映画:ヴェンジェンス

「ヴェンジェンス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ヴェンジェンスの紹介:2017年に公開されたアメリカの映画です。法で裁けぬ悪を刑事が処刑していくというストーリーで、ジョイス・キャロル・オーツの小説「Rape: A Love Story」を原作としています。主役を務めるのはハリウッドスターのニコラス・ケイジで、「キャビン」のアンナ・ハッチソン、「サイレントヒル」のデボラ・カーラ・アンガー、「刑事ナッシュ・ブリッジス」のドン・ジョンソンなどが脇を固めています。

あらすじ動画

ヴェンジェンスの主な出演者

ジョン・ドロモア(ニコラス・ケイジ)、マルティナ・マグワイア(アンナ・ハッチソン)、ベシー・マグワイア(タリタ・ベイトマン)、アグネス・マグワイア(デボラ・カーラ・アンガー)、カートパトリック(ドン・ジョンソン)

ヴェンジェンスのネタバレあらすじ

【起】– ヴェンジェンスのあらすじ1

ヴェンジェンスのシーン1

画像引用元:YouTube / ヴェンジェンストレーラー映像

ナイアガラフォールズ市は州内最悪の治安です。刑事のジョンは相棒と共に被疑者を追っていました。被疑者を射殺したジョンは負傷し、相棒は殺されてしまいます。

怪我を治したジョンは、バーでティーナという女性に出会いました。彼女はバーの壁に貼られた写真(ジョンが表彰された時のもの)を見て、話しかけてきたのです。

ティーナは夫を亡くしており、現在は娘のベシーと2人で暮らしています。ジョンもまた妻を亡くしていました。

お互いにどこか惹かれるものを感じ、ティーナは連絡先を渡して、娘のベシーを迎えに行きます。

ティーナにはケイシーという恋人がいました。恋人の家でパーティーをした後、ティーナはベシーを連れて帰路に着きます。

近道の林を通り抜けようとした時、4人組のチンピラに襲われ、ボート小屋に連れていかれます。そこでティーナはベシーの目の前でレイプされました。

ベシーは助けを求め、外に歩いていきます。そこにパトロール中のジョンが通りがかり、ベシーを保護しました。

ジョンはボート小屋に向かい、血にまみれているティーナを発見します。すぐに警察の捜査が始まり、DNAと指紋も見つかりました。

ティーナは病院に連れていかれ、治療を受けます。怪我をしていたベシーもベッドに眠らされました。

そこへジョンが訪ねてきて、唯一の目撃者であるベシーに話を聞きます。ベシーは目撃した犯人の姿を教えました。

ジョンたち警察はその情報をもとに犯人の家に踏み込み、全員逮捕します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ヴェンジェンス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×