「偽りの隣人 ある諜報員の告白」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– 偽りの隣人 ある諜報員の告白のあらすじ4

偽りの隣人 ある諜報員の告白のシーン4

画像引用元:YouTube / 偽りの隣人 ある諜報員の告白トレーラー映像

ウィシクは自分が別件で逮捕・投獄された際に、いかにノグクが自分のために尽力してくれたかを話し、そんな親友を守れなかったと泣きました。デグォンはそれを黙って聞いていました。

ノグクの葬儀が営まれます。キム室長の部下・ドンヒョクは、ウィシクが葬儀に出席するのを狙って暗殺しようと考えました。デグォンはそれを知ります。

屋上で再度タバコを求められたデグォンは、自分が政策局の者だと気づかれるのを承知で「明日は危険です」と告げます。ウィシクは予期していたようで「君には君の、私には私の仕事がある。それぞれが仕事をすればよい」と言いました。暗殺される覚悟もあるようです。

翌日、ウィシクは同志の迎えの車に乗り、葬儀に出かけていきます。デグォンは移動経路を報告しろと命ぜられました。尾行しながらも、暗殺には反対です。

ドンヒョクはデグォンのひるむ気持ちを知っていて、交差点で追いつきます。ドンヒョクはそのまま間違えて、娘のウンジンが乗る車にトラックを当てました。ウンジンが代わりに亡くなります。

ノグクの葬儀に行ったウィシクは、娘の死を知って病院に駆け付けます。そこへキム室長が内乱陰謀罪だと言って、ウィシクを逮捕しました。

【2か月後】

真冬の動物園に、デグォンは妻と息子のミンソンを連れていました。そこへキム室長とドンヒョクが現れると、「盗聴テープを捏造しろ」とデグォンに命じます。

デグォンは国家安全政策局の工作員の仕事が、すっかり嫌になっていました。やめようかと妻に言いますが、妻はこれからミンソンの養育費で物入りなのにと反対します。

政策局の事務所へ行き保管室のテープを聞いたデグォンは、ウィシクとの会話を聞き直してやはりウィシクは悪くないと思いました。そこにはキム室長がウィシク宅を訪れた際に、かわした会話も残っていました。

デグォンはキム室長の会話をマスコミにリークし、キム室長がウィシクの出馬妨害をしていたと報道させます。

キム室長の報道がもとで、国家安全政策局が盗聴していたことが明るみになりました。その報道がもとで追及が緩和され、ウィシクは麻浦(マポ)拘置所から釈放されました。

釈放された直後にウィシクは、大統領選に出馬すると表明します。

キム室長は激怒して、自分の息のかかったテレビ局の報道局長を交代させました。そして自分の声の録音はニセモノだという報道をさせます。

大統領選の選挙活動が開始されます。立候補者は5人ですが、実質的にはウィシクとシン・チュンナムの一騎打ちでした。シン・チュンナムがキム室長らの応援する候補です。

ウィシクの演説の日に、キム室長たちは暗殺を考えていました。デグォンは担当から外されていましたが、部下が知らせに来ます。今回もウィシクの乗る車にトラックをぶつけて、交通事故に見せかけて殺す作戦だそうです。

デグォンは部下といっしょに、ウィシクがいる麻浦大橋へ急ぎます。

ウィシクの車は渋滞にはまっていました。デグォンはその手前で車から降りると、パンツ一丁に紙袋でマスクを作り「変態男の振りをして騒ぎを起こす」作戦に出ました。デグォンの奇行にみんな注目します。

そこへトラックが猛スピードで近寄ってきました。デグォンの部下は車でトラックとウィシクの車のあいだに割り込んで妨害し、デグォンもウィシクを車から出して助けました。ウィシクを助けたデグォンは、ガサガサという音の正体を知ります。それはウィシクの足から聞こえていました。水虫に悩むウィシクは、薬を塗ってビニール袋を足に巻いていたのです。

ウィシクは演説会場に行きました。そこには大勢の支持者が集まっていました。それを見たウィシクは、堂々と演説を始めます…。

…後日。

デグォンは国家安全政策局を辞め「ミンソン銭湯」を経営していました。妻は風呂掃除に文句を言いながらも、定休日の銭湯の床を楽しそうに親子3人で掃除します。

ウィシクは第13代大統領になっていました。ソ連との国交を復活させるなど、韓国のために尽力しています。そのニュースを見ながらデグォンは、笑顔を浮かべていました。

ミンソン銭湯に黒塗りの車がやってくると、止まりました。入ってくる人に「定休日です」と制した妻は、相手の顔を見て腰を抜かします。やってきたのはウィシク大統領でした。ウィシクはミンソンを見て「君がミンソンか」と話しかけます。

奥からタオルを持って現れたデグォンは、ウィシクと顔を合わせました。2人は同時に「食事は済んだか」と言います。再会に感動するデグォンの耳に、『クルクル』が禁止曲から解除されたというニュースが入ります…。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「偽りの隣人 ある諜報員の告白」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×