映画:君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ

「君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

映画「君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ」の感想

  • susumu8さんの感想

    超人検事役の高倉健がセスナ、馬を駆ってアクションヒーローを演じるルアクション、サスペンス、ラブロマンスを包含したサービス精神満点の娯楽映画だ。
    新宿で強盗強姦、岐阜で殺人の無実の罪を背負わされた検事・高倉の犯人捜し、事件の真相に迫る高倉の演技は、この映画が渡った中国でもものすごい人気を博した。

  • susumu8さんの感想

    高倉健が素晴らしい。陰謀で無実の罪を着せられた検事(高倉)の逃走劇だ。日本中に繰り広げられる大捜査網をくぐり、北海道、日高山中、東京新宿などで馬、セスナなどを駆って転進する超人検事、高倉の鬼気迫る演技がサービス精神満点。アクション、サスペンス、ヒロインとのラブロマンスも包含した「高倉映画」代表作の一つ。

1 2 3 4 5

「君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×