「危険なプロット」のネタバレあらすじと結末の感想

危険なプロットの紹介:2012年公開のフランス映画。文才を秘めた生徒に指導する国語教師が、思いもよらぬ事態に巻き込まれていく姿を描いている。フアン・マヨルガの戯曲を原作としており、フランソワ・オゾン監督が手がけた作品。

予告動画

危険なプロットの主な出演者

ジェルマン(ファブリス・ルキーニ)、クロード・ガルシア(エルンスト・ウンハウアー)、ジャンヌ(クリスティン・スコット・トーマス)、エステル・アルトール(エマニュエル・セニエ)、ラファの父(ドゥニ・メノーシェ)、ラファ・アルトール(バスティアン・ウゲット)、ロザリー&ウージェニー(ヨランド・モロー)

危険なプロットのネタバレあらすじ

【起】- 危険なプロットのあらすじ1

ギュスターブ・フローベール高校の国語教師・ジェルマンは、2年C組の担任となります。新学期が始まるにあたって、伝統に立ち返り、制服の着用を義務付けられることが校長から発表されます。
採点をしているジェルマンは、今期が最悪の出来だと嘆きます。ただ、クロード・ガルシアという生徒の作文に目が行きます。妻のジャンヌに、彼の才能あふれる文章を読みます。
内容は同級生と母親を馬鹿にしたものでしたが、ジェルマンは17点をあげることにします。その点数の高さに、ジャンヌは声を上げます。
ジェルマンは同級生のラファが読んだらどう思うんだと、クロードに話しかけます。お題の通り、クロードは週末のことを書いただけと答えます。
既にクロードは週明けの宿題を済ませていました。ジェルマンに提出して、週末は数学の勉強をするのだと言って帰ります。
前回の作文で予告した通り、クロードが提出した宿題は前作の続きでした。ラファの母親の体を中産階級の曲線と表現しており、ジャンヌは校長に言うべきだと主張します。
ジェルマンは、アヌークに頼んでクロードの情報を聞きます。彼の母親は不在で、父親は無職で労務中の事故だと分かります。本の紹介をクロードにすると、続きを書いた紙を提出されます。
ラファの家族の様子が書かれており、フローベールでは人の批判をしないことを、ジェルマンは教えます。クロードはなぜ自分にかまってくれるのか不思議に思います。ジェルマンは担任であり、協力したいからだと説明します。
文章を読んだジャンヌは、前よりも皮肉で尊大だと思います。それはまるで、ジェルマンを操っているかのようで、クロードが師匠のようでした。

【承】- 危険なプロットのあらすじ2

クロードはラファの家庭教師代わりをしていました。ある日、ラファの父が仕事の独立の話しを持ち出します。妻のエステルは家の改装を考えていて反対します。
その話しを盗み聞きしたクロードは、クレーの絵を見ているフリをします。エステルは彼の姿を見た後、夫に家庭教師を雇うことを提案します。なぜならクロードが絵を見ていたりと、様子が変だからで、もう来てほしくないと思ったからです。その話しをしている二人を、クロードはドアの隙間から見ていました。
この話しを読んだ後、ジェルマンはクロードから、続きをもうかけないと聞きます。次の数学の試験が迫っており、ラファが良い点を取らなければ、クロードはクビになってしまうからです。
想像で書くようにジェルマンは促しますが、クロードは見ないと書けないとゴネます。仕方なく、ジェルマンは数学のテストを盗みます。
見事、ラファは高得点をとることが出来ます。ラファの両親は大層喜びます。
放課後にジェルマンとクロードが一緒にいることは噂になっていました。答案をくれたのがジェルマンなのかと、ラファはクロードに質問します。なぜラファが気になるかと言うと、ジャンヌがポルノの画廊をしているからでした。
文章を読んだジャンヌは、自分のことを話したこと、問題を盗んだことに怒ります。ジェルマンは今回だけだったと言い訳します。
クロードはラファと彼の父親が留守なのを知って、教科書を取りに家に行きます。
エステルだけが家に居て、教科書を探してくれますが、勿論ここにはありません。クロードは彼女がつけていたイヤリングが、父に耐えきれずに出ていった母と同じだと言って同情を引きます。クロードの思惑通り、母性本能をくすぐられたエステルでした。
その文章を読んでからも、ジェルマンはクロードに書き方を指導していきます。クロードは、なぜ自分で書こうとしないのか聞きます。ジェルマンは試したけれど駄目だったと言い、クロードに才能があると褒めます。

【転】- 危険なプロットのあらすじ3

ある授業で、ジェルマンはラファに作文を読むようにあてます。ラファは親友のクロードのことを書いていて、クラスメイトからからかわれます。
ラファは侮辱されたと、記事として投降します。記事はクロードが書いたものでした。
このことが問題となり、ジェルマンは校長に呼び出されます。彼に怒られただけでなく、ラファの父からも皆の前で謝ってもらおうと怒鳴られます。
ある日、夜遅くまで勉強を教えていて、クロードはラファの家に泊まることになります。部屋にはエステルが昔遊んだ人形がありました。
クロードは、ラファのバスケ用のシャツを着ます。サイズが大きいと言うと、ラファがキスしてきます。文章の書き方は良いけれど、この展開で喜ぶのかと、ジェルマンは言います。
クロードは、ラファの両親が愛し合うのを見た後、二人の間で眠ります。その文章を読んだジャンヌに、ジェルマンはこの年頃なら大人しいほうだよと説明します。
ラファの父が仕事で女性のいる店に行ったことで、ラファの両親は喧嘩となります。チャンスだと考えたクロードは、エステルに詩を渡してキスへと発展することができます。その様子をラファは見てしまいます。
物音がしたのを聞いて、一階にいたクロードはエステルに代わって、二階に様子を見に行きます。二階の部屋では、ラファが首を吊っていました。
その文章を読んで、ジェルマンは急いで教室に行きます。ラファは来ていませんでした。
ジェルマンは、アヌークにラファに電話を頼みます。ラファは風邪を引いて、学校を休んでいただけでした。
ジェルマンはまずいことになるから、課外授業を終わりにしようとクロードに告げます。クロードはあなたが始めたことであり、止めることはできないと言います。
ジェルマンはそれならば、出来たとしても読まないと拒否します。クロードは次の作文を捨てて出ていきます。ジェルマンはくしゃくしゃになった、その作文を拾って読みます。

【結】- 危険なプロットのあらすじ4

自殺の部分は変わっていました。ラファの父は仕事が限界に来ていました。エステルは妊娠したことを夫に告げます。
ラファは家庭教師を雇って欲しいと頼みます。クロードとはもう会いたくないからです。普通の家族の再生が始まります。
もしや仲間になれるかと思っていましたが、クロードの居場所はここにはありませんでした。
作文を読み終えた後、ジェルマンは殴られているクロードを見つけます。殴った相手はラファで、母を傷つけられたからです。それにラファがキスしてきたことも持ち出したからです。
クロードはもう作文を書かないことにし、ラファの家にも行きません。
結末Aはラファ父子がクロードを殺す、結末Bはクロードが父子を殺して家に残る、結末Cはエステルが男もろとも家を燃やすです。お好きな結末にと、クロードは告げます。
結末を先に告げることに、ジェルマンは意見します。そこでクロードは結末Dを話し始めます。
結末Dはエステルがクロードにキスをするロマンチックな最後です。ロマンス小説か、とジェルマンが聞くと、クロードは首を横に振ります。
クロードはエステルに家族を捨てて一緒に行こうと誘います。ほんの子供だからと、エステルは断ります。ラファの父が独立することになり、ラファ一家は中国に行くことになります。
翌朝、クロードはいつもと違う予定で動きます。ジェルマンのための結末を実行するためです。
クロードは学校に行かずに、ジャンヌの元に行きます。ジャンヌは家の中に通します。クロードは借りていた本を返しに来ていました。
本棚には、昔ジェルマンが書いた「嵐の子供」という本がありました。ジャンヌはその本を紹介し、夫とクロードが似ていると話します。
夫は息子が欲しかったのだと、ジャンヌは言います。クロードは二人の間に子供がいない理由が、ジャンヌの不妊症だからと話します。ジャンヌは夫から聞いたのかと問います。
ラファがテストのことを話し、ジェルマンは停職処分となります。悪夢だとジェルマンが自宅に帰ってくると、ジャンヌが荷造りして出ていこうとします。
クロードと寝たのかと、ジェルマンは問い詰めます。ジャンヌは乗りかかってくる夫の頭を本で殴ります。ジェルマンは倒れて気を失います。
ジェルマンが公園のベンチで座っていると、クロードがやってきます。ここから見える女性二人が何でもめているか議論します。
ジェルマンは妻も仕事も失いました。しかし、彼にはクロードがいました。これでまた、新たな物語を語ることができます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、印象的な音楽が緊迫感を高めてきます。エンディングでも流れるこの曲は、しばらく頭に残り続けるほどです。
全体的に謎めいた雰囲気が漂っており、クロード役のエルンスト・ウンハウアーの好演が引き立てています。
クロードの書いた物語が進むに連れて、フィクションなのかそうでないのか分からなくなっていきます。途中からジェルマンが物語の中に登場したりと、さらに謎めいていきます。
面白い部分もある映画で、ジャンヌが画廊で売る作品に注目です。ダッチワイフと独裁者を合体させていたり、どれも同じにしか思えない雲の写真が登場します。
謎の多い映画で、これらが息抜きの役割を果たしていました。様々な要素が散りばめられていて、最後まで夢中になる映画でお勧めです。

映画の感想を投稿する

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

映画「危険なプロット」の商品はこちら