「大夜逃 夜逃げ屋本舗3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– 大夜逃 夜逃げ屋本舗3のあらすじ4

大夜逃 夜逃げ屋本舗3のシーン4

画像引用元:YouTube / 大夜逃 夜逃げ屋本舗3トレーラー映像

源氏や野口の指示に従い、住人たちは仕事現場からシャベルを持ち込みます。夜、監視の目を盗んで望月家は、畳をあげて床に穴を掘り始めました。他の部屋の者は壁を掘って繋がるようにします。掘って出てきた土は、服のなかに隠して持ち出しました。壁の穴が開くと望月家の部屋に集結し、穴掘りを手伝います。

源氏と緒方は見取り図を参照して、下水道の壁を壊して通路を作ります。昼間は磯野のオフィスを盗聴し、磯野自身が大坪に借金をしていると知りました。決行は3日後の給料日の夜に決めます。

11月30日。

給料日で金が入った債務者から、磯野は金を受け取ってホクホクしています。磯野と秘書の稲垣凌は、その金を持って事務所に戻りました。

ニコニコヴィレッジでは野口が住民に、夜逃げした先で手続きしろと言いながら自己破産申請書を渡します。成瀬と里美には配られませんでした。一度自己破産を断られると10年は申請ができないのだと成瀬は教わります。

夜、外部電源に切り替えた野口は、住人たちの家財道具をまず運び出します。新平と梅子らには準禁治産者の手続きを取り、借りられなくなる代わりに借金がチャラになる手続きを踏んでいました。

荷物の運び出しを終えていよいよ逃げる段となりますが、浪岡が「ここに残る」と言い出します。ひとりで入っていた浪岡は、みんなと別れてまたひとりになるよりも、残ってニコニコヴィレッジにやってくる新たな者と疑似家族になりたいと話しました。

野口は浪岡の別れた妻子のことを調べており「新天地で本当の家族が待っている」と説得して写真を見せます。浪岡はミッドナイト・ランの采配に感謝します。野口はまた成瀬と里美に「夜逃げした先で就職した会社は、1週間後に倒産予定だ。勤務先が倒産すればすぐ自己破産申請できる」と教えます。

野口は「夜逃げ証明書」を置いて去ります。

同じ頃、源氏と緒方は磯野の事務所に潜入すると、金庫を破ってニコニコヴィレッジの住人たちが強制的に書かされた連帯保証人の証書と金を盗み出しました。金(住人たちの給料)は夜逃げする者たちの新生活に活かされる予定です。

事務所に泥棒が入ったと知った磯野は、金庫の金だけでなく証書も盗まれたと知り、ニコニコヴィレッジに急ぎました。住人を叩き起こせと騒いで、住人の夜逃げを知ります。

追っ手が一斉に追いかけた隙に、金杉夫妻は取り上げられていたタクシーを取り戻し、車でニコニコヴィレッジを出発します。

追いかけてきた磯野の前で源氏は、奪った保証人の書類を燃やしました。ニコニコヴィレッジの住人は家財道具を乗せたトラックに乗って、全国に散っていきます。ミッドナイト・ランの手配により、行った先では住む場所も仕事も決まっています。

源氏は磯野に、もし金に困るようなら夜逃げの相談に乗ると言いました…。

…後日。

ミッドナイト・ランの事務所に、とある村の住人の男女がやってきます。何かから逃げているらしく監視の目を気にした彼らは、源氏らに「夜逃げさせてください」と頭を下げます。

詳しい事情を聞くと、夜逃げ希望者はその男女だけでなく、彼らが住む村人124人だそうです。大所帯の依頼を受けた源氏たちは、それでも断ることなく笑顔で応えます。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「大夜逃 夜逃げ屋本舗3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×