映画:ロストメモリー

「ロストメモリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ロスト・メモリーの紹介:2012年制作のドイツ映画。かつて親友同士だった二人の女性が再会し、失われた記憶をたどるうちに恐ろしい事実が明らかになっていく様を描いている。海外の映画祭で高い評価を得たサスペンス・スリラー。

あらすじ動画

ロストメモリーの主な出演者

ハンナ(ミナ・タンデル)、クラリッサ(ラウラ・デ・ベーア)、ガブリエラ(カタリナ・タルバッハ)、マーコス(ナックス・リーメルト)

ロストメモリーのネタバレあらすじ

【起】– ロストメモリーのあらすじ1

ある島で、少女のハンナとクラリッサは仲良く遊んでいました。森の中にある廃墟で怪談話をします。

廃墟は呪いの穴であり、村には口がきけない子がいました。年を取らない子供で、島の村人は気持ち悪がります。

そして村人たちは、永遠に子供を呪いの穴に閉じ込めてしまいます。子供は怒りとともに成長し、誰かに解放される日を待ちます。

その人は次の身代わりがくるまで、身代わりとなります。二人の前に本当に少女が現れて逃げ出します。ハンナは手の甲から血を流し、白い服には赤い血がついていました。

それから時が経ち、ハンナは大人になっていました。娘のレアがうなされて心配します。

夫のヨハネスは誕生日だからではなく、愛の証としてプレゼントを渡してきます。ハンナはヨハネスに、若いブロンドの彼女がいることを知っていると告げます。後悔してるとヨハネスは言います。

とあるホテルで、ロンドンでモデルをしている女性が薬を飲んで倒れます。医師のハンナは、仕事の呼び出しがかかります。

彼女を処置した後、名前を見て驚きます。仲良しだった幼馴染のクラリッサだったのです。

朝まで付き添うと、クラリッサは自殺しようとしたのではなく、眠れなくて睡眠薬を飲んだと理由を話します。再会に喜ぶ二人は、身の上相談をします。

ハンナは離婚するかどうか、クラリッサは何週間も眠れなくて気を静めたかったことを話します。何日か出かけようと、クラリッサは子供の頃遊んだ島に行こうとと提案します。

二人であの頃のようにと笑いながら、レアと3人で島に向かうことにします。貸別荘に到着すると、管理人のティムが仏頂面で見てきます。

誰か忘れていたハンナは驚きます。彼は電気を通しにやってきてくれたのです。

ハンナとレアは魚屋に夕食の魚を買いに行き、店主のガブリエラに接客されます。相変わらずせっかちと言われるハンナでしたが、今いち誰だったかピンときません。

帰りがけに、魚屋のマーコスとぶつかります。彼は貸別荘まで、親切に送ってくれます。8~9才頃まで毎年島に来ていたハンナでしたが、なぜかそれから行かなくなったと不思議に思います。レアは魚屋に人形を忘れてしまいます。

レアが眠った後、ハンナはクラリッサとアルバムを見ます。知らない少女がいて、誰だったか記憶にありません。クラリッサがマリアだと教えてくれます。

マリアは島の子で、小石を投げたりと一緒によく遊んでいました。外にタバコを吸いに行ったハンナに、突然真後ろにティムが現れます。

彼は来なきゃ良かったのに。さっさと帰れと言って消えます。窓の外には少女が一人いて、ママひどいとクラリッサは眠りながら泣いています。

ハンナはヘッドフォンをして眠ります。窓に小石や石が投げられますが、気づきませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ロストメモリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ