖国が許さず、結果的に妻が死んでしまったこと、政府内が嘘と裏切りで満ちていること…コルチノイはこの腐った権力を憎悪していることを明かし、自分こそが内通者であることを明かしました。そして、コルチノイは自分の後任をドミニカに引き継いで欲しいと口にしました。これまでの一連のドミニカの活動を見て、コルチノイは理想的な後任と考えたのです。そのためには、ドミニカはコルチノイを告発し、ロシア情報庁内で確固たる地位を築く必要がありましたが、コルチノイは自分が死ぬことを恐れてはいませんでした。このとき、ドミニカは再び選択肢が奪われていることに気づきました。マトーリンを殺してしまった今の状況を打開するにはコルチノイを売るしかない…ドミニカにはこの道しか残されていないように思われました。

それから間もなく、ドミニカはロシア情報庁トップのザハロフ参謀に直接連絡を取り、内通者の名前を明かしました。ロシアとアメリカはただちに内通者とドミニカとのスパイ交換の場を設け、ドミニカは飛行場に向かいました。その場にはネイトもいましたが、内通者を売ったドミニカに怒りを隠せずにいました。しかし、ドミニカは表情一つ変えません。

やがて、内通者が飛行場に到着しましたが、ネイトはそこに現れた予想外の人物に驚きの表情を浮かべました。それは、拷問を受け顔がアザだらけになったワーニャだったのです。ドミニカはザハロフに内通者がワーニャと嘘をついたのです。ドミニカは事前にワーニャが不利になるよう証拠を揃えていました。ネイトが口をつけたグラスがワーニャの自宅で見つかったこと、ウィーンの銀行のワーニャ名義の口座にCIAから25万ドルの入金があったこと、ブーシェから受け取ったフロッピーが偽物で、かつCIAの暗号形式だったこと…これらの状況証拠はワーニャを徹底的に追い詰めました。ドミニカは利用できるものをすべて利用し、ワーニャを内通者に仕立て上げることに成功したのです。

交換の直前、ドミニカがワーニャに「私は優秀でしょ」と言うと、ワーニャはただドミニカを見つめ、頬にキスをしました。その直後のことでした。ワーニャは何者かの狙撃を受け死亡、ドミニカは混乱の中飛行場を去って行きました。

帰国したドミニカは内通者を暴いた英雄として讃えられ、盛大な式典が開かれました。大勢の政府高官がドミニカに拍手を送る中、コルチノイは固い表情でドミニカを見つめていました。ドミニカは再び母と暮らすようになり、ときにはボリショイ劇場にバレエ鑑賞に行くこともありました。

そんなある日、ドミニカが着信を受け電話に出たときのことでした。数秒間の沈黙が流れた後、電話の向こうからはあのグリーグの曲が流れてきました。ドミニカは驚きつつも、懐かしいその音色に耳を傾けました。

みんなの感想

ライターの感想

主人公がたどる数奇な運命、騙し合いの末の意外な結末と、とてもおもしろい作品でした。美しいバレリーナ、妖艶なスパイ、拷問に耐える容疑者と、ジェニファー・ローレンスが見せる体当たりの演技も見応えがあり、改めて演技力の高さを実感させられました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「レッドスパロー」の商品はこちら