「借王3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– 借王3のあらすじ3

借王3のシーン3

画像引用元:YouTube / 借王3トレーラー映像

調べた水沼は、伏見がニセ総会屋の自分たちに絡まれた責任を取って辞職したこと、受け取った退職金で死んだ高石の妻に住む物件を提供したことを話して聞かせました。伏見の顔を見て怜子が慌てて去ったことから、顔見知りの同郷だったのだろうと見当をつけていました。離婚していまは単身で住んでいる伏見の安アパートの住所を書いた紙を置いて、怜子の店を去ります。

怜子は水沼の情報に感謝しました。高校の制服のボタンを眺めながら微笑みます。

怜子が伏見のアパートへ見に行くと、伏見は無理がたたって熱を出していました。怜子は看病しながら、借金の返済を手伝わせてくれと言います。アパートに電報で借金督促が届いたのを知った怜子は、考えます。

怜子は安斉のところへ行くと、知恵を貸してくれと頼みました。そのために身体を提供すると言いますが、安斉は「俺たちは借金返済のためにだけ一緒に働く仲間だ」と言い、ビジネスの間柄だとして怜子の身体を拒みます。ビジネスならば引き受けると聞いて、怜子は安斉に頼みます。

まだ熱で臥せっている伏見の部屋に、借金取りがやってきました。水沼が顔を出すと、警察手帳を出して借金取りを追い払います。伏見にも刑事だと明かしていると、怜子が戻ってきました。

伏見が回復してから、怜子の店で作戦会議を行ないます。安斉は「ビジネスなので恩義を感じる必要はない」と前置きすると、強引に計画を進めるミヤノ建設と総会屋から金をだまし取ろうと話します。

安斉が「総会屋への利益供与の方法」を聞くと、伏見は土地の買収を総会屋に任せ、買収金額に上乗せして金を渡していると答えました。総会屋が堂島だと聞いて、安斉の顔色が変わりました。佐古自殺の一件で堂島に恨みのある安斉は、伏見からより詳しく話を聞きます。

安斉は本店の総務係長の尾崎に電話をかけると、堂島についての資料を送ってもらいます。

【滋賀県 高浜町】

高浜町には伏見の実家がありました。その近くには開発途中で計画が凍結している「琵琶津道路」が通っています。ここは観光開発道路の通り道になる予定だったのですが、不正予算の発覚により中断し、工事の再開も未定でした。安斉は伏見の実家の土地を餌にして、ミヤノ建設と堂島から3億5千万をひっぱるつもりです。そのためにみんなでひと芝居打つと決めます。

ゴルフに興じる滋賀県議会議員の馬場に近づいた安斉は、民自党の議員のパーティーで会ったとあいさつしながら握手を求めました。馬場が安斉と握手する写真を、キャディーに扮した怜子が盗撮します。

【堂島経営研究所】

堂島のオフィスに安斉が行くと、滋賀県の極道・松井一家の顧問弁護士・西山だと名乗りました。松井親分は現在海外に出ており、裏が取れないことは確認済みです。

安斉は資料を見せながら、琵琶津道路の工事が再開すると教えました。近々、県議会議員の馬場が議会で可決するだろうと話します。馬場との関係を怪しまれた安斉は、先に撮った写真を見せました。馬場とかかわりがあると堂島は信用します。

買収に応じない地主が一か所だけあると安斉は話し、議案が通る前に残った土地の買収を成功させれば、工事発注の入札に特別な便宜を図ってもらえると匂わせました。但し不正入札絡みのことなので、極秘で話を進めないとならないと話します。

おいしい話だと思った堂島は、土地を売らない地主の話に食いつきました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「借王3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×