映画:先生を流産させる会

「先生を流産させる会」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

実際に愛知県で起きた事件を基に作られた問題作。犯行グループの生徒を男子から女子へと設定変更することによって、思春期の少女と年代の違う女性間に渦巻く悪意を、衝撃的に描いた。

あらすじ動画

先生を流産させる会の主な出演者

サワコ先生(宮田亜紀)、ミヅキ(小林香織)、高良弥夢、竹森菜々瀬、相場涼乃、室賀砂和希、大沼百合子

先生を流産させる会のネタバレあらすじ

【起】– 先生を流産させる会のあらすじ1

郊外の女子中学校。

三十代の女性教師サワコの妊娠に嫌悪感を抱いたミヅキをはじめとする女子生徒達は、廃業したラブホテルの部屋で「先生を流産させる会」を結成する。

嫌がらせはエスカレートしていき、ある日ミヅキ達は理科室で盗んだ薬品をサワコの給食に混入させる

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「先生を流産させる会」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×