映画:劇場版ラジエーションハウス

「劇場版ラジエーションハウス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– 劇場版ラジエーションハウスのあらすじ3

劇場版ラジエーションハウスのシーン3

画像引用元:YouTube / 劇場版ラジエーションハウストレーラー映像

鏑木医師が手術室に入ると、ナイフを持つ人物に人質に取られました。ライブカメラで人質に取られた鏑木医師だけが見えます。その映像が関係各所と病院のロビー受付にも映し出されたために、だれもが知る事態となりました。ニュース速報でも話題になり、警官隊まで駆け付けます。

放射線科では映像のライブ配信を止めたあと、たまきが「殺せるものなら、殺してみなさいよ」と人質を煽っていました。それを止めて灰島将人・院長が犯人に要求を聞くと「夏希を助けてくれよ」という声がかえってきます。犯人は、高橋でした。たまきは、高橋が病院を占拠することで病院が機能しなくなり、結果的に何百人という人の命が危険な状態に置かれるのだと説得しました。

そこへ五十嵐がやってくると、「夏希さん本人に話してみませんか」と声をかけました。脳にまだ機能しているところがあるので、高橋の気持ちを伝えることができると教えます。

鏑木医師は解放され、高橋は投降しました。

やってきた警官隊に対しては、鏑木医師と小野寺が飛び出しナイフを使って「手術前の緊張を和らげるために、よくやっていること」とコントのようなものを見せました。それでも警官隊は小野寺を事情聴取に連行しました。田中福男が「(小野寺は)犯人顔だから」と呟きます。

ようやく解放された小野寺が病室の廊下を歩いていると、自分のせいではないと言い募る塚田の声が耳に入りました。小野寺は塚田を連れて、CT室へ戻ります。

夏希の頭部に検査器具をつけてCTスキャンの器具に入れると、五十嵐は高橋にマイクへ呼びかけるよう話します。脳が音に反応すると、表示されている脳の右側の部分が黄色く光ると教えました。高橋は必死で呼びかけます。

なにを反せばよいか戸惑った高橋は、テレビニュースで台風接近の報道を見て「今夜は雨だぞ」と何度も繰り返しました。事故の直前に、夏希が「いいことは全部雨の日だった」と発言したのを思い出したのです。すると脳が反応しました。それを見た高橋は、「俺たちの子を助けてください」と頼みました。それを受けてオペの準備を始め、帝王切開で赤ん坊が生まれます。

高橋の呼びかけを見ていた福田は、後悔で涙を流しました。

美澄島のほうでは、一夜明けて土砂災害が起きていました。台風が居座っているために災害救助ヘリなども出動できず、当然船も出せません。

房子が胸の痛みを訴えました。杏はレントゲンを撮りたいのですが、診療所の検査機械は旧型のものでした。困惑した杏は五十嵐のスマホに電話して、相談します。

それを聞いた五十嵐と放射線技師たちは、みんなで知恵を貸しました。旧型でも鮮明に映せるテクニックを教えます。

撮影しても心臓に異常はありませんでした。杏はカルテをじっくり見直し、コレステロール値が異常数値を示していることに気づきます。それを聞いた五十嵐は、踵のレントゲンを撮れと指示しました。アキレス腱を見たいと言います。写真を撮った結果、房子の病気は遺伝性のもので、高コレステロールにより心臓の血の巡りが悪くなった結果による痛みだと判明しました。原因が分かったので、杏はうまく投薬治療で対処します。

同じ頃、裕乃も少年・カイトの手術に臨んでいました。肺動脈でAVF塞栓術の手術が行われますが、裕乃はうまく立ち回りました。カイトの手術は成功します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版ラジエーションハウス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×