映画:君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ

「君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

君よ憤怒(ふんど)の河を渉れの紹介:1976年公開の日本映画。無実の罪を着せられた現職の検事が、執拗な刑事の追跡をかわしながら真犯人を追っていくアクション映画。西村寿行の原作では「ふんど」ではなく「ふんぬ」と読む。

君よ憤怒(ふんど)の河を渉れの主な出演者

杜丘冬人(高倉健)、遠波真由美(中野良子)、矢村警部(原田芳雄)、大月京子(倍賞美津子)、伊藤検事正(池部良)、横路敬二(田中邦衛)、横路加代(伊佐山ひろ子)、遠波善紀(大滝秀治)、長岡了介(西村晃)、堂塔正康(岡田英次)、酒井義広(内藤武敏)、細江刑事(大和田伸也)

君よ憤怒(ふんど)の河を渉れのネタバレあらすじ

【起】– 君よ憤怒(ふんど)の河を渉れのあらすじ1

1976年10月10日、新宿。

雑踏の中にいた東京地検検事・杜丘は、突然見知らぬ女・水沢恵子から「強姦され、現金とダイヤを盗まれた」と指差して言われます。

緊急逮捕された杜丘は、さらに別の男・寺田俊明からも「カメラを盗まれた」と言われました両方とも、杜丘の身に覚えのないことです。

何かの罠だと考えた杜丘は、家宅捜索の際に逃亡し、真相を追求しようと考えました。

逃亡した杜丘は全国に指名手配されます まずは水沢恵子なる女性を調べようと石川県に向かった杜丘は、恵子が偽名で、本名は横路加代だと知りました。

しかも加代の夫はカメラ泥棒呼ばわりした寺田で、寺田も偽名で本名は横路敬二です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×