「半落ち」のネタバレあらすじと結末の感想

半落ちの紹介:2004年公開の日本映画。横山秀夫の同名の小説を原作とする。「半落ち」とは警察用語で「一部自供した」という意味。警察官である殺人犯が、殺害から出頭するまでの「空白の2日間」の謎をめぐって、話が展開していく。

予告動画

半落ちの主な出演者

梶聡一郎(寺尾聰)、梶啓子(原田美枝子)、藤林圭吾(吉岡秀隆)、藤林澄子(奥貫薫)、藤林圭一(井川比佐志)、辻内裁判長(本田博太郎)、中尾洋子(鶴田真由)、片桐時彦(田辺誠一)、佐瀬銛男(伊原剛志)、植村学(國村隼)、植村亜紀子(高島礼子)、高木ひさ江(奈良岡朋子)、島村康子(樹木希林)、笹岡警務部長(斉藤洋介)、鈴木孝夫(田山涼成)、岩村肇(石橋蓮司)、加賀美康博(嶋田久作)、古賀誠司(笹野高史)、小国鼎(西田敏行)、志木和正(柴田恭兵)

半落ちのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①現職刑事の梶がアルツハイマー病の妻・啓子を殺害したと自首、全面自供するものの取り調べた志木は空白の2日間に関して梶が沈黙を保つのに違和感を覚える。検察の佐瀬、記者の中尾、弁護士の植村も同じ疑問を抱く。 ②梶夫妻は7年前に息子・俊哉を白血病で亡くし、骨髄バンクに登録していた。梶は啓子の遺志を汲み、自分が骨髄提供した池上青年に会いに行ったが、池上の名誉のために黙していた。自殺しないのは骨髄バンク登録抹消まで待つつもり。

【起】- 半落ちのあらすじ1

半落ちとは…警察用語で「一部自供した」という意味。対照的に「全部自供した」という意味の言葉は「完落ち」という。

群馬県。
群馬県警本部、捜査一課強行犯係指導官の志木和正警視は、連続少女暴行事件の被疑者の確保の電話を待っていました。
すでに犯人と目された男の家には、強行犯係の刑事が囲んでいます。
志木に交通課から電話が入り、拍子抜けしました。川城中央警察署に、現職の梶聡一郎警部が自首したという内容です。妻を扼殺したというもので、対応に当たった交通課が対処に困り、志木の判断を仰いだのでした。志木は刑事課の任意取調室に連れていき、遺体の確認が取れ次第、緊逮(緊急逮捕)の手続きを取れと指示します。
待っていた連続少女暴行事件は、被疑者の家へ踏み込んだ時には被疑者が農薬を飲んでおり、生命の危険がありました。連絡を受けた志木も、急ぎ病院へ向かいます。
(余談だが農薬の種類によっては、体内に入ると血液循環で内臓を次々に破壊していくため、すぐに胃洗浄や血液透析を施しても、体内に吸収された量が多ければ助からないことが多々ある。現にこの映画でも、被疑者はしばらくの後、死亡した。原作では記述なし)
病院へ向かう志木のパトカーに部長から連絡が入り、志木が梶警部の取り調べを頼まれます。

10月7日午前8時43分、志木が川城中央署に向かい、梶警部の取り調べを開始しました。取り調べには警務課の栗田も同室します。
この件で問題なのは、現職警察官である梶聡一郎が罪を犯したということです。当然、罪を犯したことが発覚した時点で懲戒解雇になっていますが、マスコミが飛び付くことは必至でした。
梶聡一郎は10月4日の夜に、アルツハイマー病の妻・啓子を殺害していました。啓子は半年前にアルツハイマー病と診断され、夏ごろには悪化していました。
啓子と梶の間には、俊哉という長男がいましたが、急性骨髄性白血病で7年前に他界しています。
10月4日は梶の息子の命日でした。梶は自供を開始します。
昼間のうちに妻・啓子と2人で墓参りをしていました。ところが夜になって、啓子が墓参りに行っていないと言い出し、半狂乱になったそうです。
このままではアルツハイマー病で息子の俊哉のことを忘れてしまう、その前に母として、息子の俊哉を覚えているうちに死にたい、殺してくれと泣き叫んだそうです。そのため、梶は啓子を絞め殺しました。
嘱託殺人…志木はそう思い、警務課の栗田もその一報を聞いて部屋を飛び出します。栗田はマスコミの記者会見をする警務部長らに知らせに行ったのです。
ただの殺害ではなく、本人に頼まれての嘱託殺人であれば、現職警察官の犯行とはいえ多少かわせます。
ところがマスコミが注目しているのは、「犯行は4日の夜(実質的には5日になった頃か)、自首は7日の早朝、つまり5日と6日の2日間に梶は何をしていたのか」という「空白の2日間」です。
志木は取り調べをしましたが、犯行を素直に認めた梶ですが、空白の2日間については口をつぐんだまま、いわば黙秘権を行使していました。これには志木も頭を抱えます。
朝の会見は(夕刊向け)分かっていることだけですませ、夜の会見までに答えを用意せねばなりません。

妻の遺体に付き添っていたにしても、2日間は長すぎます。さらに梶のコートのポケットから歌舞伎町のポケットティッシュが発見され、空白の2日間に歌舞伎町へ足を運んだ可能性も出てきました。もし女性絡みであれば、嘱託殺人は通用しません。
昼休みのうちに志木も家宅捜索に参加しました。家の鴨居を調べると、かすかな傷跡が見つかります。
午後の取り調べで、梶は自殺しようとしたことを認めました。しかし歌舞伎町への外出については、また口をつぐみます。
夜の会見では「梶は自殺しようとしていた」という事実を前面に押し出しました。
しかし志木は不思議に思うのです。息子も他界し、妻も亡くした梶はなぜ死を選ばなかったのだろうと。生きていることの方が、この先つらいことは、刑事である梶ならば容易に想像がつくだろうと思ったのです。
志木は梶を「半落ち」、一部しか自供していないと捉えました。

翌朝の朝刊に、スクープが出ます。新幹線のホームで梶を目撃したという証言が出たのです。
志木の上官らは「梶は死ぬことを考え、死に場所を求めて県内をさまよっていた」と言わせたいと考えました。志木はお仕着せの文句を梶に言わせることを嫌いますが、時間がありません。

【承】- 半落ちのあらすじ2

志木が抵抗するのを見て、梶が空気を読み「死に場所を求めて新幹線のホームに行きましたが、乗らず、一日中死に場所を求めて県内をさまよっていたのです」と言いました。
上層部は「完落ち」したと判断します。
上官に歯向かった志木は担当から外され、梶は検察庁に身柄が移されました。
担当ではなくなったものの、志木はなぜ梶が空白の2日間を隠したがるのか、そこには何か大事なものがあるのではないかと考え、独自に捜査を開始します。

梶は検察庁に移送されました。佐瀬銛男・検事が担当します。
佐瀬検事は調書を見てあやしみました。本当に自殺を考えていたのならば、なぜすぐにしゃべらなかったのかという疑問を抱いたのです。
警察側が作った「捏造」ではないかと思って梶に聞きますが、梶はそうではないとやんわりと否定しました。
朝刊に乗った、新幹線のホームにいたという情報もあり、佐瀬は梶が東京方面へ向かったのではないかと思います。梶の様子から、なにかを守ろうとしていると佐瀬は受け止めました。
啓子の葬儀が営まれます。
マスコミに囲まれるなか、啓子の姉・島村康子は「妹は、梶さんのことを恨んでないと思います」とコメントしました。

検察の上部から指示があり、ワン拘留(1回の拘留、10日間。検察は2回、20日間拘留することが可能)で留めろという指示が下ります。
歌舞伎町のハコ(交番)の諸角巡査が、梶を目撃したという情報が佐瀬に入りました。
担当を外れた筈の志木が佐瀬を訪問し、「梶は死ぬ気だ」と言います。しかし佐瀬は「梶は誰かのために生きている」と告げ、見解の相違を互いに感じました。
警察と検察が事を構えそうになりますが、佐瀬の上司がすべてを白紙に戻すと言い出します。厄介な問題が浮上したのです。
検察には横領容疑の検察事務官がおり、近々検察が挙げる予定でしたが、先に競輪場の置き引き容疑で警察に逮捕されてしまったのです。検察での横領が警察に挙げられると「身内の恥」になります。
そこで検察事務官の件をつっつかない代わりに、検察も梶の事件を掘り起こさないようにと、警察と検察の裏取引がありました。
佐瀬は勢い込んで県警に「梶が東京に行っていたのではないか」とぶつけていたのを、東洋新聞前橋支局の女性記者・中尾洋子に聞かれます。

中尾洋子は県警に猛攻撃をかけ、10日間の出入り禁止を食らっていました。中尾は佐瀬の家に夜討ち(自宅に取材に行くこと)し、聞き込みします。
佐瀬は元特捜部のいわばエリートでしたが、取り調べ後に若い巡査が自殺したことで、出世街道から外されていました。
したたかに酔った佐瀬は「グリニッカー橋」と呟きます。それを聞いた中尾はネットで調べ、その橋が通称:スパイ橋(東西冷戦時に、互いのスパイを引き渡して交換する場所)だと知ります。
警察と検察が裏取引したことを感づいた中尾ですが、確かな証拠はありませんでした。ワープロで打ちこんだものの、置いておきます。
感づいた中尾に対し、岩村県警刑事部長がメモを渡しました。連続少女暴行事件の犯人の名前を記したものです。そのスクープを流すから、裏取引のことは水に流せ、帳尻を合わせろという意味です。
中尾はその申し出を受けますが、上司の片桐が中尾のワープロの中身を見ており、裏取引のことを知っていました。東洋新聞は、裏取引のことも載せます(中尾の本意ではない)。

独自で捜査していた志木は、啓子の主治医・高木ひさ江に会いました。そこで、梶と啓子の息子・俊哉のことを聞きます。
俊哉はさいたま赤十字病院に入院していましたが、ドナーが見つからずに亡くなりました。一致する骨髄さえ見つかれば、かなりの高確率で俊哉の命は助かっていたのです。
日本のドナー登録の人数の少なさを知った梶と啓子は、俊哉の死後、骨髄バンクのドナー登録をしたそうです。
するとその翌年、梶の骨髄と一致する子が見つかり、梶は骨髄を提供しました。妻の啓子は「息子が生き返ったようだ」と喜んだと、志木は高木から聞きます。
さらに志木は歌舞伎町へ足を運び、ポケットティッシュが配られた場所をさまよいました。
その頃、連続少女暴行事件の被疑者は、救命措置の甲斐なく命を落とします。

植村学・弁護士が啓子の姉・島村康子の元を訪れて、梶の弁護費用を出してくれないかと打診しました。自分を梶の弁護士として雇ってくれという意味です。
植村は遅咲きの弁護士で、妻・亜紀子と娘・真美(まみ)がいました。植村は佐瀬と同期で、挨拶に顔を出します。

【転】- 半落ちのあらすじ3

梶と接見した植村は味方だと主張をしたうえで、全信頼を寄せてくれと言いました。それでも梶は空白の2日間についてはなにも語らず、「あなたには守りたい人がいませんか」と植村に問いかけます。
接見の後、マスコミに取り囲まれた植村は、つい言葉をつぐんでしまいました。植村も、梶が何かを守りたいのだろうと察します。

志木、佐瀬、植村、中尾それぞれがみな、梶が沈黙することで何かを守っているのだと気付きはしますが、それが何なのかは分からないままでした。
しかし彼らは徐々に真相に近づいていきます。

1か月後。
前橋地方裁判所にて、第1回の公判が開廷します。
梶が表向き、全面自供しているので、裁判はそう長引くことはないとされました。第2回でおおよその刑が確定すると目されます。
裁判官特例判事補の藤林圭吾は、敏感になっていました。裁判長の辻内が「アルツハイマーの介護問題が焦点」と、軽々しく口にするからです。
藤林の父・圭一はかつて裁判官でしたが、現在はアルツハイマー病に悩まされていました。父・圭一の世話をするのは、自分の妻・澄子です。
藤林は梶のことが許せませんでした。いくら頼まれたからといって、アルツハイマー病の妻を手にかけて殺した梶は、介護を放棄した者だと思ったのです。
また本来であれば敵同士であるはずの、警察官の志木、検察の佐瀬が、梶に関しては妙に肩を持っているのも気に入りません。
かつてはりりしかった父が、自宅で冷蔵庫をあさって暴れているのを見た藤林は、切ない思いでした。妻である澄子に、今回の梶の事件について意見を聞いてみます。
すると澄子から、意外なことばが出てきました。澄子は梶のことを「優しい」というのです。
「私も言われたことがあるんです。だいぶ前のことですが、義父に、殺してくれと。義父は自分が壊れていくことに怯えていました。しかし私は思っていました。散歩に行って、このまま帰って来なければいいのに、このまま(自分で)死んでくれたらいいのにと」
だから梶の気持ちは痛いほど理解できる…という澄子のことばは、藤林の知らない事実でした。介護のつらいところをすべて妻の澄子に一任し、自分は仕事にかまけていたことに藤林は気付かされ、また介護をする側の闇の部分にも思い至ります。

志木にアタックした中尾記者が、ドナー登録のことを聞きました。
中尾は啓子の主治医・高木のところへ行き、取材をします。
その時に高木が漏らしたひとことが、中尾の脳天を揺らしました。
ほとんど知られていませんが、ドナー登録には20歳から50歳までという年齢制限があるのです。つまり51歳になると、登録が抹消されるのです。
(注:現在は55歳までと上限が延びている)
高木はそれと共に、東洋新聞の新聞投稿記事を取り出しました。
そこには「命をありがとう」というタイトルで、世田谷区の19歳の男性・池上一志という青年が書いた文章が載っていました。池上は13歳の時に骨髄性白血病を発症したのですが、14歳の時に適合する骨髄が見つかり、命を繋いでもらったと書いています。「6月9日は僕にとって第二の誕生日です」と書いた池上は、新宿の小さなラーメン屋で働いていると最後に書いていました。
梶が自殺をせずに出頭したのは、このことが関係していると確信した中尾は、記事を持って啓子の姉・康子に会いにいきます。

中尾の読みは当たっていました。本当は啓子の棺に入れてくれと梶に頼まれた、啓子の日記を中尾に見せます。
大学ノートの最初のページに、その新聞記事が張りつけられていました。それを初日とし、啓子は必死で池上一志という青年を探していました。
先述のとおり実の息子・俊哉を白血病で亡くした啓子は、夫婦で骨髄バンクに登録しました。
その翌年、夫である梶の骨髄が一致して提供したのを聞いた啓子は、大喜びしました。自分の息子が生き返ったようだと、日記にも記しています。
ドナーの提供者と患者は個人情報保護の観点から秘されていますが(後に金品の請求などあってはならないため)、骨髄提供の時期などで、ある程度までは絞り込めます。
啓子はアルツハイマー病が悪化して息子の記憶がなくなる前に、梶の骨髄の提供を受けた池上を探していました。池上青年と俊哉を重ねて見ていたのです。
梶は啓子を殺した後、仏壇の横に置かれた大学ノートを見て、啓子の遺志を汲みとりました。

【結】- 半落ちのあらすじ4

空白の2日間は、啓子の遺志どおり、池上青年に会いにいくために費やしたのです。池上の勤務するラーメン店に足を運び、梶はラーメンを食べていました。

中尾記者は追い記事(後日の補足記事)として執筆しつつ、植村弁護士、志木刑事、佐瀬検事にもそれを明らかにしました。そして彼らは準備します。

第2回公判。
梶の弁護側の証人として、啓子の姉の康子が呼ばれます。
啓子のアルツハイマー病が夏以降はひどくなっていたことを、康子は語りました。昼間に康子が訪れると、啓子は息子の俊哉が死んだことも忘れ、ケーキを3つ(康子と啓子と俊哉)並べるのです。
弁護士の植村の「あなた自身は恨んでいないのか」という問いに、つい康子は「どうして一緒に死んでくれなかったんです」と梶を責めることばを吐きました。
(なぜ梶が死ななかったかは後に明らかになる)
そのうえで、「私は啓子に何にもしてやれませんでした。啓子を梶さんに押し付けてしまった」と言って、号泣します。
それを見つめる藤林裁判官特例判事補は、以前のように反感を持っていません。但し納得はしきれておらず、梶の気持ちを知りたいと思っています。

植村は息子・俊哉の死のことから話し始め、新聞記事のことについて触れました。そのうえで、現在49歳の梶に、「あなたは51歳になったら死ぬ気ですね」と言及します。
この時、傍聴席には志木が池上青年を連れてきていました。
植村が「51歳になったら」というのには根拠があります。51歳の誕生日を迎えると、ドナー登録の抹消がなされるからです。
梶が啓子を殺害した後、あと追い自殺をしなかったのは、「51歳の誕生日までは骨髄バンクの登録者となり続け、ドナー登録を抹消されてから死ぬ」つもりだったからでした。
梶は植村の問いかけにはすべて「知りません」と否定します。
梶は、池上青年を守っていたのです。空白の2日間について触れれば、骨髄提供を受けた池上のことが知れ、それは決して名誉のあることではない…と感じた梶は、黙秘を続けたのでした。
(「殺人犯の骨髄提供を受けた者」という烙印を押されかねないと思ったから)

しかし検察側からも啓子の日記が提出され、梶の援護射撃がなされます。
日記は投稿記事が出た9月13日から始まっており、啓子がラーメン屋を探し続けたことが書かれていました。最後のページには判読不能の文字で、それでも「会いたい、会いたい」という字が記されていました。
藤林が「なぜ(啓子を)生かすことを考えなかったのか」と質問し、梶は「壊れていく妻を、不憫に思ったから」と答えます。人が壊れていくとはどういうことかという問いに、「魂がなくなっていくということだ」と梶は言います。
梶は、妻・啓子が2回もわが子を失うことが許せなかったのです。1回目は白血病で、そして2回目はアルツハイマー病で啓子自身の記憶の中から、失われてしまうことです。
親にとってわが子を失うほどの悲しみはないと言い、啓子が啓子であるうちに殺したかったと言いました。
「魂があってこそ命、そんな裁きを決めるのは、あなた(梶)でも私(藤林)でもない」と声を荒らげた藤林に対し、梶は「そうです。誰にも裁くことができないんです」と静かに答えました。
志木は、梶が「完落ち」したと感じます。

裁判の後、藤林は懲役4年と記しました。執行猶予はつけず、です。
梶は刑務官・古賀誠司の護送車に乗り、移送されます。
移送の途中、古賀は不必要なところで停車し、梶の乗る車のカーテンを開けました。そこからは公園が見えます。
そこには志木と共に、池上青年の姿がありました。遠くで池上が、口を大きく動かします。
その唇の動きを読みとった梶は「い、き、て、く、だ、さ、い」「生きてください」と呟きます。
51歳になれば刑務所内で自殺をしようと思っていた梶は、池上青年のことばに励まされました。
志木が敬礼をします。それに礼を返しながら、梶は啓子と俊哉と3人で、幸福だった頃のことを思い出していました。
(どうなるかは不明だが、希望の見えるラスト)
(注:「受刑者が骨髄移植のドナーになることができない」つまり服役した梶がドナーになることはありえない、というのが、今作品が直木賞を逃した理由の一因とされている。
前例がないだけで、法的に必ずしもそうだとは言いきれない。
日本骨髄バンクのドナー登録できないケースにも、受刑者という記述はない)

みんなの感想

ライターの感想

原作は志木、佐瀬、中尾(原作では男)、植村、藤林、刑務官の古賀の章でそれぞれ成り立ち、彼らの視線から梶を描くスタイル。
原作と較べて、すごく大きな差異はない。中尾が女性記者となり、上司の片桐と恋愛関係にあるくらいの違い。
原作では、裁判のあいだにすべてが暴かれることはなく、最後に刑務官・古賀が志木から「共犯」の話を持ちかけられて、全容を知る程度。
映画のほうは、よりドラマティックに法廷でそれが明かされるようになっている。
また原作では「人間五十年」の書が壁に飾られてあり、それを見た志木が疑問に思う…というところから入るわけだが、映画ではなし。
原作の活字の敷居が高いと思われるかたは、映画を見れば充分理解できる。面白い。

映画の感想を投稿する

映画「半落ち」の商品はこちら