映画:人魚の眠る家

「人魚の眠る家」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

人魚の眠る家の紹介:2018年11月16日公開の日本映画。娘がプールで溺れ、意識不明になるという突然の悲劇に襲われた夫婦の姿を描く、東野圭吾のベストセラー小説が原作のミステリー。意識不明という状態からの娘の回復を願いつつも、決断を迫られる夫婦を篠原涼子と西島秀俊が演じる。監督はコメディから人間ドラマまで幅広いジャンルを手がける堤幸彦。

あらすじ動画

人魚の眠る家の主な出演者

播磨薫子(篠原涼子)、播磨和昌(西島秀俊)、星野祐也(坂口健太郎)、川嶋真緒(川栄李奈)、美晴(山口紗弥加)、進藤(田中哲司)、(斉木しげる)、(大倉孝二)、(駿河太郎)、(ミスターちん)、(遠藤雄弥)、(利重剛)、播磨瑞穂(稲垣来泉)、播磨生人(斎藤汰鷹)、若葉(荒川梨杏)、宗吾(荒木飛羽)、播磨多津朗(田中泯)、千鶴子(松坂慶子)

人魚の眠る家のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①幼い娘・瑞穂が溺れて脳死した。母・薫子はわが子の死が認められず、介護することを決意。障害者をサポートする科学者・星野を巻き込み、瑞穂を生かそうと努力。香は徐々に暴走を始める。 ②脳死が人の死か分からない薫子は、瑞穂に包丁を突きつけ、瑞穂を殺害すれば自分が殺人犯になるのかと警官に問う。薫子は周囲に説得された。瑞穂の身体機能が低下、薫子は臓器提供を受け入れた。

【起】– 人魚の眠る家のあらすじ1

人魚の眠る家のシーン1

画像引用元:YouTube / 人魚の眠る家トレーラー映像

少年たちがはしゃぎながら、住宅街の道を歩いていきます。

投げ合っていた野球のボールが、ある一軒の古い屋敷の中に入ってしまいました。

屋敷の門の柵には、人魚のシルエットがかたどられています。

少年のひとり、宗吾が敷地内に入っていき、ボールを拾いました。

庭はバラが美しく、興味を持った宗吾は奥へ進みます。

奥のポーチのところには、車いすに座った少女が眠っていました。

白いタイツを履き、足をそろえて寝ている姿は、人魚にも見えます…。

(注:このシーンはラストに関係してくる)

…2016年、夏。

播磨薫子は、6歳の娘・瑞穂と5歳の息子・生人の母親です。

夫・和昌はIT機器メーカーの社長をしていますが、和昌が浮気をしたことで、不仲になっていました。

長女の瑞穂を私立小学校に入れたいと考えており、面接が終わってから離婚するという暗黙の了解になっています。

・薫子…一戸建てに娘・瑞穂と息子・生人と暮らしている。妹・美晴、その娘(姪)・若葉との仲は良好。夫の和昌は現在、別居しており、家に帰ってこない。

・瑞穂…スタート時6歳。

・生人…スタート時5歳。

・和昌…IT企業の経営者。薫子に浮気が露見してから、別居している。

・美晴…薫子の妹。娘・若葉が瑞穂と同い年ということもあり、なかよくさせている。

・若葉…瑞穂と同級生の少女。美晴の娘で、薫子の姪にあたる。

・千鶴子…薫子と美晴の母。瑞穂の祖母にあたる。事故が起きた時、千鶴子も同席していたことも手伝って、罪の意識がある。

・進藤医師…脳外科医。瑞穂の担当。臓器移植のための脳死判定を勧める。

・星野祐也…ロボットアームの研究をしている若者。和昌に見込まれる。

・河嶋真緒…動物病院の看護師。祐也の恋人。

その日、薫子は妹の美晴や母・千鶴子に2人の子どもを託しました。

美晴、千鶴子は子どもたちを連れて、プールへ遊びに行きます。

薫子は瑞穂の小学校受験のため、面談の練習をしていました。別居している和昌と現地で会います。

その最中に、和昌の携帯電話に事故の一報が入ります。

病院へ駆けつけた薫子と和昌は、瑞穂が脳死状態だと進藤医師に聞かされました。

瑞穂はプールで遊んでいるときに、排水口の溝のところに指を挟み、溺れてしまったのです。

蘇生には成功しましたが、心肺停止の状態が続き、その間に脳への血液の供給が断たれていたため、脳死状態でした。

このままだと通常、数日で心肺停止に陥るだろう、これまで回復した例はないと聞かされます。

進藤医師から臓器提供の打診をされた薫子は、戸惑います。

脳死状態と言われても、ベッドに横たわっている瑞穂は、ただ眠っているだけに見えました。

脳死状態の瑞穂は、臓器移植の対象になります。

ところがもし臓器移植をしないのであれば、「心臓停止をもって死とみなす」のだそうです。

脳死判定とは、臓器移植をするために受けるものでした。

薫子は、瑞穂に脳死判定を受けさせることにします。

和昌の父・多津朗も呼び、親族が見守るなかで判定をしようとしますが、そのとき、瑞穂の指がかすかに動きました。

それを見た薫子は、「この子は生きてます。瑞穂は死んでなんかない!」と言い、判定を中止させました。

薫子は脳死判定をやめ、眠ったままの瑞穂を生かす決断をします。

…ひと月が経過しました。薫子は瑞穂の世話を、かいがいしくおこなっています。

意識不明の瑞穂を、薫子は在宅介護する決断をしました。

和昌は進藤医師から、脳死判定の際に瑞穂の指が動いたのは、「ラザロ徴候」…脳死の患者が手足を動かす現象だと教わります。

脳死した状態から蘇った症例は今までにないと聞かされても、それでも薫子は瑞穂の世話をし続けます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「人魚の眠る家」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×