映画:ロストフロア

「ロストフロア」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ロスト・フロアの紹介:2013年制作のサスペンス映画。階段とエレベーターに分かれて、階下に降りると子供たちが消えてしまった父親の必死の捜索を描いている。ベレン・ルエダとリカルド・ダリン主演で贈るパニッシュ・スリラー作品。

あらすじ動画

ロストフロアの主な出演者

セバスチャン(リカルド・ダリン)、デリア(ベレン・ルエダ)、ロサレス(オズバルド・サンドロ)、ミゲル(ルイス・シエンブコウスキー)、ゴールドスタイン(ホルヘ・デリア)

ロストフロアのネタバレあらすじ

【起】– ロストフロアのあらすじ1

アルゼンチンの都心部・ブエノスアイレスでは、きれいな青空が広がっていました。弁護士のセバスチャンは、妻のデリアとは別居中でした。

ルナとルカの二人の子供がいて、今日は学校へ送りに行くところです。その後には、悪党のフェルッティの公聴会を控えています。

ピニュイロとの裁判で、フェルッティを弁護するのが仕事です。フェルッティは悪党ですが、大事な顧客でもあるので、上司のゴールドスタインから任されていました。

マンションの駐車場に到着すると、セバスチャンは管理人のミゲルと賭けの話しをします。6階のおばさんの駐車に関しても一言いっておきます。

7階の部屋に行くため、エレベーターを使います。ドアを閉めようとすると、5階の熊男が無理矢理入ってきます。5階で分かれますが、セバスチャンは彼を変な奴だと思います。

デリアたちのいる家に到着し、ルナとルカが元気に接してきます。セバスチャンは、デリアからスペインに戻りたいと書類にサインを求められます。

この書類にサインすれば、子供たちと中々会えなくなってしまいます。サインについては考えることにして、子供たちを送りに行きます。

デリアは先に仕事に行き、セバスチャンと子供たちは後から下に降りることになります。子供たちは階段とエレベーターで、競争をしたいと言い出します。

デリアから駄目だと言われていましたが、子供たちにママの秘密を教えてくれるなら良いよと言います。セバスチャンはエレベーターに乗り、子供たちは階段を駆け降りて行きます。

携帯のメールを見ると、妹のガブリエラの元夫のアルベルトが脅しの内容を送ってきていました。ガブリエラからも、アルベルトの脅威に怯えてる電話がかかってきていました。子供たちを送ることや公聴会があるので、セバスチャンは後回しにします。

1階に到着すると、ミゲルが入り口にいました。パパの勝ちだぞとセバスチャンは言いますが、子供たちの姿がどこにもありませんでした。

おかしいなと階段を上がって探しますが、子供たちはいません。携帯に電話をかけても出ませんでした。

何かと子供たちと接してくるナタリアの家かと思いますが、呼び鈴を鳴らして聞くも違いました。ミゲルに聞くと、見かけてないと話します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ロストフロア」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ