「七つの大罪クラブ 生贄になった少女たち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「七つの大罪クラブ 生贄になった少女たち」の感想

ライターの感想

冒頭のシーンが美しいです。豊かな自然、少女の口に押し込まれるバラの花、白い肌と赤い花弁の対比。 オーブリーのナレーションが入り、導かれていくストーリー。 導入部分が芸術的で美しいために、後半ガタガタと崩れていったのが残念。 少女たちはみんな美しい子ばかりでした。森の映像も綺麗だし、見ていてうっとりします。 学校で起きるいじめも「ありそう」と思えてなりませんでした。犯人が意外過ぎでした。
    1 2 3 4 5

    「七つの大罪クラブ 生贄になった少女たち」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×