映画:僕だけがいない街

「僕だけがいない街」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

僕だけがいない街の紹介:2016年3月19日公開の日本映画。三部けいの人気コミックを藤原竜也と有村架純の共演で映画化したミステリー。自分の意志とは無関係に、身近で起きる事件の直前へとタイムスリップしてしまう特殊な力を身につけた主人公が凶悪犯に挑む姿を描く。「ヤングエース」に連載の原作は「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」で3年連続ランクインするなどベストセラーになっている。

あらすじ動画

僕だけがいない街の主な出演者

藤沼悟(藤原竜也)、藤沼悟〔少年期〕(中川翼)、片桐愛梨(有村架純)、雛月加代(鈴木梨央)、白鳥潤(林遣都)、雛月明美(安藤玉恵)、須藤(淵上泰史)、高橋店長(高橋努)、八代学(及川光博)、小林賢也(福士誠治)、澤田真(杉本哲太)、藤沼佐知子(石田ゆり子)

僕だけがいない街のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①漫画家志望の青年・藤沼悟はピザ屋の店員をしながらひっそり暮らしていた。リバイバルと自らが呼ぶ特殊能力を持つ悟は、悪いことが起きる直前に何度もタイムワープする。ある日母を殺された悟は、2006年から1988年まで一気にタイムワープする。 ②1988年は悟の同級生が死んだ年で、犯罪を防げば母を救えるかもしれないと悟は考える。一度は失敗したが真犯人が担任の八代だと突き止めた悟は、母が殺される前に戻って八代を糾弾するが、八代のナイフで首を刺されて死んだ。

【起】– 僕だけがいない街のあらすじ1

〔2006年〕

藤沼悟は千葉県船橋市に住む、29歳の漫画家志望の男性です。プロットを練っては編集部に持ち込みますが、「キャラの心情とか、もっと踏み込まないと、作者が見えてこない」とダメ出しされます。

それもその筈…悟自身が今までずっと仮面をかぶって、目立たないように生きてきたからでした。

悟は人とは異なる特殊な能力の持ち主です。自分でその能力のことを「再上映(リバイバル)」と呼んでいました。

リバイバルは、ある時点の直後に起こる「悪いこと(事件・事故など)」の原因が除去されるまで、直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうという能力です。自分の意思とは無関係で発動する能力を持て余しながら、悟はピザ屋『Oasi Pizza』でアルバイトをして生活していました。

その日もバイトで配達に出た悟は、バイクの運転中にリバイバルに遭います。リバイバルに遭うといつも小さな「違和感」を探す悟は、3回目にして、帰宅途中の小学生がトラックに轢かれる事故が起きることを察知しました。

小学生の男児には声をかけて違う方から通行するよう指示し、眠っているように見えるトラックの運転手に声かけをします。結果、トラックと並走した悟は対向車と接触事故を起こしました。

このまま死ぬのか、まあいいか、俺ひとりいなくなったって別に…そう思いながら悟は、車に撥ねられます。

…(※①)病室で目覚めた悟の傍には、同じバイト先の若い女性・愛梨が付き添っていました。トラックの運転手は心臓発作でハンドルを握ったまま死んでいたそうです。

愛梨は事故当時の悟の行動の一部始終を目撃し、悟が超能力者ではないかと興味を抱き、何かとちょっかいを出してきます。

退院した悟のアパート・滝重荘に母・佐知子が「当分の間ここに住む」と宣言しました。北海道の石狩市から来ている母・佐知子は観光目当てで居座る気です。

田舎と違うから鍵はかけてよと、悟は注意しました。

母・佐知子とデパートに買い物へ行った日、悟はまたもリバイバルに見舞われます。その時は佐知子と悟を見かけた愛梨が声をかけ、子どもが着ぐるみにぶつかって着ぐるみが転倒し、風船が空に飛んでいくところでした。悟は違和感の正体を突き止めようとします。

3回めのリバイバルで悟は「変なものがないか探って」と母・佐知子に言いました。テレビ局の報道部に所属していた佐知子は、バス停にいる少女をじっくり観察することで、少女に声をかけていた男性から引き離すことに成功し、時間は回り始めます。

当の悟は何が原因か分からず母に聞きますが、母が愛梨を家に誘ったので話がうやむやになります。

アパートに招かれた愛梨は悟が漫画家志望だと知り、否定する悟に「言葉って口に出して言ってると、本当になる気がする」と言いました。そのくせ自分の将来の夢を、愛梨は話しませんでした。

愛梨を送った後、悟は母・佐知子に何を見つけたのか聞きます。母は「今日誘拐事件が未遂に終わった」と冗談めかして言って、悟の小学時代に近所で起こった誘拐事件を話題にしつつも、名言しませんでした。

母はこの時、小学時代に逮捕された犯人・白鳥潤が「真犯人ではない可能性」を考えていました。バス停にいた少女に話しかけた男性が知っている人物で、相手も母・佐知子に気づいたのです。

話をはぐらかされた悟は、翌日書店で『昭和事件史』を購入します。そこには悟の同級生が殺された「石狩市小学生連続誘拐殺人事件」が載っていました。

逮捕された白鳥潤は白鳥食品という弁当屋の息子で、潤に「人気者の真似をして皆に話しかけてみたら」と後押しされて友だちができた悟は、優しい潤が殺人者だと思えませんました。

潤が逮捕された時、悟は「違う、犯人じゃない」と言い張りましたが、状況証拠があり潤が犯人に仕立てられます。

母・佐知子は元同僚の澤田に電話し「18年前の事件はあなたが言う通り、真犯人は別にいたかも」と言いました。その後、悟のアドバイスを聞かずアパートの玄関を施錠しなかったため、真犯人に包丁で殺されます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「僕だけがいない街」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×