「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– 名もなき野良犬の輪舞(ロンド)のあらすじ4

名もなき野良犬の輪舞(ロンド)のシーン4

画像引用元:YouTube / 名もなき野良犬の輪舞(ロンド)トレーラー映像

その頃、ヒョンスから取引があると連絡を受けたチョン主任は、遂にきたかと警備隊と特殊部隊を指定された場所に送り込んだが、そこにあったのはフェイクのただの箱であった。

既にヒョンスから警察が送り込まれることを知っていたジェホは、海中にドラッグを沈め隠していた。取り付けた塩が溶け始めると、ドラッグが入った箱が浮かび上がってくるという仕組みであった。

そしてジェホは勝ち誇る会長を秘密裏に殺すと晴れて、組織のNO1にのし上がった。

逃げたふりをして警察に戻ったヒョンスであったが、チョン主任から母親がジェホに殺されていたという証拠映像を見せられると激しく動揺した。

「人を信じるな、状況を信じろ」

とかつてジェホが言っていた、悲しみに暮れるヒョンスはジェホに組織内に密告者がいると偽りの情報を流した。

ジェホは誰か探し回り、ビョンガプかと思うが彼は無実であった。

遂にヒョンスとジェホは対峙した。母を殺したのはお前かとジェホを問い詰めると、ジェホは静かに頷いた。はじめから、警察関係者のヒョンスだけを始末すべきだったと銃を向けたが、どうしても情が入り引き金を引くことができなかった。

その時、知らせを受けた警察が突入しジェホは警察を次々と殺しつつ、ドラッグを持つと逃げようとした。

逃がさないと、車で追いかけた主任の車に轢かれる。止めを刺そうとした主任に銃弾が浴びせられた、事切れる主任。

撃ったのはヒョンスだった。そして、手に持っているのはジェホの拳銃。

倒れたジェホのもとに駆け寄ると、彼はもう虫の息だった。

そのまま、そっとジェホの手に拳銃を持たせる。

「ヒョンス、お前は俺のようにしくじるなよ」

と言われ、ヒョンスは泣きながらジェホの口を塞ぎ窒息死させたのだった。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×