映画:共喰い

「共喰い」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

共喰いの紹介:2013年公開の日本映画。小説家・田中慎弥の短編小説であり、第146回芥川賞受賞作品『共喰い』を映画化したヒューマンドラマ。戦後のとある田舎町を舞台に、人間の性と暴力が静かに描かれている。

あらすじ動画

共喰いの主な出演者

篠垣遠馬(菅田将暉)、会田千種(木下美咲)、篠垣円(光石研)、琴子(篠原友希子 )、篠垣仁子(田中裕子)、刑事(岸部一徳)、若い刑事(淵上泰史)、アパートの女(宍倉暁子)

共喰いのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①性行為中に暴力を振るう父・円の元を去った遠馬の母・仁子は、近くで魚屋を営んでいる。仁子の左腕は空襲で失い、現在は義手。高校生の遠馬は、将来父のように暴力を振るうようになるのではと覚えて生きていた。 ②愛人の琴子が妊娠し円の元を去る。円は遠馬のガールフレンド・千種をレイプ、それを知った仁子は円を殺害。逮捕された仁子は、自分の人生を台無しにした昭和天皇の崩御が遅れ、恩赦を受けることを望んだ。千種は仁子の跡を継ぐ。

【起】– 共喰いのあらすじ1

共喰いのシーン1

画像引用元:YouTube / 共喰いトレーラー映像

(この作品は、全編を通して「現在の遠馬が昭和63年の自分をふりかえって語る」という形式を取っている。しかし「現在の遠馬」が顔を出すことはなく、声のみである)

「俺が17の時、父が死んだ。昭和63年だった」

昭和63年7月、山口県下関市。

篠垣遠馬は夏休み間近の今日、17歳の誕生日を迎える高校生男児です。

遠馬が住む地域は「川辺(かわべ)」と呼ばれました。文字通り、川のそばです。

川の上流は住宅地を貫く道の下になって見えず、川の下流もまた国道に蓋をされているので、川が表面に露出しているのは、その地域だけでした。

川はお世辞にも綺麗とはいえず、下水道の整備が完全ではなく、汚水が川に注ぎ込むようになっています。

遠馬は現在、父親の篠垣円(まどか)と、35歳の父の愛人女性・琴子と3人で暮らしていました。

実の母である篠垣仁子(じんこ)は、遠馬の家と学校への途中にあたる川の近くで、魚屋をしています。遠馬が見る仁子は、いつも魚をさばいていました。

その日も仁子は魚をさばいており、下校途中の遠馬を見ると「今、帰りね。誕生日やね。コーラ飲んでいくか」と言い、遠馬が断ると「ほんならまたおいで」と言います。

仁子の左腕は、義手でした。仁子は現在、60歳近くになっています。遠馬は遅くにできた子でした。

仁子の左腕の手首より先がないのは、戦争中に空襲に遭い、焼けて倒壊した家屋の下敷きになったからです。手首を失う代わりに、命を拾ったのでした。

終戦からしばらくして、仁子には結婚を考える相手ができました。

ところが相手のあいさつに行くと、相手の母親が「まさか手のない子が生まれてくるんやなかろうね」という言葉を吐いたために、素早く相手の母の口をこじ開け、左腕の先を咥えさせて「あんたのその舌、胃袋まで押し込んじゃろうか」と仁子は告げたそうです。

結婚話は仁子の意思で流れ、両親が戦争で亡くなっていたので、仁子は川辺の魚屋に住み込みで働き始めました。そのまま川辺に居着きます。

仁子はそのまま独身を貫くつもりでしたが、ある夏祭りで知り合った10歳も年下の男性・円と付き合うようになり、結婚しました。年のいった、手のない自分を嫁にしようとする男が現れると、仁子は思ってもみなかったそうです。

ところが結婚後、仁子は円について知ることになりました。

1つは円が女性関係にだらしないこと、そしてもう1つはセックスの最中に女性を殴ることです。

仁子が妊娠すると円は暴力の癖を引っ込めて、その分、他の女性を渡り歩きました。

円は「自分の子どもが欲しい」男で、「自分の快楽のためならば、女性が暴力を振るわれて不愉快な思いをしようがかまわない」身勝手な男でした。

仁子が遠馬を出産してしばらくすると、円はまた仁子に暴力を振るい始めたので、仁子は篠垣の家を出て、その頃になると前の店主から譲り受けた魚屋で、独り暮らしを始めることにしたそうです。

遠馬を連れて出なかった理由は至極簡単なもので、「遠馬はあの男のタネじゃけえね」というものでした。

家を出た頃、仁子は2人目を妊娠していましたが、中絶しました。「あの男の子どもはあんた一人で十分じゃけえ、病院で引っ掻きだしてもろうたんよ」と、仁子は言います。

仁子は円と正式に離婚しておらず、だから苗字は篠垣のままでした。

仁子の魚屋の裏手にはアパートがあり、その1階のベランダには、スリップ姿の女性が椅子に腰掛けていました。

女性がベランダにいない時には、円か別の男性がアパートに来ていることを意味します。女性は身体を売ることで、生計を立てていました。

遠馬は道を通る時、いつもスリップ姿の女性を確認します。

遠馬には恋人がいました。会田千種という女性です。

互いにとって初めてのセックスは、夏休み前の遠馬の誕生日まで取っておこうと約束していたのですが、遠馬は結局すぐ約束を破り、もう千種と関係を持っていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「共喰い」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×