「借王4」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

借王4の紹介:1998年製作の日本映画。おなじみ借王3人組が、今回は大阪の悪徳証券会社を相手に詐欺を働く人気シリーズの第4弾。監督は1,2作に引き続き「大安と仏滅!?」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを前作同様、松本功と岩瀬勝巳が共同脚色。撮影も前作と同じく鈴木耕一があたっている。主演も前作同様、哀川翔、志賀勝、夏樹陽子の3人。

あらすじ動画

借王4の主な出演者

哀川翔(安斉満) 志賀勝(水沼正三) 夏樹陽子(森下怜子) 清水紘治(戸波公一郎) 中本賢(戸波の部下) 絵沢萠子(青柳美乃) 栗林知美(水沼の愛人) 村野武範(皆河) 林由美香(リカ) 織田無道(朝内製薬副社長) 佐藤忠志(借金取り) 西川峰子(水沼の愛人の母) 轟二郎

借王4のネタバレあらすじ

【起】– 借王4のあらすじ1

借王4のシーン1

画像引用元:YouTube / 借王4トレーラー映像

〝悪事とは 隠れた知性の活動である

   A・ビアス「悪魔の辞典」より〟

安斉満は東大卒のエリートサラリーマンで、ひかり銀行大阪中央支店の次長です。私生活では妻・ショウコと娘・ミサトがいます。古くからの付き合いの大口顧客・青柳美乃の預金15億をマネーゲームに使い込んだことが、青柳に露見した青柳は、金を返せと要求されています。

刑事の水沼正三は、浪速南署の警部補です。ギャンブルが大好きで女子高生・サキと援助交際しており、常に借金だらけです。

森下怜子は北新地のクラブ・バセロンのオーナーママですが、店は火の車でした。

安斉と水沼、怜子は普段は無関係に暮らしていますが、悪徳な業者を見つけるとビジネスと称してタッグを組み、金を巻き上げています…(映画『借王』シリーズ参照)。

(映画タイトル)

【大阪】

株で損をした男・小池は証券会社の男・坂本に土下座をすると、損をした金を返してくれと頼みます。坂本は「あくまで世間話をしていただけ」と言い、自分の株の情報で勝手に売り介されても責任は持てないと言いました。「株は水物」と言われた小池は口惜しがりますが、損をした金は戻ってきません。

娘のミサトを幼稚園の送迎バスまで送った妻・ショウコが戻ってくると、主婦同士の雑談で得たご近所の情報を話します。2丁目の小池さんが夜逃げをしたのは、旦那さんが金融証券に手を出したからだと聞いたショウコは「夜逃げなんてね」と嘆きました。

新聞を読みながら安斉は、内心ひやひやしていました。表沙汰になっていませんが、安斉は顧客の青柳美乃の預金をマネーゲームで使い込み、借金を抱えているのです。「安斉満 借金残高 12億円」

競艇でスッた水沼は、野球賭博にも負けていました。借金取りに金を返せと言われて消費者金融で金を引き出そうとしますが、ブラックリスト入りしているようでATMで出せませんでした。仕方がないので水沼は、警察手帳を見せて身分を明かして借金取りを追い払います。「水沼正三 借金残高 不明」

北新地の店に金を取りに来た借金取りが、回収できないので高い酒を持ち去ろうとします。怜子がそれを止めようとすると、酒瓶が落ちて割れました。怜子は無事だった1本だけ取り戻します。「森下怜子 借金残高 2億円」

【ひかり銀行 大阪中央支店】

安斉は顧客の情報を、詳細に頭にインプットしていました。安斉の助言でトラブル回避ができて、支店長は安斉を褒めます。そこへ青柳美乃から安斉宛に電話がかかってきました。支店長は青柳によろしく伝えてくれと言いますが、青柳の名を聞いた安斉は浮かない顔をします。

【京都】

青柳の自宅へ出向いた安斉は、関係を持ったあとで「今月中に1億」と返済を要求されます。また今月も金を用意せねばならないと、安斉は思います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「借王4」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×